スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
『いま、社会詠は』(青磁社)
『いま、社会詠は』を読んで、短歌において社会がどう扱われるのか、あるいはどう扱えるのか、様々なことを思ったが、ここでは簡単に以下のことのみ記したい。

p.79の大辻氏の弁で、

歴史を見るときものすごく気をつけないといけないのは、僕らは歴史の一番最後にいるわけです。いつも結果論的に裁断できる立場にある。


そうだ、確かにあとからならいくらでも言えるわけである。後になって戦火想望歌が軽薄だとか言っても、じゃあ自分が当時生きてたら何を歌ったか、わかったもんじゃないわけで、後出しジャンケンのようなものだ。だから小高氏のように後のことを恐れて何も歌わないことは歌人としてどうか、という意見はよくわかる。そのとき感じたことをストレートに詠む。それが歌人の業だ、という大辻氏の意見には激しく同感せざるをえない。歌人たるものそんなことを恐れていては歌人の役目は果たせないだろう、ということだ。

だが、だからと言って岡野弘彦歌集『バクダット燃ゆ』がどうなのか、とはまた別問題ではないか。

戦時中は言ってみれば価値観が一つしかなかった。日本は戦争に勝たなければいけない。英米は鬼畜である。人間ではない。だからやっつけないといけない。という極論すれば単純な価値観のみだ。
戦後冷戦時でも価値観は二つである。左か右か。歌人もどちらかに付くよりほかない。どちらの側にしろ善悪ははっきりしていた。短歌というのは自分に引き寄せて自身の感情に沿って歌うことが多く、善悪がはっきりしている方が社会詠としては扱いやすかっただろう。
だが現在はp.16で小高氏が言われるように「善悪が入り混じり、入れ子状態にならざるをえない」時代である。冷戦構造が解体し、何が善で何が悪なのか全くわからなくなり、価値軸を求めて彷徨わざるをえない時代である。あるいは環境問題が勃興し、人間のやることすべてが否定されかねない、こんな時代に、ただ単純に反米だけで事足りるとする、アメリカさえ悪者としてしまえばすべてのことが解決すると確信しているような稚拙な思想の短歌を僕は読む気にはなれないのだ。だからそれがいい歌か悪い歌かの判断の前に、判断中止に追いやられてしまう。

『バクダット燃ゆ』の場合、今これはおかしいんじゃないか、とわかるわけで、戦火想望歌は後になってやっとわかるわけである。一緒にはできないのは当然だろう。

社会認識が歌より先に立つとは思わないが、最低限の社会認識は必要なんじゃないか、と思うのだ。

またこれと関連したことだが、p.57下段からp.58にかけて、大辻氏が島田脩三氏の小高批判を引用されていて、二人して「トータルな社会認識」は可能なのか、と問い詰めている。

これに対して小高氏の代わりに答えさせてもらうと、もちろん「トータルな社会認識」など可能なはずはない。しかしだからといって、それを最初からあきらめるのはどうだろうか、と思う。人間というのは常にこの「トータルな社会認識」を目指して進歩してきたのではないだろうか。そしてこれからもそれを目指してやっていくのだろう。たとえ到達しないとわかっていてもだ。それが人間である。それが人間の仕事なのだ。それを進歩主義と揶揄するのは、じゃぁ、歌人は短歌さえ作っていればそれで済むのか、と逆にこちらが聞きたくなる。
「トータルな社会認識」を最初から拒絶したような社会詠を僕は到底読む気にはなれない。

確かに今、社会詠は難しいのだろう。単純な善悪にのみ頼っていたかつての社会詠の文脈ではむしろそれは不可能だ。『バクダット燃ゆ』はその単純さに寄りかかったかつての社会詠の最後の歌集なのかもしれない。
スポンサーサイト
世代論とか
最近どのマイミクさんの日記もあまり読まなくなたなぁ、mixiに依存しなくなってきてこれはこれでよいのかも、と思うわけで、やっぱり若い人のほうが依存するんだろうな、とか世代論的なことを思ったわけだけど、でも僕よりも年長の人で依存している人もいるし、このことに関して世代論は関係ないかというと、それは統計的には関係あるわけで、若い人のほうが依存する人が多い、という結論がたぶんここでは導き出されるわけです。

『いま、社会詠は』を読んでいて、小高さんと吉川さんで世代論的なことで意見が分かれるんだけど、つまり小高さんはご自分より若い世代の歌人をひとくくりにして、それに対して吉川さんはそれは乱暴だと、同世代でも様々ではないかと反論するわけです。でも統計的に考えたら小高さんのほうが正しいわけで、世代が若くなればそういう傾向は強まる、ということなのですよ、単に。要は統計的なことが文学評論として意味を成すかどうか、それはきっと評者の手腕にかかってるんでしょうね。

理工系においては、統計的なことや誤差論的なことは非常に重要なんだけど、それを文学評論に持ち込むことはあまり得策ではないんだろうな、と思った。僕もやったことないし。
「例外はありますけど」と言った途端、焦点がぼやけるだけで、これはこうだ、と言い切ったほうが説得力はあるわけで、でもそれってやっぱり乱暴なわけなんですね。

文学評論では標準偏差の上位過半数をきゅっとひとくくりにして、これはこうだ、と言い切るしかないわけで、それで意味を成すときのみその論に意味があるということで、とりあえず今回わかったようなわからないような意味のない結論になるわけです。
約束
『バブルへGO!!』という映画が今年あったが、僕は見なかった。でも最近はネットで検索すれば大概の映画は見れたりするので、これもつい見てしまった。
見事にB級映画のノリだった。だが思わせぶりなセリフがあったので記しておこうと思う。


バブル崩壊を止めるべく、阿部寛演じる財務省の役人に請われて、バブル崩壊直前の17年前に、タイムマシンで送り込まれた広末涼子は、先に自らを送り込み行方不明になった母(薬師丸ひろ子)を探すべく大蔵省内をうろついていると、若き日の阿部寛(このとき大蔵省官僚)とその女秘書を見かける。

省内でいきなり女秘書のほうからのキスシーン。
女秘書「昨日うちでお酒飲むって約束したのに。」
阿部寛「約束はしたが、守るとは言ってない。」
女秘書「・・・・・・」
女秘書去る。


いかにもB級いやC級ぐらいのひどいノリだが、どこかで聞いたぞこれ、そうそう、つい先日、年金問題で福田首相が
「“解決する”と言ったかな。それは取り方にもよるが…」
とすっとぼけたことと同じじゃないか。いっそこのとき首相はこの映画の阿部寛と同じように
「約束はしたが、守るとは言ってない。」
と言えばわかりやすかったのに、ねぇ。
これである程度信用していた福田首相への僕の信頼は見事に崩壊した。国民とて一緒だろう。次の総選挙で自民党は絶対に負ける。首相自らこんな大きな墓穴を掘ったことはかつてなかったかもしれない。今あわてて謝ってるらしいけどもう遅い。


さて、女秘書が去るとき阿部寛は無言で見送るが、以下の独白を追加したい。

阿部寛の独白「バカな女だ。約束なんてのは単にするものであって、守るものでないのは、わかりきったことじゃないか。」
ちきゅうおんだんか
親戚の話で又聞きですが、ミサちゃんというとってもかわいい4歳の女の子を預かったあるおばあちゃんの話。

おばあちゃんが灯りをつけっぱなしにしていると、ミサちゃんに「ちきゅうおんだんかなんだからでんきはけさないといけませんよ」と叱られる。
テレビで樹木の伐採風景が映されていると、ミサちゃん「ちきゅうおんだんかなのにどうしてきをきるんでしょうかね」と小生意気なことを言う。
預かっている間中、ちきゅうおんだんか、ちきゅうおんだんか、とうるさく、このこまっしゃくれたガキがさすがにうっとおしくなり、帰ってくれてホッとしたとか。

孫の話というのは当事者以外はたいがい退屈で聞きたくもないことが多いが、この話は面白かった。

おそらく若い両親が日頃、地球温暖化問題を憂えてその話をしているのだろうけど。よく教育されているものだ。

近代という大きな物語が崩壊したあと、環境問題という新たな大きな物語が今育ちつつあるのだろう。いずれ環境全体主義の時代が訪れ、環境問題がすべてに(ひょっとしたら人の命よりも)優先する時代になり、人々がちきゅうおんだんか、ちきゅうおんだんか、と呪文のように唱えるそんな時代が来るのだろうか。いやもう来ているのか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。