詩と短歌の狭間で
短歌と詩の両方を見ていると、いろいろと見えてきて面白いものがある。

僕個人は20代前半にいわゆる戦後詩に熱中し、谷川や黒田、鮎川などを読み、気に入ったのは暗唱して、退屈な授業中でも講師の顔を見ながら(つまり授業を聞いているふりをして)頭の中で復唱して楽しんだりもしたものだ。ノートに自作の詩を書いたりもしたが、それは誰に見せるでもない自分だけの詩だった。

そして20代後半に俵万智の『サラダ記念日』の影響で短歌を少し作ったりもしたが、これも誰に見せるわけでもなく自分のためだけの短歌だった。30歳前後は写真に熱中し、35歳から俳句を始めて、このあたりから他人に作品を見せる面白さを体験し始める。結社にも入会し、あちこち句会に行って様々な人と知り合うのが無上の喜びだった。

45歳から短歌の世界に入り、ちゃんと結社にも入り、行き当たりばったりだが一応勉学に励んでいる。それが短歌に行き詰ったのかどうか、50歳を過ぎた今年にはいって、かつて少しなじんだ現代詩の世界が気になり始めていた。そんなときにタイムリーに彦坂美喜子さんから神戸の現代詩セミナーに誘われ、思い切って行ったわけである。しかし何にも知らずに行くのはつまらないだろうということで、丁度発刊された『びーぐる創刊号』を取り寄せ、予習がてら読んでいたら、安川奈緒の詩に行き当たり、今の詩はこんなにすごいのか、と衝撃を受けたわけなのだが、この地点で自分が詩の世界に帰ってきた浦島太郎だとは全く気がついていなかった。現代詩セミナーで様々な詩の文脈に触れ、批評を聞き、そしてそこで仕入れた藤原安紀子という名前をメモし、その詩集『フォ ト ン』をその場でなんとなく衝動買いしたのだが、それを帰ってから一週間ほどしてから読んで、かなりの衝撃を受けてしまった。

最初、文節がずたずたにされた文体に戸惑ったが、読み進めていくうちに慣れてしまい嵌ってしまった。気がつけば全部一気に読んでいた。そして自分の頭の中で何かがはじける感じがした。そして自分が詩の世界に25年ぶりに帰ってきた浦島太郎なのだということに気づかされた。詩の文体はここまで変わり果てていたのである。ほとんど日本語が壊れる寸前での優雅な綱渡りのように言葉が奔放に展開される。いやもう壊れてしまっているのかもしれない。おそらくこの詩集と同時に読んでぼくが少し衝撃を受けたキキダダマママキキも、そしてあの安川も、この藤原安紀子の影響を受けているのではないだろうか、と自分では思う。何か藤原のところで詩の言葉が地すべり的に変化しているように思うのだ。

かつて短歌ではライトヴァースと呼ばれた口語を基調とする一群の歌人のところで、従来の文語を基調とする短歌とは隔絶した変化を見せた。ライトヴァース以前と以後の歌人同士ではコミュニケーションすら出来なくなるぐらいの変化だった。それと同じような地すべり的変化が今詩の世界で起こっているのだろうか。もし起こっているのならその発端はどこか。藤原なのかもっと他にいるのか、あるいは短歌のように同時多発的だったのか、それを知りたいが、なかなか知るすべを持たない。

とにかくぼくは浦島太郎だった。変わり果てた現実の言葉の世界に呆然とするしかなかった。俳句や短歌の世界にいたことが、じつは竜宮城にいたのだと思い知らされた。そこでは韻律に守られた言葉が鯛や平目のように優雅に舞い、なんの危惧することもなく日々を楽しく過ごせたのである。

しかし韻律の恩恵が一切無い現実の詩の言葉の世界に放り出された浦島太郎は、その寒々とした光景に震えるより他になく、また竜宮上に舞い戻ろうというわけである。だがまた戻れるのかどうかの保障はもちろん無い。

ただ一つ僕がわからないことは、いつ亀を助けたのか、ということである。全く記憶に無いのだが、ぼくは竜宮上に連れ去られて15年は居たことになる。また乙姫様にも会いたいものだし。
スポンサーサイト
現代詩セミナーin神戸
たぶんこの3連休は詩歌の大きなイベントが目白押しだったのかもしれない。僕の所属する未来彗星集も東京で年に一回の記念歌会。東京にはどうしても行くことができず、なんとその代わりに神戸で現代詩セミナーなるものが行われ、行ってきました。

11月2日、二日目の分科会のみの参加。午前はテーマ「詩と批評の現在はどこに?」の分科会。発話者は岩成達也氏、河津聖恵氏、北川透氏、篠原資明氏、司会は彦坂美喜子さん。午後はテーマ「読みの自由」の分科会。発話者は新井豊美氏、河津聖恵氏、北川透氏、倉橋健一氏、佐々木幹郎氏、たかとう匡子氏、坪内稔典氏、彦坂美喜子氏、司会は中塚鞠子氏。

僕はとにかく現代詩に関しては部外者なので現代詩のことは何もわからないわけで、発言はしないで聴衆に徹しようと思っていたので、そのとおり何も発言しなかった。(本当は発言したかったのだけど)

会の中身はともかく、僕は人に会うために行ったようなもので、引っ込み思案の僕がいろんな未知の人と話しました。お昼休みはこの会に僕を誘ってくださった彦坂さんと、俳人の堀本吟さんのお二人についていったら北川透さんと話ができて、懇親会は僕のまん前に篠原さんが座り、思わず松井茂さんの話ばかりをしてしまいました。そうなんです。篠原さんは方法詩の最初の提唱者だったのです。午前の分科会でも松井さんの純粋詩について語っておられましたが、その話をするときの嬉しそうなこと。まるで自分の子供のことを話すみたいでした。

二次会はなんとあの「カルメン」。俳句と詩を書かれる大橋愛由等さん経営のスペイン料理店。俳句時代に大変お世話になったところです。ここに来ると自分は別に全然部外者でなくて、昔からの詩の仲間の一人のような気がしてきました。関西の俳句、川柳、短歌、現代詩はじつは一つなのかな、と幸福な錯覚をしてしまったぐらいです。ここでなんとあの安川奈緒さんと対面。ピッチャーから赤ワインをどぼどぼ注ぎながら何話したか忘れたけど議論してました。とても頭の切れる理論家だということがわかり、この人一人だけで現代詩の未来は明るい、と確信しましたね。そのあと二人ともつぶれてしまったのだけど。とにかく安川さんは相当戦略的に詩を書いている、ということがわかりました。自分の詩は定型とは対極にあるのだけど、定型をとても意識している、とも言ってました。若いんだけど、とても信頼できる詩人だな、という印象でした。

そうそう、懇親会行く前の会の終わりに朗読会があって、20人ぐらいの詩人が朗読してました。なかでもびっくりしたのは3人。まず篠原資明さんの「百人一滝」。有名な百人一首の歌を詠みかえる試み。聞いているだけで面白かったけど、テキストがないとやっぱりわかりません。岸田将幸さんの何かを引き剥がすような吃音的な絶叫。これも聞いているだけで面白かったけど、テキストがないと全然わからない。最後の締めは佐々木幹郎さんの「行列」。これはテキストがなくても全部わかって、最高でした。

あと様々な詩人とお会いしました。詩人はとにかく気さくで話やすい、自分から何ぼでも話しかけてくる。みんな一匹狼で徒党を組まないからそれぞれが自由で人間関係も風通しがいいわけで。でもめったに会わないのなら寂しいかなー、と感じます。そのことを北川さんに言ったら、寂しい人は俳句や短歌をやればいいんだよ、と。確かに俳句や短歌はその構造上、上下関係が必然的にあり風通しが少し悪いかもしれないけど、あったかいのね。至れり尽くせりで。まぁぼくは両方OKかな。

それと北川さんが午後の分科会で言っておられたのは、詩人は他人の詩をあまり読まない。悪くすると自分の詩しか読まなかったりする。ところが俳句や短歌は結社があり、必然的にそこで他人の作品を読む。ということは自分の作品も読まれる。これはとてもいいことだ、と。手厚いと。確かにそうなわけで、結社制度のいいところですね。その他いろいろと現代詩と短歌の違いを考えさせられました。たぶんこれは僕の転機になった会かな、と思いました。

詩の世界が僕の前にどーっと開かれた、という印象です。これはかなり広いぞー、という感じで、とりあえずわかりやすくするために、現代詩を2種類に分けました。俳句も短歌も大雑把に言えば2種類に分かれるし。そして同じように片方だけに与していくのかな、と感じています。それと詩にとって短歌が重要だということもなんとなく感じました。この両方をにらみつつ活動していけたらすっごい幸せですね。