地球へのラブソング
「地球へのラブソング」:温暖化対策支援、ポール・マッカートニーさんら共同でリリース – 毎日新聞

今現在人類にとって最も重要な案件は温暖化問題。それは潘基文国連事務総長の最優先課題でもある。民族問題でも安保の問題でもない。

その潘事務総長が北京の抗日戦争勝利70周年の記念イベントに出席したからって、日本の菅官房長官が「遺憾の意」を示すとは、なんとまあ、日本の指導者は小ちゃいことか。小ちゃい小ちゃい。それを支持する日本国民も小ちゃい小ちゃい。

民族なんていう小ちゃい小ちゃいことで揉めてるって、もう最悪だってことをポールは言いたいんじゃないかな。そう思いたい。温暖化問題が逆に人類を一つにすると信じたいのだ。この楽曲はまさにその方向へのテーゼなのだと、僕は信じたい。
スポンサーサイト
「アース・オーバーシュート・デー」 年々早まる
人類、1年間で使える地球資源を8カ月で使い果たす 「アース・オーバーシュート・デー」 年々早まる

地球が一年で生産できるモノやサービスを人類は今年2015年の場合8月13日で使い切ったことになるらしい。この日を「アース・オーバーシュート・デー」と呼んでいる。この日は年々早まっているとのこと。そしてこれからもほっとくと年々早まることは間違いない。

これは人口増加が最大の原因。現在73億人の世界人口は、2050年までに97億人に増え、2100年までには最高で133億人に達するとの予測を発表している。ここまでは増えないとは思うが、深刻であることに変わりない。

人口増加を抑えること以外では、化石燃料の使用料を減らし二酸化炭素の排出量を減らすことでもこの「アース・オーバーシュート・デー」を遅らせることができる。

最後に「気候変動に影響を与える行動」として次の14種類の行動が載っていた。

1. 飛行機に乗ること
2. 肉を大量に食べること
3. ペットを飼うこと
4. 電力を無駄に使うこと
5. 気候変動を否定する政治家や、石油産業を支援する政治家に投票すること
6. 大型車にひとりで乗ること
7. たくさんの子供をもつこと
8. 自動車をアイドリング状態にすること
9. 長時間シャワーを浴びること
10. 紙を無駄遣いすること
11. 食品を無駄にすること
12. 季節外れの食品を購入すること
13. エアコンを使うこと
14. すきま風を防がないこと

個人的にはほぼすべてクリアできてる。
この条件はアメリカでのことなので、たとえば5番は日本の政党の場合は曖昧なので考えようがない。
あえて言うなら僕の場合10番は仕事上仕方ないこともある。印刷関係だからだが。リタイアしたらこの10番もクリアできるはずだ。
後は完璧にクリアできてる。これはかなり自慢していいと思う。
綱渡りが上手くいくかは運次第
再生可能エネルギー企業の幹部は、下落する原油価格を心配していない なぜなら......

近代以降、人間は過去現在未来と通時的に世界を見据えるということができなくなった。今しか見えない共時的な世界にしか生きることができない。その頭上で世界はこれからも綱渡りをしていくしかないのだろう。

そして世界が生き延びれば、それは運がよかっただけで、人間が偉いわけでは決してないのだということ。
イルミネーションと原発
ぼくは人工的なのがどうも嫌いらしい。
桜や紅葉のライトアップとか。なぜ夜にまで鑑賞しなきゃいけないのか、テレビで見るたびにいつも思う。自然光で見ればいいでしょ。

なかでも特に電飾は大嫌い。イルミネーションなど。一般の住宅で皓々と輝いてる家あるけど近所迷惑じゃないのかな。壮大なイルミネーションやプロジェクション・マッピング等をテレビで見ていると、暗澹たる気持ちになる。いったいフクシマはなんだったのか。

御堂筋のイルミネーションは壮大でびっくりするほど美しかったです。でも是が非でも見たいとは思わないし、必要なものだとは絶対に思わない。大阪経済の発展のためとはいえ、他の方法を考えるべきだと思う。

発電するのにどれだけの苦労があるか。考えた事ない人が多すぎる。原発を止めるとなると、今のところ火力発電に頼るしかなく、つまり膨大な石油を燃やす。これは有毒ガスを発生するし、あのPM2.5は石炭だけではない石油もだ。それに火力発電は何より二酸化炭素という地球温暖化物質を大量に発生させる。一方、原発は二酸化炭素を全く発生しない。その代わり、放射能という自然物にとっては致命的な有毒物質を発生させる。地球温暖化物質と放射性物質のどちらがまだましなのか、真剣に考えなければいけないほど人類は追い詰められているというのにだれも考えようとしない。原発反対派も原発推進派も。

電気は本来もっと機能的に使うもの。暖をとったり、冷房したり、照明や料理する時やPC、テレビなど情報収集や、工場の動力など。そのために発電している。

電気は決して慰撫のために使うものではないはずだ。必要な慰撫は仕方ないとして、イルミネーションなどははっきり電力の無駄。イルミネーションやライトアップを喜ぶ人は原発に反対する権利はないと思う。
イルミネーションなどを今後もどんどんやるとなると、また原発が必要になってくるのだから。
今年の夏は涼しい?
今日は涼しい。しばらく涼しいらしい。
シベリアからの季節はずれの寒気が、温暖化で熱せられている海水に囲まれた日本列島上の暖気と、交ざったためだろうと思う。

その交ざるときに大変なことが起こったけど。竜巻とか、雹が降るとか。

でも、今年の夏はひょっとしたら少し涼しくなるんじゃないかと、すこーし期待してます。

理由は太陽磁場の「4重極構造」による小氷期の到来。この5月にも「4重極構造」が完成するらしいし。

もう5月だ。もう4極化したのかな?どうなんだ?
太陽磁場が「4重極構造」に?
地球に寒冷期がやってくる?! 国立天文台が太陽の磁場反転を観測(マイナビ・ニュース)

何故だかわからないのだけど要するに太陽磁場が「4重極構造」になれば太陽の熱放射が減少するのだろう。

そうなれば一時的に温暖化がストップするので大歓迎だけど。
でもこの「4重極構造」が解消した時に二酸化炭素がものすごく増えていて、地獄のような温暖化になるんじゃないか。

それは何十年先かもっと先かもしれない。我々が死んだ後だろう。だからと言って将来世代に温暖化のつけを押しつけてはいけないはずだ。

もう涼しくなったから、温暖化は気にしなくていいや、と石油石炭を使い放題使うんじゃいか、という気がする。石油石炭は温暖化以外にも弊害はたくさんあるのだし。

原発の時もそうで、使用済み核燃料の処理が本当はものすごく深刻な問題で将来世代にそのコストとリスクを押しつけてきたわけで。でも将来だから関係ないやとほったらかしてて、フクシマで初めて「原発反対!」と言いだした人のなんと多いことだろう。

人間とは徐々に進行することは深刻に受け止めないんだけど、目の前で突如起こった大惨事、それが極めて珍しいことでも、必要以上に深刻に受け止める傾向がある。

それと将来世代のことはまず考えない。今だけで精一杯だからだろうけど、江戸時代のように通時的な考え方はしなくなった。この文明社会は極めて共時的だ。今現在のことしか考えない。

さて記事によると、この5月にも太陽磁場の「4重極構造」は完成するらしい。もし涼しくなったところで、もちろん一度暖まった海水は熱容量が大きいのですぐには冷えない。だからしばらくは水害は起こり続けるだろう。でも陸地や大気はすぐに影響が出る。ことしの夏はどうなるだろう。涼しくなるだろうか。やはり期待してしまう。
高村薫さんが語る“この国と原発事故”
2011年5月3日放送のNHKニュースウオッチ9より

どんなイデオロギーにも支配されず、的確にものを言う人だ。僕はこういう人が大好きである。

原発の問題が常に賛成か反対かに分かれ常にイデオロギーと一緒にされてきたことが非常に不幸なことだった。私たちは消費者あるいは国民としてイデオロギーや政党色を脇に置いて、まさに科学技術としてどのように技術的な評価が行われてきたかを知るべきだった。


そうなのだ。原発に対して賛成か反対か、からしか出発しなかった。それが邪魔して、真に技術的にどうなのかを検証しようと全くしなかったのだ。あらゆるイデオロギーを排除して純粋な目で原発に向き合うべきだったのだ。そうしなかったがために何がどう危険なのかをだれも判断できなかった。みんな科学者までもイデオロギーに判断をゆがめられていたのだ。

人の感情の中に原発を置いてはいけない。原発を感情で判断してはいけない。それはこれからも変わってはいけないはずだ。
放射線は怖くない
放射線は見えないから怖い、っていうけど、見えないならやっぱり怖くないわけで、だって火事は怖いのが見えるし、何より熱いので、その中に入ってはいけないけど、今のレベルなら福島原発の周囲1キロぐらいいくらでも行ける。だって放射線は見えないから。そこに住むのは無理だろうけど、行くだけなら行ける。そこに一日ぐらいいてもなんともないわけだから。

僕に自由があるならたぶん行く。行って原発を見てこようと思う。そしてその近くで花見もしてこよう。放射線を浴びた桜はこの世で最も美しいはずだ。

でも立ち入り禁止だろうな。
自然を制御できるわけない
自然を制御できるわけないのに、制御しなければ生きていけない人間という存在があまりに悲惨だ。
ばかばかしい
あー、ばかばかしい。野菜の汚染とか水の汚染とか。それぐらいのレベルなら、僕なら食べるし飲む。

今一番大変なのは現場で復旧作業をしている人たち。700ミリシーベルト/hrの中、5分間しか作業ができないらしい。一度行ったらもう二度と行ってはいけないのだろうか。なら交換要員がいくらでもいる。素人でいいなら僕も行くけど。邪魔なだけでしょうね。昔ちょっと電気関係やってたんだけど。

とにかく放射線量が高くなって作業ができなくなるのが今一番の心配ごと。原発関連で他は一切たいしたことない。細かい細かい話だ。