スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
土岐友浩Web歌集“Blueberry Field”
土岐友浩さんのWeb歌集“Blueberry Field”がアップされた。
歌集といっても紙媒体には一切なっていない。
やはり歌人の光森裕樹氏の意匠・製作である。

ぼくはネット短歌の事情にあまり詳しくないが、Web歌集というのをはじめて聞いたような気がする。ありそうで意外に無いな、という感じだ。もっとあってもいいだろう、と思ったりもする。確かに紙媒体になってないので手元に置いておけない寂しさはあるのかもしれないが、学生にとって、資金のほとんどかからないWeb媒体は魅力だろうと思う。

その昔、昭和34年生まれで45歳で早世した俳人田中裕明が学生時代、コピー機で製本して第一句集『山信』を出している。邑書林刊行の『セレクション俳人 田中裕明集』の「あとがき」によると、

「昭和五十二年から三年間の句です。最初の年はまだ高校生ですから、初々しいというよりも、俳句になりかけとでも言ったほうがいい。私家版というと格好がいいようですが、自分で筆で句を書いて大学の生協で十冊だけコピー・製本したもの。第一句集とも言えないのですが、爽波先生から全百句を『青』に再掲しなさいと言ってもらったので、活字になって残っています。」

とある。つまりたった十部のみの、コピーとはいえ田中裕明自筆毛筆の百句の句集がこの世に存在したのだ。ファンからすれば垂涎ものだ。もし現物があればきっと数十万はするかもしれない。

口笛や沈む木に蝌蚪のりてゐし    田中裕明『山信』
亀鳴くや男は無口なるべしと        〃
嬉しくもなき甘茶仏見てゐたり       〃

しかしその田中裕明がもし今学生で句集を出したければ、きっとWeb句集という方法をとったのではないだろうか。そんな気がする。学生に限らず資金になかなか都合がつかない者にとってWeb媒体というのは確かに魅力だろうと思うのだ。

さてこのWeb歌集“Blueberry Field”だが、全部で49首。1首ずつパラパラとカード状になっていて、これが僕の周囲では好評なのだが、僕にはどうにもうるさいだけである。読む気になれない。そういう人向きにだろう、テキストヴァージョンもちゃんと用意してある。

さて中身に移ろう。
全体としてまず、渋味の男子系スイート、という印象を持ってしまった。確かに甘くアンニュイで淡い現代の若者特有の心情が上手く出ているように思った。この信頼できない世界に自身の居所がはっきりと自覚できない浮遊感のようなもの。同世代の歌人から見ればかなり共感度は高いのではないだろうか。いかんせん僕のような旧世代から見れば、最近の20代の歌人はどいつもこいつも男性であれ女性であれ、スイート系に見えて仕方がないのである。

だがもちろん一般のスイート系と違って、世界を見る眼の確かさ、をまず感じる。

土曜です。モスバーガーです。この街はひとに逢いたがるひとであふれる
きれいめはきたない。きたなめはきれい。麦わら帽の金色リボン
雲のかけらふる一月の明け方はジョギングしたいくらいさびしい


そしてその寂しさを湛えた、きめ細やかな抒情が最も読ませどころだろうか。

まだぬれた髪にブラシをあてている 僕がねむいと言ったばかりに
首もとのうすいボタンをはずしたらゆびさきにのりうつったひかり
ウエハースいちまい挟み東京の雑誌をよむおとうとのこいびと
たぬき寝入りしているねって声がする きっと寝ていてもそう言っている
てぶくろの首から呼気を吹きこんで手袋はめるさよならずっと


そして何よりこの歌集の眼目はFreedom Fromの一連の7首だろうか。ただ残念なのはこの一連が母への挽歌だとはどこにも触れていない点だ。これは本人に確かめないとわからないことになっている。それはきっとあまりに若く母が亡くなったために、挽歌を書くという自覚を持てなかったのかもしれない。逆にそれだけに自然なスタンスを感じる。

母とふたり真ッ黒のボストンバッグ引き出している バスの腹より
ゆうぐれのこの手にできる複雑な影をみている医学生僕は
風の朝ディズニーランドのパラソルのポールに母の名前をしるす


一首目は母が亡くなったことをやっと受け入れようとしている作者のもがきのようなものだろうか。あるいは死期が迫ったことに対する暗い気持ちだろうか。
三首目はこれが母への晩夏だとわからなければ完全にスルーしてしまう。しかしそれがわかれば、〈ディズニーランドのパラソルのポール〉を母の墓標に仕立てるなんともいえない痛切な悲哀が伝わってくる。
二首目は母の病気を治せなかった医者の卵としての自身に対する苛立ちだろうか。しかしここは一度、母への挽歌だとは切り離して鑑賞してみたい。この〈複雑な影〉を人間と医学を取り巻く〈複雑な影〉と見てみる。昨今、医療技術が高度に発達し、どんな病気も治るのが当たり前のようになってきて、また個人主義が暴走するこの現代で、患者サイドは医者が病気を治すのが当たり前となり、少しでもミスしようものなら激怒して訴える、という医者としてのやりにくさ。立場の転倒。本来治らない病気を治してもらうのだから感謝以外の気持ちはありえないはずなのに。また環境問題人口問題が世界のあり方を方向付ける現代で、人間だけが長生きすることの無意味さと傲慢さ。たとえば万能細胞とは何なのかとか。そういった医学と人間を取り巻く〈複雑な影〉を見ている医学生である作者。医学を通じて世界を見据える透徹したまなざしをここから感じないわけにはいかない。

作者とは加藤治郎さんが主宰するJ歌会京都で何度もお会いしているが、若いながらもその鋭い批評眼はすでに折り紙つきである。

常に寂しさを湛えた微笑を絶やさないこの24歳の医学生は、きっと短歌の行く末を担っていくことだろう。甘く淡い雰囲気の中にも世界を見る眼の確かさと清冷で柔らかな抒情を感じさせる歌集だったように思う。
スポンサーサイト
人を殺せる人間と殺せない人間と
土浦の8人殺傷事件に続き、岡山のホームからの突き落とし事件、こういった無差別殺人の一方で、硫化水素中毒による自殺がネット発で流行しているという。練炭自殺の新ヴァージョンらしい。
突発的な無差別殺人の流行と硫化水素中毒自殺の流行。この二つの流行から見えてくることは多いかもしれないが、まず思ったことは、人間には人を殺せる人間と殺せない人間がいるのだろう、ということだ。つまり追い詰められると、他人を殺傷する方向に向かう人間、と自分を殺傷する方向に向かう人間の二種類に分けられることになる。

神戸の酒鬼薔薇の事件のことで、あれは誰にでもありえることだ、とか言う人が結構多いのだが、それはこちらにはぎょっとするより他に無い。あの事件を自分にもありえた、と思える人はやはり人を殺せる人間の側としか思えないわけである。それはあなたにはありえたかもしれないが普通はありえないことだろうと、どうしても思ってしまう。しかしそんな人でも最後本当にナイフを他人の肉体に刺せるのかどうかは別である。つまり殺意が本当に実行されるのかどうかは別だろう。人間、殺意があっても本当にそれを実行するのはごく稀だからだ。

こういうふうに人を区別することは差別につながるかもしれない。がしかしたとえば最近の殺人事件で広汎性発達障害や統合失調症の人が事件を起して、彼らと同じ障害の人が危険視されたりすることはまさしく差別以外の何物でもなく、障害だからおかしい人だから殺人を犯したのではなくて、元来人を殺せる資質があったからこそ、そしてそれを実行できる勇気と資質があったからこそ殺人に至ったわけである。その資質があった人がたまたま障害もあっただけのことである。これは間違いない。こういったことを考慮すれば、人を殺せる資質がある人間とない人間とを分けて考えることは差別にはならないと思う。むしろ無用な差別をなくすことになるだろう。

また、オーム真理教のサリン事件やアルカイダの自爆テロ、靖国をいただく特攻隊などは、狂信的なグループに人がいる場合の特殊な例として考えたい。どんなに人を殺せる資質のない人間でも、ああいう狂信的なグループにいれば、たとえばサリンの入ったポリエチレン袋を傘で刺すぐらいはやるかもしれない。ぼくだってそれはやったかもしれないし、自爆テロも狂信的に何かを信じればやったかもしれない。もちろんその勇気があればの話だが。

ぼくがここで言いたいのは、その人が追い詰められた場合、全くその人個人の判断で殺人まで至れるのか、至れないのかということである。また一般的な正当防衛は別に考えたい。

ただ、もう一つ考慮しなければいけないのは、その時代のもつ空気のようなものである。
最近の若い人の間では、社会が加害者で自分はその被害者なのだ、という意識が強い人がどうもいるようなのだ。だから極端に言えば、道を歩いている他人は社会以外の何物でもなく、それは自分にとって加害者であり、敵なのだ。だからそれをやっつける、ということは自分は正義を実行していることに過ぎないのだ、という怖ろしい被害妄想が実際にあるらしい。今度の殺人事件はそのあたりから来ていそうだ。ここまではいかなくても結構普通に若い人の中でも、もっと軽い被害妄想として、単に自分が社会の被害者だと思っている節があるのは僕の周りにも感じられる。こういう人たちの中には、自分こそが社会なのだという当たり前の意識が、怖ろしいほど欠如しているように思えてならない。要するに社会に対する甘えである。それ以外の何物でもないだろう。十代、二十代前半の子供ならいざ知らず、三十歳も過ぎてこんなこと思っている人はやはり大人とは言えない。

しかしだとしても、そういう被害妄想的な追い詰められ方をしても、最後に人を殺せる人間と殺せない人間に分かれるのだろうと思う。それは理性があるかどうかの問題というより、資質と勇気の問題だと思うのだ。
日本の少数民族
チベット問題をきっかけに、前から興味があった中国の少数民族のことをネットで調べていると、日本の少数民族というのが出てきた。アイヌと琉球以外あったかなぁ、と見ていると、ヴィルタとニヴフ、という聞きなれない民族名が飛び込んできた。両方とも樺太の先住民族で、ヴィルタの場合、樺太がソ連領になってから日本に協力した民族として多くが追放になり、北海道(主に網走市)に強制移住させられたそうだ。ニヴフの場合はその多くが今もロシア領内に住むが、一部はやはり北海道(主に網走市)に強制移住させられたそうである。
知らんかった。全く知らんかった。世の中まだまだ知らないことが山ほどありそうだ。

で、その後彼らはどうなったんだろう。日本民族に吸収させられたのかな。アイヌのように。
中国からやってくるもの
産経新聞に連載の『日本人解剖』が面白い。最近主に科学的に解明された歴史事実を縄文時代よりずっと説明していて古代史ファンにとっては大変興味深い。

今日は稲作の伝来についてで、中国の長江流域は8000年以上前から稲作が行われていたとのこと。この古代中国では黄河流域の畑作文明と長江流域の稲作文明の二つの文明が並列にあったとのこと。それが4200年前の気候の大変動(寒冷化と旱魃)で黄河文明は危機に瀕し、長江に南下して当時の長江文明の担い手だった苗(ミャオ)族らを追い出したとのこと。そのときの一派が日本に流れ着いて、稲作文化が伝わったのではないか、という考察がされていた。2500年~3000年前に朝鮮半島を通じて伝わったのと2ルートあったのでは、という見方だ。4200年前というのは僕にとって全く新しい知見で少し興奮しながら読んだ。

そんなことを、これも歴史好きの母と少し話していたら、母が、

「稲作も中国からやってきたんやね。あの餃子も。。。」

と唐突に歴史と関係ないことを言う。いやだからね(稲作と毒入り餃子を一緒にするなよー)、当時の日本は縄文と言っても人口少なくて、このときの苗(ミャオ)族の一派が日本に住み着いて日本人つまり縄文人になったのかもしれないし、とか、その証拠にビルマの山岳地帯に逃げ込んだ別の苗(ミャオ)族の一派は今もそのときの文化を守っていて、正月には門松を立てたり、竹馬の習慣があったりとか、日本の文化とすっごく似てるんだ、とか漢民族だけが住んでる今の中国がおかしいんだ、とか、あせって言ったけど、こんなふうに中国のことを悪く思っている人はほんと多いんだろうな、とだるい気持ちになった。何でも中国からやってくるものに嫌気がさすのである。しかも笑い話にもならないのである。

だが、中国をどちらかというと擁護してきたつもりのぼくでも、この餃子の件での最近の中国の対応にはさすがに腹を立ててしまった。客観的に見ようと全くしない。でも中国人が悪いのではない。中国の体制に問題があるのだ。とりあえず民主主義であることが大前提だろう今の国際社会は。何も民主主義を礼賛したりはしないが、民意が反映されるからといっても必ずしも客観的に見るとは限らないが、とりあえずまず民主主義になってほしい。でないとちゃんと話ができないのである。今回の件、もし韓国が相手なら、少なくともちゃんと話はできただろうと思うのだ。
黄砂
確かに今日は一日うす曇っぽいぼやーとした天気だった。

母は、天然現象だけどこれも日本に謝るべきやわ、なんて言ってたが、本場中国では黄砂の影響はこんなやんわりとしたものではなく、本格的な大気汚染なんだから、全くの別次元で深刻な被害らしいよ、死者まで出て、とは僕は言わなかったが。ま、だいたい日本人の多くはこれも中国人のせいにしてるんやろね。確かに人為的なものがないわけではないけど、風の方向に責任は無く、日本に対する責任は全く無い、餃子と違って。

でも黄砂がもっとひどくなったら、逆に太陽光を遮って気温が下がって、温暖化を阻止するんではないだろうか、なんてことはないのかなぁ、あるのかなぁ、どっちだろ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。