反戦リベラルの限界と歴史修正主義
他の僕の日記でSEALDsを批判したことに批判があった。僕の書くことはどうも誤解されやすいので、誤解の無いように書くにはコメント欄では短すぎると思い、新たに日記を起こすことにした。以下、僕を批判した人に対してではなく一般論として書く。

SEALDsというよりはSEALDsも含めた一般的な反戦リベラルに対する批判として書くことにする。こういった考え方は一般の日本人にはほぼないらしいのでちょうどいい機会ととらえて。

まず安倍自民党に対して僕個人が最も許せないのは、歴史修正主義である。歴史は科学だ。その科学を否定することはできない。それを否定したら議論にならないからだ。リンゴは明らかに万有引力で木から落ちるのである。それと同じように日本は中国をはじめアジアを侵略した歴史は到底覆らない。
SEALDsも含め反戦リベラルの多くは歴史修正主義には言及しない。安倍自民党の歴史修正主義を糺さないことには東アジアの安全保障は全く立ち行かないというのに。なのに戦争反対の一点張りだ。戦争なんか誰だって反対に決まっているのだ。どうやったら戦争が防げるのか、それが安全保障問題の核心である。その「どうやったら」を全く言わずに、単に戦争反対では埒が明かない。少なくとも世界は日本に対してあきれているに違いない。

その理由は反戦リベラルの多くも右派とはまた違った歴史修正主義に陥っているからだろう。日本はアメリカと戦争したわけではない。中国と戦争したのだ。その中国への侵略をアメリカに邪魔されたからアメリカに突っかかっていったのである。今の北朝鮮の世界に対する態度と同じだ。それよりもずっと大規模だし、性質が悪かったと僕は思う。
ところが日本人の多くは中国への侵略をきれいに忘れてしまっていて、ヒロシマ、ナガサキで日本人は被害者なんだと思い込んでしまっているのが現状。明らかに加害者なのに。南京がなければヒロシマはなかったわけで。これを言うと非国民扱いされるに違いない。リベラルからも。
それだけでなく、中国への加害状況を全く顧みることなく、日本の兵隊さんたちがいかに苦労したか、戦争に対してはそればかりだ。
南京だけではない。南京は単なる象徴に過ぎないわけで、中国全土を荒らしまわったのだから。ナチスドイツの戦争犯罪以上か少なくとも同じレベルだ。これも言うとやはり非国民扱いされるだろう。
あの戦争による死者はいろいろな説があるがだいたい、中国人の民間人が800万人。軍部も含めて1千万人~1200万人。アジア全体でおよそ2千万人。そのほとんどすべてが日本人による仕業だ。一方、日本人の軍部民間被害はあわせて死者およそ310万人である。数がすべてではないが、数を把握することも重要だし、そこから逃げてはいけない。
日本人は日本人だけを慰霊するのではなく、中国を中心としたアジアの被害者に対して、加害者として心から慰霊の気持ちを表さないといけないというのに、日本人の兵隊さんやヒロシマ、東京大空襲などの被害者ばかりに慰霊を一生懸命毎年行っている。なんと利己的な民族なんだろうと誰もぞっとしないのだろうか。

それと朝鮮民族に対する態度。日韓併合後、日本は朝鮮民族を食い物にしてきた。搾取しまくったのである。朝鮮民族は日本民族の奴隷だった。それが日韓併合の目的だったのだから。従軍慰安婦だけではない。特に昭和19年以降、強制徴用された人たちは100万人を超える。日本の若者が徴兵でいなくなった後の労働問題を補うべく強制的に朝鮮半島から徴用されたのだ。彼らがなぜ自国のためではなく日本のために劣悪な労働環境の中で働かなければいけなかったのか。ほとんどのリベラルはその理不尽さを考えようともしない。慰安婦問題もその延長上にある。慰安婦問題を理解するにはまず日韓併合を理解しないと始まらない。慰安婦像は本来日本に抗議するためのものではなく、朝鮮民族にとっての民族の傷みの歴史を民族で共有していこうという試みでしかないはずだ。だからそれに対して加害国である日本が、その隣人の傷みをどれだけ共有できるかが問われる。だから慰安婦像に目くじらを立てるということは最初から傷みを共有するつもりはさらさらない、ということをはっきり言っているにすぎない。それだと隣人との協力ははなからできないだろう。そして韓国との安全保障も立ち行かない。

こういった歴史を正確に把握しようとする態度を示すだけで、どんなに東アジア(北朝鮮を除く)の安全保障が改善されるか、反戦リベラルたちは全く考えようともしない。どころか日本が悪いとは思っていないのだから。日本はあの戦争の最大の加害者なのに、原爆のせいで最大の被害者だと思っているのが、SEALDsも含めた反戦リベラルの現状である。ここから糺していくのは相当骨が折れる、というより絶望するしかない。

さてもう一つの批判である、南スーダン問題だが、僕の知る限りでは、日本だけでなく、中国、韓国、イギリス、インドその他アフリカ諸国、全部で十数か国が援助に行っている。南スーダンは相当悲惨な状態で、男どもは虐殺され、女どもはレイプされ、子供たちは飢えて死ぬしかない状況らしい。かつての中国である。日本は中国に対して各村々を襲い、食料を強奪し、男どもは処刑し、女どもはレイプして最後は家々を焼き払って後には何も残さない、という戦法をとったのだ。同じレベルだと僕は思っている。そこへ援助に行くことになぜ躊躇することがあるのだろう。世界第3位の経済大国がお金さえ出したら済むとでも思っているのか。戦闘に巻き込まれるのはできる限り避けながらも援助は続けていくべきだろう。僕の知る限り、日本以外で撤収を決めた国はない。日本だけが逃げていくのだ。世界の笑いものである。

日本も戦後70年、もういい加減、世界レベルで安全保障問題を考えられるようならないといけないと僕は思うのだ。そのためにはまず右派左派ともに陥っている歴史修正主義を自覚することからだが、道は遥か遠い。そしてその次は右派左派ともに陥っている内向きのナショナリズムからの脱却である。右派左派共に自国の平和と豊かさしか考えていない。右派左派共にジャパン・ファースト、ジャパニーズ・ファーストなのだから、おぞましい国である。
スポンサーサイト
一億総ナショナリスト
危機の20年:北田暁大が聞く 第12回 ゲスト・萱野稔人さん 論壇、言論と政治

萱野稔人: この20年ほどの論壇は、理論への敬意が低くなったと感じます。代わりに、物事を善悪や道徳で判断する傾向が強まった。安倍晋三政権の高支持率もトランプ現象も、「許せない」だけ。どんな理不尽な動きにも、背景となる「合理性」があるのに、それを見ない。そもそも、国家は良しあしではなく、現に存在するものです。「9条を守れ」だって、「我々の憲法を我々で守る」というナショナリズムですよ。

北田暁大: 国家単位での物事を気にするのは、広い意味で「ナショナリスト」。そう自覚したうえでレイシズム(人種などの差別)にはまってはならない。憲法9条も、よほどナショナルな信念がないと守れない。国際法との整合性や交戦権の解釈など、国際社会で通らない理屈に基づきますから。日本は、偶然と米国の戦略に守られて戦争をせず、矛盾を沖縄に押しつけてきた。単一民族国家神話を批判しつつ「9条を守れ」と言う両義性をしっかり意識しないと。


リベラルがあまりにバカすぎると、萱野のようにだんだん自分が右傾化していくことに気がつく。世界レベルでの安全保障が現にあるわけで、それは集団的自衛なのは言うまでもない。個別的自衛が前近代的で極めて危険なのに比べて、集団的自衛は加盟国で負担を分担できることだけでなく加盟国間で監視できる、という決定的な利点がある。この利点こそが安全保障なのだから。こういうこともわかってない人が多い。日本は北田が言うとおり、偶然今までアメリカに守られてきただけで、これからもこの偶然が続くと思うわけにはいかないわけで。日米安保がなくなった後のことを考えないといけない。個別的自衛だけは絶対に避けないといけないわけで。消去法で集団的自衛しか残らない。つまりNATOへの加盟だ。
在日朝鮮人 歴史と現在 (岩波新書)
在日朝鮮人 歴史と現在 (岩波新書)

なんとなく知った気でいたつもりが何もわかっていなかったことを思い知らされる。これまで断片的に読んだり見聞きしたりしていた「点」が「線」につながる感じ。すっきりする。

明治以降の移民、戦時中の強制連行、戦後の占領軍と共産党との関係、南北朝鮮分断、帰国か日本人として生きるか、朝鮮人学校、日本人の謝罪意識とナショナリズムの台頭、パチンコ産業、ニューカマーによるコリアンタウン活性化、参政権、などなど。ただ、各団体や個人名など煩雑でわかりにくい面もあった。関係図などあったらもっとわかりやすかったが。

特に留意したのは、昭和19年より始まった、完全な強制徴用による朝鮮人の来日。日本人男性の多くが徴兵で戦地に赴く中、国内産業の空洞化を補う形で有無を言わせず朝鮮半島から100万人以上だろうか、炭鉱や工場など劣悪な強制労働に強制的に駆り出された。これからわかるように、当時の朝鮮人は日本人が困った時の補完要員として日本人がいいように考えていたいわば奴隷だったのだ。このノリから従軍慰安婦も日本人を慰安婦にするのは抵抗が激しかったから、その補完として朝鮮人に乗り換えた、ということがよくわかる。徴用と違って、仕事の内容から、完全な強制というわけにもいかず、従軍看護婦だとか兵隊さんの身の回りの世話だとか言って嘘をついて連れてったのだ。だから慰安婦問題だけでなく、当時の朝鮮人は日本人にとって当たり前のように奴隷扱いだったことを理解しなければいけない。当時の日本人はおそらくこのことになんの疑問も感じていなかったのだろうということも。こういった当時の人々の感情に根差した歴史認識が重要なのだ。

あと目から鱗だったのは、在日朝鮮人韓国人の中で、故郷への帰郷か日本へ帰化しての同化か、という二者択一的なものから、1980年代以降、日本に定住しつつも同化はせず朝鮮民族としてのアイデンティティは守る。つまり在日朝鮮人韓国人としての帰属、できれば在日〈統一コリアン〉としての帰属という第3の道を選ぶということ。そういう道を選ぶ人が多くなってきたということは新しい知見だった。
とにかく、日本人ももちろん多様化しているこの現代において、在日朝鮮人韓国人も価値観は多様化していることは間違いない。だから一律にくくらないことなのだろう。一人一人違ってて当たり前なのだ。

「どうせ国境なんかだれかの落書きだろう」とジニが言ったように、僕も落書きだと思うし、それぐらいでちょうどいいとは思う。だが困ったことに民族は頑固に存在する。思うに民族の違いとは背負ってる歴史の違いなのではないか。そのお互いの歴史を理解しあうということ。それがお互いの民族を理解しあうということに繋がる。そしてその上で「どうせ国境なんかだれかの落書きだろう」とつぶやいてみたい。
在日朝鮮人韓国人がそのための柔らかな接着剤のような存在になればいいと僕はこの本を読んで思った。
慰安婦像の意義
毎日新聞:日本政府、駐韓大使ら一時帰国…少女像設置に対抗

慰安婦像は本来日本に抗議するためのものではなく、朝鮮民族にとっての民族の傷みの歴史を民族で共有していこうという試みでしかないはずだ。だからそれに対して加害国である日本が、その隣人の思いをどれだけ共有できるかが問われる。

だから慰安婦像に目くじらを立てるということは最初から痛みを共有するつもりはさらさらない、ということをはっきり言っているにすぎない。それだと隣人との協力ははなからできないだろう。
南スーダン
ハフィントンポスト:2017年に世界がもっと関心を持つべき、3つの人道危機

ハフポスが挙げる「2017年に世界がもっと関心を持つべき、3つの人道危機」地域に南スーダンが挙がっている。
つまり「暴力が女性や子供たちに深刻な影響を与えている」わけだ。女性はレイプされ、子供達は深刻な食糧不足と命の危機に直面している。
そんな中、日本の自衛隊が援助隊員として派遣されているわけだが、これはもう至難の仕事だろう。彼らの仕事から、日本の大変さと世界の大変さは全く次元が違うのだということをメディアを通じて我々日本人は知ることとなるはずなのだが、あまりそういうことは報じられずに、日本の戦争参加を非難するリベラル側の報道が多い。つまり現地の人の人道危機はあまり報じられずに、日本人の若者が命を落とすかもしれないという危機ばかりクローズアップされる。
これはまさに、第二次世界大戦で、日本の兵隊の大変さばかり取り上げて、中国やアジアの戦争被害者を忘れてしまっている構図とそっくりだ。
日本人は保守だけでなく、リベラルまでも日本人の命にしか興味がないのだろうか。この閉鎖的なナショナリズムには辟易するしかない。日本人全体が偏狭なナショナリストだ。
日本人は外国人の命はどうでもいいのだろうか。もし日本の自衛隊が派遣されなければ、代わりに欧米のどこかの国の若者が派遣されるに違いない。それはいいのだろうか。それは文句言わずに日本人が派遣された時だけ文句を言うという。僕はこの感覚が未だに理解できない。これを言うと、おまえが行ってこいよ、と言われる。僕のようなへろへろの年寄りが行ってなんの役に立つというのか。年寄りは安全保障に何も言う権利がないというのだろうか。それこそ議論させないための卑怯な言い方じゃないかと思うのだ。

世界の安全保障は世界中の人が一致団結して行わなければ成立しない。日本にとってその端緒となるのが南スーダンなのだと僕は思っている。
反知性主義からの脱却へ向けて
危機の20年 :北田暁大が聞く 第8回 ゲスト・小森陽一さん 文壇、論壇と言説

社会学者・北田暁大と文芸評論家・小森陽一がトランプ現象を読み解き、今後の課題を探りだす。以下、抜粋。

小森陽一 英国の欧州連合離脱、今回の米大統領選と、「やってびっくり直接民主主義」というのが連続しました。近代的な価値観が嫌なので離脱します、という感覚と言説ばかりが目立つ傾向が広がっています。

北田暁大 白人の中流・ブルーカラーで相対的に見れば所得にも恵まれているのに、何かを奪われたという思いの強い人たちが、米大統領選でトランプ氏を支持したという分析もあります。彼らは、移民や貧困層に「自分たちの享受できたはずの日常」が奪われたという「理由」で、トランプ的な近代的価値の蹂躙を、スルーしたり乗ったりしている。近代・多文化うざい、の剥奪感が蔓延している。最悪の「ポストモダン」です。

小森 この20年で、近代が創り出した言説の公共空間が急速に崩れていきました。日本でもかつての文壇と論壇のあり方が維持できなくなり、崩壊しています。

小森 漱石は、ヨーロッパが400年かけて進めた近代化を、日本は40年で実現したと認識しています。

北田 急ぎすぎた近代、短縮された近代のゆがみが明治の後期にも噴出し、大正を経て昭和においても噴出しました。

北田 今も30代後半から40代の団塊ジュニア、ポスト団塊ジュニア世代は、「父母より裕福になれない」というだけの話を、自分たちは被害者であるかのように捉えています。剥奪感はあくまで相対的なもので、貧困層の苦しみや非正規雇用のシングルマザーの苦しみとは水準の違う話ですが、逆に発想する人たちがいる。原因は他にあるのに、生活保護を受けている人などが自分たちのパイを奪っているという発想になってしまっています。

小森 今復元すべき、公共空間に通用する言説をどう作っていくのか。ネット時代の今、身体的存在としての人間と、生身の身体から発話される言葉によるコミュニケーションが重要です。実際、そこから改めて自分にとって必要な文学を議論する動きも出ています。

北田 対面し信頼を前提とした人間関係と、電子空間とのバランスをどう取るのかが、個々人の幸福と公正性の実現のために、本格的に考えられないといけません。その均衡点を見つけていく仕掛けが必要です。そのためには論壇、文壇といった「壇」の外に出る、あるいは壇を元に戻す。論壇と文壇と講壇などが一緒だった、つまり一つの「壇」だったところまで戻っていく仕掛けを作り出すことが課題かもしれません。


以上、僕が以前から思っていたことそして新たなことがいろいろとあり興味深い。

日本だけの問題で言うと、欧米が苦労して作り上げた近代を日本はたった40年でコピペしてしまった。だから近代が行き詰まった時に試行錯誤の過程を経ていないので、問題解決ができない。それが例えば近代の行き詰まりの最大現象であったあの戦争の責任問題。日本人は完全に逃げてしまっている。しかし、例えばドイツは何とか対処している。試行錯誤できるからだ。

世界全体で言えば、直接民主主義の限界がはっきり見えてしまったこの一年だったが、実際に起こっているのは内側へ向かった攻撃。外側へ、つまり国外への攻撃姿勢が現れるのが戦争なら、今はそれは無駄なのであきらめて内側へ向けられているのではないか。それがたとえば、国内での少数民族差別であり、性的少数者への差別。そして今年になって起こってきたのが、長谷川豊や小泉進次郎による医療費をめぐる人の選別。しずれにしろ、少ないパイを出来る限り自分たち以外へは渡すまいという陰湿な執念が見える。そしてそのためにまっとうな日本人、という幻想を作りだす。これは欧米も同じ。

そして二人が強調するのは、これらの問題意識を一般に届けるための言説の復活。たとえば文壇と論壇の活力ある結びつきをもう一度復活できないか、とうこと。つまり反知性主義からの脱却だ。
アメリカ大統領選挙
アメリカは今日、大変なことになってしまった。まさかの、いや、あるいは想定通りだったのだろうか。しかしここまでアメリカが行き詰まっていたとは。
世界中に内向きの政権ができる大きなきっかけにならなければいいが、と真剣に思う。世界中が自分の国のことしか考えなくなる世界なんて想像もしたくないし。
願わくば、あの数々の暴言が大統領になるためだけの演技であってほしいと、いまだにおめでたい気持ちを持ってしまう。これからの世界は無慈悲な方向にしか行かないのだということをいまだにぼくは受け止めきれていないのだろう。
世界中が自分の国のことしか考えなくなる、ということは世界中の人が自分個人(とせいぜいその家族)のことしか考えなくなるということとどれぐらい等価なのだろうか。そんなことは一番考えたくないことだ。
民族の自立とは
ロイター 特別リポート:ドゥテルテ氏、虚偽の数字で「麻薬戦争」先導か

麻薬犯罪者だからといって、もちろん安易に殺していいわけはない。しかも数字を捏造してまで、自分たちのやることを正当化する。これは我々西側の倫理からは大きく外れる。だからこのフィリピン大統領を我々は厳しく非難すべきだろう。
だが、どうだろう。麻薬が確実に社会を蝕んでいくこの後進国にとって、麻薬がさほど社会を蝕まない我々先進国の倫理がどれぐらい意味があるのだろうか。
その国にはその国の事情が必ずある。かつてイラクを厳しく非難して、非難したあげく軍事介入して失敗した教訓を忘れてはいけないと思うのだ。
だからフィリピン大統領を大いに非難はすべきだが、内政干渉してはいけないだろう。彼らには彼らのやり方で今の苦境を脱してもらうしかないのだ。欧米の手取り足とりで脱しても、それは何ら経験にはならない。むしろ国体は弱くなるのではないか。

かつて日本は欧米の近代社会をそのままコピーして近代化を成し遂げた。だが、たとえばフランスのように、自力で封建社会をひっくり返したわけではない。お上の首が徳川幕府から明治政府にすげ替えられただけだ。相変わらず、民衆はお上の下にいるので、社会が行き詰まったらお上のせいにしてしまう。例えば日中戦争。始めた時はやんやの喝采だったが、負けると途端に政府や軍部のせいにして、責任の所在から逃げてしまう。ドイツはちゃんとナチスの戦争犯罪を一般市民が認識しているというのに、この違いはなんだろう。
日本はいまだに欧米の手取り足取りで発展し、そしてそれゆえ衰退していくのかもしれない。

例えばアジアではベトナム。まだ発展途上だが、フランスやアメリカの言いなりにも中国の言いなりにもならずどこの世話にもならずに、今飛躍的に発展しようとしている。ベトナムはこれから打たれ強い立派な国になる予感がする。
フィリピンはベトナムとはもちろん違うし、これ以上の人道上の圧政があれば介入も考えないわけにはいかないだろう。でもそれまではその民族の自立をじっと見守っていくしかないと思う。日本やイラクの二の舞にならないように。
何が「土人」と言わしめたのか
沖縄ヘリパッド:松井知事「暴言隊員」擁護「売り言葉に」

米軍北部訓練場(沖縄県)のヘリ離着陸帯移設工事現場に派遣された大阪府警の機動隊員が抗議の市民らに「土人」などの差別的な発言をした問題で、大阪府の松井一郎知事は20日、「発言は不適切だが、個人を徹底的にたたくのは違うのではないか。相手もむちゃくちゃ言っているのに、すべて許されるのか」と述べた。府庁で記者団の質問に答えた。
松井氏は機動隊員について、「人間ができていないのだろうが、『売り言葉に買い言葉』で口がすべったのではないか」と擁護。「沖縄に圧倒的な基地負担をしてもらっているのは申し訳ないが、全国の警官が無用な衝突を防ぐため一生懸命働いているのは事実」と強調した。
 松井氏は19日夜、自身のツイッターで「出張ご苦労様」と機動隊員をねぎらう言葉を投稿。府庁には、書き込みを見た府民や他県の住民から「あぜんとした」「センスがいただけない」といった批判の意見が電話やメールで届いているという。【青木純】


どんな文脈であろうが「土人」発言はひどいんだけど、でもどういう文脈で「土人」と言ったのかは少しは考えるべきで、この場合の松井知事の発言には半分賛成。売り言葉に買い言葉はあったかもしれないわけで。

しかし重要なのは、何が現場で言われたかではなくて、日本の安全保障を長年沖縄に押し付けてきた我々本土の人間の無責任な無意識をこそ考えることなのではないか。それに対する、むしろもう限界だという沖縄の人の悲鳴が機動隊に反射して「土人」発言に至ったのではないかという気がしてならない。

我々本土の人間の無責任な無意識を大阪府警の機動隊の発言に責任転嫁しているような気もする。我々はなにも悪くないんだと言わんばかりだ。悪いのは政府であり、政府に雇われた機動隊だと。日本人の無責任さがここでも露呈している。

こういったことは松井知事は絶対に言わないけどね。こんな鈍感野郎が気がつくわけもないし。


悪夢の開始は
Huffington Post Japan:カーク・ダグラス「未来への道」

今、アメリカの多くの良識ある人が、ドナルド・トランプが大統領にならないことを祈っている。

この国に住みたいと求める人みんながみんな、この国にうまく同化できるとは限りません。この国で最も繁栄し、活躍しそうだと思う移民を選ぶのは、主権国家としての我々の権利です......すべての申請者に対して新しいスクリーニングテスト、これには、我々の国に入ってくることを我々が許す者たちが、我々の価値観を共有できると確認するために思想の証明書も含めるべき......


この凍りつくようなマニフェストは悪夢の序章に過ぎない。アメリカが悪夢を開始すれば世界中が開始する。この日本も。多くの人が人間として生まれたことの意味を失うのだ。

僕もトランプが大統領にならないことを強く祈る。たとえ悪夢の開始が遅れることになるだけだとしても。