スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
スポーツの価値
今日の毎日新聞の余禄(朝日新聞における天声人語)は永久保存版かなと思ったので以下に全文コピペした。

「見よ。ひとりの男が裸身で跳ぶ。他の男が力を込めて円盤を投げる。これが何の名誉か。私はこれを愚行と名づける。子供だましの意味ない遊びだ。キリスト教信者はこの中身のない、無意味な見せ物を避けよ」▲3世紀のカルタゴの司教シプリアヌスはこう述べたが、スポーツ嫌いはいつの世にもいる。ただその言葉に一面の真実がないわけではない。なるほど人為的な決まりごとから生まれるスポーツの勝敗に現実的意味があるわけではない▲だがその無意味こそが、人々の抱く夢や栄光、感動や失意などあらゆる物語を盛り込める空(から)の器となる。まさしくスポーツは文明の一大発明だが、人々の心を引きつけるこの器、競技の決まりごとが破られればすぐさま壊れてしまう▲対関学大戦での日大アメフット部のラフプレーの波紋が広がっている。危険なタックルで無防備な相手を負傷させた反則への批判がネット動画を介して拡散し、対日大戦中止の動きやスポーツ庁長官による危険行為非難が報じられた▲この反則、監督が指示したなどという聞き捨てならない話も伝わっている。日大アメフット部はホームページに謝罪文をのせたが、危険行為の背景説明はない。今後の真相解明は大学アメフット界の命運がかかったものになるだろう▲ラフプレーもいったん「暴力」という現実的意味を帯びれば、スポーツの栄光も夢も感動もすべて雲散霧消する。スポーツにかかわるすべての人が宝物のように大切に扱うべき「無意味の器」である。


スポーツというのは確かに人が勝手に作ったルールの中だけで成り立つわけで、そこで勝とうが負けようがどんなに優秀な成績を上げようが、本来全く無意味なのだ。現実とは遊離した完全に閉じた別世界だけの話で、だから大谷選手がどんなに野球で活躍しようが所詮スポーツはスポーツでしかないわけで、現実世界から見ればたしかに全く無意味だ。スポーツ嫌いは主にここに由来すると思う。本来ひどくつまらなくて無駄なものなのである。
しかしその「空の器」に様々な夢や感動や教訓が盛り込まれていて、無駄だからこそ、素晴らしい、という逆説が成り立ってくる。そこで初めてスポーツに価値が出てくるわけで、「空の器」だからこそ素晴らしいのである。しかしそのルールを暴力的に破ればたちまちにその「空の器」は空だからこそいとも簡単に崩れてしまい、スポーツそのものが存在の危機に瀕する。そのことをわかってやってるスポーツの当事者がいったいどれだけいるだろう、と今回の事件で思った。それは鈴木大地スポーツ庁長官も含めてである。
スポンサーサイト
麻生財務相「セクハラ罪という罪はない」
麻生財務相「セクハラ罪という罪はない」。識者ら「何から何までおかしい」と批判や戸惑い

セクハラを殺人罪と比較するというだけで、確かに想像の斜め上を超えてくる。
セクハラとかあらゆるハラスメントは犯罪とかいう以前に道義上の問題でその人の品性が問われる問題。相手が嫌がることを嫌がっているということを承知で実行することをハラスメントという。本来、犯罪ではないが、上に立つ人間としては全く不適格。
で、こういう麻生みたいなハラスメントが何たるかを把握できない人のように嫌がることをやってもいいんだという最悪の人間がうようよいるから、それだと社会の空気が悪くなるので最近ハラスメントは犯罪化しただけで、もちろん重罪でなんかあるはずはない。
とにかく早くこの男を辞めさせてほしい。麻生財閥の財力と吉田茂の孫だという血統だけで威張っている、この二つをはぎ取ったら何も残らない単なるチンピラでしかないこの男に早く辞めてもらわないと不愉快で仕方ない。この男が政界にいるだけで我々国民にはハラスメントだ!
公文書改ざん、加計問題、日報隠し 「倒閣」だけでは解決せず
特集ワイド:公文書改ざん、加計問題、日報隠し 「倒閣」だけでは解決せず 東浩紀さんに聞く

最初写真を見たとき誰なのか全く気が付かなかった。東浩紀である。いつの間にこんなに太ったんだろう。しかしどんなに太っても東浩紀はぶれない。東浩紀は相変わらず東浩紀である。安心した。しかしちょっとはやせたほうがいいが。
以下記事より、カッコ内が東浩紀氏の文言。

去年の時点では「忖度にこだわる野党の戦略は『反安倍感情』に依存したポピュリズムにしか見えなかった。」ところが今年3月。公文書改ざん問題が明らかになり「事態は一変した」。政府が国会に偽造した文書を提出したことはあまりにも衝撃的だった。
「国会が、行政府に求めて差し出させた文書に改ざんがあったということは、立法府による行政府の監視が働いていないということ。つまり三権分立が機能していないという状態であり、民主主義の危機なのです。」
「安倍首相が退陣しても問題の解決にはならない」「行政府を預かる官僚の体質が問われています。これを機会に文書改ざんができてしまう体質を変えなければならない」
「今回の件は、官僚の誰かが実際に文書を改ざんしたわけです。キーボードを打ったこと自体が国民への裏切りであり、その人が特定され処罰されない限り、同じことは繰り返されてしまう。組織のトップを処罰するのは当然ですが、末端の現場を処罰することも大切です。安倍政権を倒すことに注力するあまり、改ざんに手を下した現場の官僚を免責にしてはなりません」
「もし上司から『コンビニで食べ物を盗んでこい』と命令されたら実行しますか? しないでしょう。なぜなら自分が処罰されると分かっていますから。処罰されると分かっていれば人は不当な命令に従いません。従って上司も命令できなくなる。逆に命令できるということは、犯罪に手を染めても、上司がかばってくれるという“信頼”があるということですよ」
「公文書は国民の財産であり、民主主義の根幹をなす文書です。それを偽造するのは許されません。だから現場で携わった人を特定して、具体的に命令方法などを明らかにする必要がある。佐川宣寿前理財局長ら財務省幹部が関与したか否かだけでなく、改ざんの場所はどこか、時間はいつか、命令は口頭だったのかメールだったのか、全て明らかにしていく。ボトムアップで細部を解明していく姿勢こそ必要です」
「大事なのは未来です。今回の件でしっかり処罰しておけば今後の抑止力になります。いざとなったらしっぽを切られる、自分たちは守ってもらえないと官僚が気づけばいい。官僚の体質が変わって、自分たちの仕事を国民が見ていると思うような状況をつくることが重要なのです」
倒閣運動だけに終わるのか、それとも官僚組織を変えるきっかけになるのか。この国は岐路に立たされているのかもしれない。



保守性から多様性受容へ進化する人類
「右寄り」の人を突き動かしているのは疾病恐怖 (the telegraph)

「強い右寄りの意見を持つ人々は、疾病への恐怖や衛生に関する懸念に突き動かされている可能性がある」
「さまざまな集団がそのルーツとなる場所にとどまり続けるような社会では、異なる集団同士の接触が減り、少なくとも理論的には病気になる確率も減少する」
「口臭や体臭といった強い臭気は、隠れた病気を示している場合があり、それを人々は無意識のうちに避けようとしている可能性がある。こうした感情があったからこそ、人の祖先は危険や伝染性のあるものを回避できた。嫌悪感は、人が生き延びる確率を伸ばすために進化してきた感情だと言える。」
「不快な臭いから遠ざかりたいという強い本能を持つ人々は、自分にとって「文化的になじみのない」集団が分離されている社会を好むため、右寄りの権威主義的な意見が助長される可能性が高い」


要するに、多様性に対して嫌悪を感じて保守的になることで、自分やその家族親族だけが生き残ることを最優先することになり結果、人類は生き延びてきたわけで。この考え方は確かに理にかなっている。

しかし公衆衛生が確立した現在において、そういった保守性はそんなに必要なことではなくて、「嫌悪感は、鼻にしわを寄せたり目を細めたりするなどの身体的変化を引き起こし、世界に対する知覚能力を低下させる。」わけで、そっちの方がむしろ問題になってくる。

今はだから多様性を嫌う必要のない世界になりつつあり、それを敏感に感じて多様性を受け入れる人の方が進化しているのではないだろうか。
金与正氏とは
金正恩氏の妹・金与正氏の「恋愛事情」と兄妹の本当の関係

金与正氏、ふんぞり返ってて印象すこぶる悪かったが、あれは北朝鮮国内向けのパフォーマンスかもしれない。北朝鮮は韓国より偉いのだと北朝鮮国民に思わせる必要はあるだろうから。しかし単なる育ちからくる高慢さかもしれないが。
いずれにしろ、我々西側の人間は正真正銘のプリンセスを初めて見たのかもしれない。なぜかというと、王制は日本の皇室も含めてどこも今やお飾りでしかない。だからその王の娘もお飾りのプリンセスだ。だが、中世では王は本物の権力者であり、その王の息子や娘は今のように国民に媚びる必要がない本物のプリンス、プリンセスだったはずだ。そういった意味でのプリンセスは僕は初めて見た。これは本物のプリンセスなんだと変に感動さえした。北朝鮮の金王朝は比喩ではなく本物の王朝なのだから。共産主義という外見はお飾りでしかない。今の時代に権力が世襲されるというのはここだけだろうから。

しかし、韓国の文在寅大統領にふんぞり返って挨拶をしていたこの北朝鮮の先代の王のプリンセスに僕はわずかに期待している。独裁者の兄の暴走を諌めることができる唯一の存在。平和裏に南北朝鮮が真に親睦を深めることができるとしたら、彼女をもってしか他にないだろうから。彼女がより聡明であり、より先進的であれと期待するしかない。
保守とリベラル
毎日新聞:リベラルマインドを教えた保守思想家 西部邁さんを悼む=中島岳志

西部邁氏のことは恥ずかしながら名前ぐらいしか知らなかった。知っていたとしても、保守の言論人ということで右翼か、と思い避けていたかもしれない。ところが全く違った。

西部はリベラルな精神を保守思想の文脈に位置づけ、両者を相互補完的な存在と見なしていた。保守は人間に対する懐疑的見方をとる。左派的な近代主義者が、人間の理性によって理想社会を構築できるという進歩主義をとるのに対して、保守は人間の理性の不完全性を前提に、歴史的に継承されてきた集団的な経験知や良識を重視する。人間は間違いやすく、誤認をくり返す。誰も正しさを所有できない。もちろん、自分もその例外ではない。懐疑主義的人間観は、自己にも向けられる。


僕が日頃感じていることをはっきり言葉にしてくれている。
保守とリベラルを結びつけないと、と思っていた。
僕自身もリベラルな思想でもって人間を信じたい。ここが基本だけど、そうもなかなかいかないのが現実。現実を直視すれば、多少は保守的な考え方もせざるを得ない。お互いに欠点を補完し合って、要はバランスだろうと思うのだ。
この人はひょっとしたら最もバランスの取れた人だったのかもしれない。
なぜ『慰安婦問題』は終わらないのか

「なぜ『慰安婦問題』は終わらないのか」by土井敏邦


2年前の「日韓合意」は、当事者たちには、加害国日本から「この10億円は“手切れ金”だ。もうこの問題はチャラにしようぜ。もう二度と蒸し返すなよ」と言われているように聞こえなかったろうか。


まさにこの通りで、朝鮮民族を凌辱した日韓併合という民族的ジェノサイドの象徴としての従軍慰安婦問題を「最終的かつ不可逆的に解決されること」を望むということはハルモニが言うとおり「彼らは過去の事を歴史に残さないようにするためだよ。(名誉を傷つけず)きれいな国民でいたいわけさ」」でしかない。つまりあったことをなかったことにしたいのだ。だから承服できないわけで。

ドイツがナチスをなかったことにしただろうか。アメリカが奴隷制をなかったことにしただろうか。一流の国ならそんなことはできないはずだ。だが二流三流の国ならどこもやってる。日本は悲しいかな、二流以下の国だ。そのことを僕もいい加減わかるべきなのだろう。
野口裕句集『のほほんと』
やっと野口裕さんの句集『のほほんと』が届いた。
僕が帯の10句選をしていたのでずっと気になってはいたのだけど、それをしていたのが去年の夏だったものだからほぼ忘れていた。
その10句選、1年半ぶりに読んで、なぜ選んだのか最初全く思いだせず、これでよかったのか少し不安になったが、予備選の30句ほどをPCで見て、ようやく思い出した。これでよかったのだと、今では確信している。
野口裕さんは高校の物理の教師、帯の解説を書いている北村虻曳さんは数学者。そして僕は電気工学科卒と理系で固めたつもりなのだろうか。他のお二人はバリバリに理系の仕事されているが、僕は大学を出ただけである。実家の印刷関係の事業を継いだだけだ。だから理系で固めたとなると面映ゆい。
野口裕さんは俳句、短歌、詩となんでもござれの器用な人だ。sora歌会のメンバーでもある。北村さんもsora歌会。3人とも俳句と短歌を両方やるというのも共通点か。でもそれも僕だけが俳句は過去形なので、これもやっぱり面映ゆい。

僕は今、俳句の世界に明るくはないが、この句集は大変佳い句集だと思っている。俳壇の内外で批評が盛り上がることを願っている。句集批評会というのがあれば行きたいですね。

表紙絵は野口さんの御子息の野口毅氏。これが素晴らしい。句集の内容とものすごくマッチしている。

その10句を紹介する。4句目の〈まくなぎ〉は顔に纏わりついてくる羽虫の群のことで夏の季語。8句目の〈ずつないわ〉は兵庫の方言で、食べ過ぎておなかが苦しい、という意味。

野口裕句集『のほほんと』より十句選
重機また人の末裔黄砂降る
鳥帰る何かの予行だとしても
顔文字のω見つめる冬籠
擦れ違うダンプまくなぎ連れ去りぬ
街とても風は季を呼ぶ花水木
自転車にもたれてどてら鳩にパン
子は母の髑髏に残る百合根噛む
ずつないわ冷や素麺を食いすぎた
雀蜂金気水舐め翔ちたゆたう
さえずりのひとつとなりぬ人の声

陰謀論の拡散
普天間第二小学校への米軍ヘリの窓落下事故で、「やらせだ」など根拠のない誹謗中傷の抗議があったとのこと。無茶苦茶な話だが、在ったことを無かったことにする、この陰謀論的な傾向はよく考えたら、今までにもよくあった。

ホロコーストは無かった。被害者であることを強調したいユダヤの陰謀。(ネオナチ等が言っている)
アポロ月面着陸はNASAの自作自演。(主に反米勢力が言っているのだろう)
9.11はイスラムを潰したいためのCIAの自作自演。(反米勢力が言っている)
3.11はアメリカが起こした人工地震。(これはどういう人が言うんだろう?)
そして南京大虐殺は無かった。中国と反日勢力の捏造。(日本のネトウヨが言っている)
従軍慰安婦はいなかった。韓国と反日勢力の捏造。(日本のネトウヨが言っている)
果ては、広島にも長崎にも原爆は落ちていない。加害側である日本が被害者面したいために捏造している。(これはアメリカのナショナリストが言っている)
とまだまだあると思う。
右翼左翼にかかわらず、こういう荒唐無稽な在ったことを無かったことにする陰謀論が大好きな人はたくさんいるみたいだ。自分が加害側にはどうしてもなりたくないのだろう。
最近では、北朝鮮危機は高価な武器を売るために安倍とトランプと金正恩が結託して自作支援しているのだという陰謀論。この陰謀論をある吉本の芸人が真顔で言ってたからこれは笑ってられない。今まではこんな陰謀論などバカバカしくて無視してきたが、今度の米軍ヘリの窓落下事故での抗議で看過できなくなった。実際にこういう勢力が社会に影響を与え始めたらしいのだ。

きっと社会はこれからもこういう陰謀論との戦いになるのかもしれない。今よりもずっと。人類の叡智はこういう陰謀論を否定することにこれからもっと躍起にならなければならないのかもしれない。こんな低次元なことにかかわるよりもっとやらなければならないことがたくさんあるはずなのに、そこに叡智が注がれないという損失に誰も気がつかないのだ。
この続きを読む
薬師丸ひろ子さんへのインタビュー
毎日新聞:映画「8年越しの花嫁」で母親役、薬師丸ひろ子さん 伝えたい、信じることの大切さ

「最近最も関心を持っていることは?」と聞かれて
「うーん、そうですねえ。いろいろありますけど、日本という国がどうなっていくのか。どこに向かって、どんな価値観を大事にしていくのか。ちょっと大きすぎますけどね」
と答える。何が正義かとか人が国がどうあるべきかとか、固定観念を持たない上で、素直に危機感を感じている。今の一般的な日本人の感覚だろうとは思うが、リベラルと自称し「戦争反対」さえ唱えてたらそれで済むと思っている、自分が正義だと確信してやまない、そんな暑苦しい他の芸能人とは全然違ってやはりこの人は今でも清楚だ。
そして「なぜこの国で満足に食べられない子がいるのか。介護に疲れ切っている人がいるのはなぜか。」と続き、「役作りのために世界で起きていることに関心を持ち、CBSやBBCなど海外のニュースもチェックしている」「(でも)私はただの『あまちゃん』です。外野からの発言ですから」と相変わらず謙虚だ。

世の中こんな人ばかりなら、多様性の話も歴史認識の話もどんな話も通じるだろうに。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。