FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
水甕の水の深さ
堀江メールをめぐる注目の党首討論、午後3時からの生中継、なんと全部見てしまった。暇なんだ、結構。

前原代表が結局、新しい証拠を出すことはなかった。前原代表は、「メールの問題も含め、様々な情報から、資金提供が武部幹事長の次男を通じてなされたのではないかとの確証を得ている」と指摘し「具体的な金融機関、口座名、口座番号もしっかり提示する。なぜ国政調査権を発動しないのか。後ろめたくなければ、国政調査権に応じて、白日のもとに明らかにすればよい」と迫った。これに対して小泉首相は「国家権力の行使は極めて注意深く、慎重にしなければならない」と強調。その上で「メールが本物だという証拠を出せば、国政調査権を行使するまでもない」と民主党側にさらなる証拠の提示を要求した。

前エントリーで、僕は、授受は現金に決まっている、と書いてしまい失笑された方も多かっただろうが、昨今はメールで指示して銀行振り込みなのだろう。でも証拠が絶対残ると思うのですが。前原代表は、国政調査権とセットでなければ「にぎりつぶされる」と切り替えしている。つまり自民党は先に口座名を、民主党は先に国政調査権を発動せよ、というわけで相変わらず平行線だった。正直がっかりだった。で、どう「にぎりつぶす」のか僕にはどうにもわからないのだが。

見終えて印象的だったのは、前原代表の自身に満ちあふれたその表情である。小泉首相を睨みつけながら見下ろすように「後ろめたくなければ、国政調査権に応じて、白日のもとに明らかにすればよい」と言うときの迫力はまさに鬼気迫るものがあった。もしこれが虚勢ならばこの人は政治化を辞めて役者にでもなったほうがいいんじゃないか、とさえ思ったほどだ。だが僕は前原代表を信じたい。それは日本人を信じたいからに他ならない。日本という国に向いてようが向いてなかろうが、やはり2大政党制で民主党にはまずがんばっていただきたいのだ。もし今日のが虚勢ならば、なんだかこの国は中身のない張りぼてのようなものか、と思えてしまう。権力に刃向かう野党の党首がこの程度なら、結局この国もその程度か、ということになってしまうだろう。

水甕の水の深さの国家かな    久保純夫

国家とは畢竟、その国家を形成する水甕の、水の深さ、でしかないのだ。それよりも浅くもならないし深くもならない。水甕というのはその国民が永い時間をかけて作る器だろう。そこに水を湛えて、それでできるその水の深さが結局、国家というものに他ならない。つまりその器はどのような大きさでどれぐらいの深さがあるのか。それは今まで日本人が歴史で積み重ねてきた上での、大きさ、深さであるはずだ。

さてそこに湛えられた水はどの程度の深さなのか。民主党代表の、というより最大野党の思惑がどの程度なのか、いったい何枚岩なのか、堀江メールの行方に、それがかかっているといえば大げさだろうか。

とにかく僕は日本人を信じたい。



<追記>
まさかとは思っていたが、かのメールはニセモノだった、百歩譲って本物とは立証できなかったとは、なんと!
僕は知らなかったが、あの永田議員というのはとんだ札付き議員ということだ。ちょっと前、耐震偽装問題のとき、被害者がマンションに火をつけるかもしれない、と触れ回った奴はなんとこいつだったのだ! 他にもいろんな問題を起こしていたらしい。とんだ食わせ物に肩入れしたものだ。こんなことで久保さんの句を引用してしまうとは、僕もうっかりタケベーならぬうっかり八兵衛となってしまった。久保さんごめんなさい。もっといい場面で、この社会性俳句の最高傑作を使わせてもらいますので。

しかし
メールはニセでも、中身は本物らしい。でないと巨人の渡辺オーナーに口利きしたりしないよね。だから永田議員も辞職して、うっかりタケベーも辞職、ということで、双方痛み分けということで収まりそうです。というかこの二人には即刻辞めていただきたい。でないと日本の政治が非常に次元の低いものになってしまうし、目障りでしかたない。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。