一人の表現者として
気がつかなかった。同じグループにいて気がつかないのはなんとしても悔しい。またも西巻真さんに教えてもらった。
僕と同じ、『未来』彗星集(加藤治郎選歌欄)所属の長谷川眞理子さんである。
以下、彼女の近作より。

犀の怯ゆるやうに怯ゆ 剥がしても剥がしても消えぬ電子文字〈櫻〉
腐肉に息づくおびただしき緑葉のごとくほほえむとはにほほえむ 弥勒は
『未来』2007年3月号

鳥の正面衝突(音楽のやうに帽子を変へる)、鳥の側面衝突(もつともあたらしい記憶)。
関数やうばたまの炸裂のごときが現しくうつくしうてのひらを見せ   
[ルビ:現=うつ]
『未来』2007年4月号


塚本邦雄の再来かも、とまず思う。意味はかなり難解だが、読んでるだけでぞくぞくしてくる。がなによりその韻律だ。およそ短歌の従来の韻律を無視している。短歌が5・7・5・7・7がまず基本で、あとは字余り、句跨り、だとか、ちんまりしたことがここでは全く存在していない。塚本が韻律の魔術師なら長谷川眞理子は韻律の破壊者だ。気持ちよいまで破壊してくれている。
僕も似たような感じでやってきたつもりだが、僕のほうがはっきり手ぬるい。これは彼女の短歌を読んではじめて感じたことだが、僕の韻律は従来の短歌韻律と切れまい切れまいと謂わば短歌韻律にどこか媚びているような気持ちがどこかある、ということだ。長谷川眞理子の場合は短歌韻律に対する媚びはカケラも感じられない。見事である。いさぎよい。全く無視している。

一人の表現者として僕は恥じなければならない。INだOUTだBorderだ、と二日前は騒いでいたが、そんなことは上の人に任せとけばいいのである。自分がいる場(つまり結社とか)がどのセクションかは重要だろう。だが僕のような新人は自分自身がどのセクションの歌人なのかを考えた時点で、もうその歌人は表現者として一部死んでいる。自分がどのセクションかは問題ではない。INであれOUTであれBorderであれ、どのセクションにいるとかに関係なく、何ものにも囚われずに精一杯の表現をすることが重要なのだ。それが表現者というものだ。それを彼女は僕に教えてくれた。彼女の作品は何ものにも囚われていない。
最近の僕はどうも結社に染まりつつあり、自分を少し窮屈にしていたかもしれない。確かに人間関係における礼節を失していては情けない。だが自分の表現まで窮屈にしていては本末転倒だろう。
彼女の作品を読みまた初心に帰ったような真っ白な気持ちで短歌に向かえるかも、と願う。とにかくこれからの彼女の作品に注目していきたい。
スポンサーサイト
穂村弘のIN/OUTそしてBorder
もう短歌の世界で知らない人はいないくらい、この話はあっという間に広まったらしいので今更ではないが、僕の知り合いは俳句川柳関係も多いので、彼らに知らせるのと僕自身の備忘録として、ここに少しだけ書いておこうと思う。

2007年4月15日(日)「第5回ニューウェーブ短歌コミュニケーション」が東京であった。が僕はもちろん行ってない。西巻真さんのブログに詳しく載っているので、僕もここで概要を知った。
【西巻真のブログ】
要するに、短歌の世界は歌壇と称するINとその外の主にネット短歌のOUT、そして境界線上のBorderの3種類に分けることが出来る、ということだ。

共同体というのは不思議なもので、このINなのかOUTなのかボーダーラインにいる人を内に取り込んでいこう、取り込んでいこうとする傾向がある。共同体自体は非常に賢い生き物で、INだけで存在するとその共同体は脆弱化していくことがわかりきっているので、たとえば馬場さんや岡井さんといった超一流の歌人たちは、ニコニコしながらボーダーラインにいる人をつかまえてきて、「君いいねぇ。君いいねぇ。」といってINに引っ張ってこよう、引っ張ってこようとする(笑)。基本的に超一流の歌人たちは、ボーダーラインにいる人たちが大好きだ。ところが、その下の二流の歌人みたいな人たちはボーダーラインにいる人たちを捕まえて「あんなのは短歌じゃない。短歌じゃない」という(笑)。


たしかにそうで、そういう二流の歌人というのは本当にたくさんいて辟易としたものだ。というか違う世界の人たちのように思ってもいた。
こういうふうに言われると今までぼんやりと思っていたことが輪郭がくっきりとしてきて気持ちよい。さすが穂村弘である。

俳句や川柳にもこれは同じことが言えて、やはり僕がいた「北の句会」はBorderだったのだろうと思う。攝津幸彦自体が永遠のBorderでBorderの権化みたいなところがあった。摂津が主宰した俳句同人誌『豈』もBorderそのものでBorder上の膨れ上がったそれはそれ自体でINではないかとさえ思えてくる。
ただ俳句は短歌と違って、Borderを取り込もうという意識が俳壇の方で全く感じられないので、俳壇はもちろん俳句形式そのものが脆弱化したのではないだろうか。ここのところはかなり確信できる。

昨日のJ歌会京都で加藤治郎さんも仰ってたが、未来短歌会彗星集(加藤治郎選歌欄)そのものもBorderだということだ。僕も無意識にそのつもりで参加していたので安心した。やはり狙うのはBorderしかないだろうと思う。どう考えてもそこしか面白いところは存在し得ないからだ。これも無意識に思っていたことで、穂村さんに具体的に言われたところで、こちらとしては何の変化もない。僕の作歌姿勢は変わらない、ということが確認できてこれも安心している。
ただジャンルを越えてのこの普遍的な思索には唸るより他ない。この影響力は多大である。
アメリカという文化的遺伝子
文化にも生物の遺伝子に似て擬似的に遺伝子の概念があると、最初に僕が教わったのは、野口裕氏の日記からである。《野口家のホームページの日記より8月17日の日記》
ここに書いてあるように「利己的な遺伝子」を著したリチャード・ドーキンスがその文化的遺伝子を「ミーム」と名づけている。《参照》

文化的遺伝子「ミーム」とは、簡単に言えば文化も生物同様、伝播し複製されていくもので、その文化の基本単位のこと。生物の肉体などフィジカルなものをハードウェアと呼ぶなら、文化的なメンタルなものはソフトウェアと呼べる。ハードウェアを自分の子供に伝播させ複製させていく基本単位が従来の生物学的な「遺伝子」なら、ソフトウェアを家族やその共同体などに伝播させ複製させていく基本単位が「ミーム」である。
正直わかったようでわからない。
野口氏は、遺伝子に進化と退化があるなら、ミームにも進化と退化があるはずで、ストラディヴァリウスのようなもう再現されなくなった文化がミームの退化の象徴的な例ではないか、と書いている。この方がまだわかりやすい。この問題は野口氏に掘り下げてもらうとして、似てはいるが僕は少し別の方向に行く。

遺伝子に優性遺伝子と劣性遺伝子があるように、ミームにも(名づけるとするなら)優性ミームと劣性ミームがあるはずだ。
それはたとえばアメリカだ。アメリカ文化全体が優性ミームのかたまりのように思えてくる。次のラムシュタインの「アメリカ」というPVを見ればそれが怖ろしいほどわかるだろう。
《ラムシュタイン―「アメリカ」PV》
《歌詞(6番目)》

アフリカのマサイ族がテレビを見ながらピザを食べていたり、東南アジアの仏教寺院で信徒がハンバーガーを頬張っていたり、アラブで男がスニーカーを脱いで絨毯に正座し、石油コンビナートの方向にお祈りを捧げていたり、あるいはアラブ人がマールボロを吸っていたり、アフリカの草原でサンタクロースが黒人の子供たちをあやしていたり、中国の青年がハーレーダビッドソンに跨っていたりする。歌詞にも「パリの前にはミッキーマウスが立っている」とある。そして最後はあらゆる民族が

俺達はみんなアメリカの中に住んでいるんだ
アメリカは最高だ
俺達はみんなアメリカの中に住んでいるんだ
アメリカ、アメリカ
俺達はみんなアメリカの中に住んでいるんだ
コカコーラ、時には戦争
俺達はみんなアメリカの中に住んでいるんだ
アメリカ、アメリカ

と大合唱して終わる。
ここにある「ピザ」「ハンバーガー」「スニーカー」「サンタクロース」「マールボロ」「ハーレーダビッドソン」「ミッキーマウス」「コカコーラ」はみなアメリカ発の文化である。じつはサンタクロースがアメリカ発だったとは調べてみてはじめて知った。19世紀のニューヨークで誕生して瞬く間に広まったということだ。そんなに歴史はなく新しい文化なのである。

交通網の発達で世界中行き来が簡単になった結果、生物界において、「セイタカアワダチソウ」「ブラックバス」「西洋たんぽぽ」そして最近の通称「ウォーターレタス」などの優性遺伝子が、在来の劣性遺伝子の同一種を駆逐して瞬く間に日本中に広がった。同じように、交通網、情報網が発達した結果、文化面でも「サンタクロース」などの優性ミームが劣性ミームであるそれぞれの土地の従来の文化を駆逐している。文化のグローバル化とはつまりそういうことなのだ。島国の場合どんなに長い間そこに棲みついた生物でも、大陸で百戦錬磨で勝ち残った優性遺伝子にはひとたまりもないように、どんなに優れた文化でも世界で生き残った口当たりの良い、きらびやかな文化にはかなわないのである。その文化が簡単であればあるほど勝ち残る。そして世界中が簡単で口当たりが良いだけの安易できらびやかな文化のみに席巻され、人間の文化とはそういう文化だけに成り果てようとしている。ラムシュタインのPVはそれを警告してくれている。

ラムシュタインが歌うように、もう我々はアメリカの中に住んでいるのである。そして我々もその優性ミームの発信者になっているのである。世界中が今アメリカという優性ミームに覆いつくされようとしているのだ。

だがもちろんアメリカの文化だけが優性ミームではない。たとえば史上最強の優性ミームはコンピューターだ。コンピューターはアメリカ、日本、ヨーロッパなどの合作文化である。いまそれが世界中を侵食しようとしている。他にも世界中に優性ミームはいたるところにあり、もちろんそれが必ずしもアメリカ発とは限らない。そして世界中の人々は従来の自分たちの文化をさっと脱ぎ捨て、優性ミームに感染する。そしてすぐさまその優性ミームの保持者となり、彼らは新たにそのミームを発信する発信者となる。それはいとも簡単に。ここでその優性ミームをアメリカと言い直せばわかりやすい。アメリカの人には申し訳ないが。つまり、

我々はやはりアメリカの中に住んでいるのである。我々はだれもがアメリカそのものなのである。

ということになるが、まだ続きがある。ラムシュタインのライヴ映像を見つけた。

《ラムシュタインのライヴ映像》

ラムシュタインはドイツのバンドで、このライヴの場所はフランスである。最後彼らラムシュタインのメンバーが挨拶をするところで驚いてしまった。観客に対して、全員お辞儀しているのである。90度深々と、日本式だ。普通、ライヴでは投げキッスで終わるのが通例である。日本のバンドですら真似して、慣れない投げキッスをする。しかし日本と何の関係もないシチュエイションでお辞儀をするとは。お辞儀という文化もさては優性ミームだったのか。今、流行っているんだろうか。ひょっとしたら何年か後には世界中でお辞儀が大流行なのかもしれない。現地での様々な挨拶文化をお辞儀文化が駆逐してしまっているかもしれない。なんだかとても不気味だ。