川柳の句集批評会
東京の未来60周年記念大会、絶対行きたかったんだけど、東京はなかなか無理。で、昨日、神戸三宮のメランジュ(詩の合評会)に行こうと思ったけど行かずに、大阪上本町の川柳の句集批評会に行ってきた。近いという理由で。いやもちろん昔お世話になった俳句川柳の方たちに久しぶり会うのが目的なんだけど、なんせ歩いて10分。実家が引っ越す前、上本町に住んでいて、上本町界隈は僕の遊び場だった。高校の時よくパチンコ行ってた。引っ越してからも地下鉄一駅分のところなので近い。

渡辺隆夫さんの第5句集『魚命魚辞』と小池正博さんの第一句集『水牛の余波』の合同句集批評会。小池さんは先にセレクションが出ていたので、実質第2句集なのだが、本人はこれが第一句集なんだそうだ。つまりセカンドバージン。隆夫さんがそう言ってた。たしかに。

『魚命魚辞』パネラーが吉澤久良さん、小池正博さん、野口裕さん。司会が堺利彦さん。
『水牛の余波』パネラーが湊圭史さん、渡辺隆夫さん、彦坂美喜子さん。司会が樋口由紀子さん。

秋は奈良仁王つれ出しウンコもさせ    渡辺隆夫『魚命魚辞』
亀鳴くと鳴かぬ亀来て取り囲む
原子力銭湯へ行っておいでバカボン
ウンコなテポドン便器なニッポン

渡辺さんのは第一句集が衝撃的だったので、どうしてもそっちと比べたりして、インパクトが弱く、概ね厳しい批評だった。しかし挙げた句のように世情や政治を強く穿つ独特の精神は健在だ。石部明さんが模倣者がいない、と言っておられたが、なるほどと思う。とことん下品でこの強い穿ちの精神は誰にも真似できないのだろう。

水牛の余波かきわけて逢いにゆく        小池正博『水牛の余波』
黄昏のふくろう パセリほどの軽蔑
内臓を見せあっている県境
鴉声だね美声だね火星だね        
調律は飛鳥時代にすみました         
コミックかギミックなのか蝉しぐれ
カモメ笑ってもっともっと鴎外

小池さんのは打って変わって知性派の詩性川柳。誰もが読み解くのに難儀するのだ。しかし湊圭史さんのウェブが当会でも紹介され、
小池正博『水牛の余波』、渡辺隆夫『川柳 魚命魚辞』(s/c)

つまり、「難解」という見方とは逆に、『水牛の余波』の句ではすべてがあっけらかんと句の表面に投げ出されているのであって、「解くのが難しい」というところの「解く」べき謎がそもそも欠けているのである。


でなんとなく皆さん納得。あと湊圭史さんの言う「アレゴリー・隠喩の拒否」つまり言いなおすと「メタファーの拒絶」になると思うがこれが僕には大納得だった。これは現代川柳だけでなく、現代短歌でも「修辞の武装解除」に表れているとも言えるし、最近の現代詩の修辞の破壊、というか、やっぱりこれも「メタファーの拒絶」なのではないだろうか。懇親会で湊さんをつかまえ、ここらあたりを聞いてみたのだがあまりのって来なかった。メタファーが成り立つためにはその背景となる社会がしっかりした価値軸を持っていないと成り立たないのだろうと思うのだが。だから今は価値軸が失われていて、価値軸を対象として初めて成り立つメタファーが成り立たなくなってきている。だから詩人はメタファーそのものを胡散臭い、と感じているのでは、とそんなことを勝手に思った。湊さんの一言でここ何年も考えてきた問題に筋道が立ったような気がした。するっと謎が解けたような気がしたのだ。

小池さんが飲みつぶれる前につかまえて、小池さんの作品は詩か俳句か川柳かギリギリのところを狙っていて、最後に川柳の側に落としているのでは、と聞いたが、ジャンル論はちょっと違うのでは、とたしなめられた。確かにジャンル論に持っていくのは安易だ。僕の悪い癖である。

真面目な批評会、ちょっと真面目な懇親会、は終わり8時ぐらいから居酒屋で3次会。結局4次会のカラオケまで付き合って帰ったのが午前1時だったか。帰りは歩いて10分なんで楽。大変楽しかったです。ありがとうございました。現代川柳は今大変刺激的だというのがわかった。また上本町で川柳の会があったら行きますので、よろしく。
スポンサーサイト
アジアの大きな国
今日、妻が妻の妹に電話した時、たまたまその御主人が出て、長女の話になった。以下、妻から聞いた話。

長女は今は外国に行っているとのこと。
「え、そうなの、どこの国?」「アジアの国」「アジアってどこ?」「アジアの大きな国」「ああ、あの子中国語専攻してやったから、やっぱり中国やね」「・・・・・」「え? 韓国、それともインド?」

こんな感じの会話。結局相手は中国であることを否定しなかったとのこと。諸事情から考えるに「アジアの大きな国」は中国で間違いない。要するに自分の娘が今、中国に行っている、ということが人に(その伯母に対してさえ)言えないのである。それは自分自身が中国に対して偏見を持っているからなのか、相手が(日本人ならまず)中国に対して激しい偏見を持っているからと考えて間違いないからなのか。まあ、いずれにしろ、不愉快な話だ。それに失礼な話でもある。こっちが偏見を持っているかもしれないと一応思われているんだから。ちなみに妻はこういったことに対しては無邪気なので全く偏見を持たない。だから今日の会話もそんなに変なものだとは思ってないようだった。

これに似た話で、詩人のTさんの話を思い出した。Tさんは在日朝鮮人の問題に深くコミットしている人でおおよそこういった方向で偏見を持つ人では絶対にない。

Tさんの息子さんが部落出身の娘さんと結婚することになり、その娘さんのお兄さんが会いに来た時のこと。そのお兄さんは「これでいいんですか」とTさんに迫った。「本当にこれでいいんですか」としつこく迫ったとのこと。

「こんな失礼な話はないやろう」ともう終わった話なので笑みを浮かべながらも、憤懣やるかたない、という表情で今度は僕に迫った。僕が答えないでいると、さらに強い語気で「こんな失礼な話はないやろう」とまた僕に迫る。「ええ、そりゃあ失礼ですよね。(汗)こっちが差別していると向こうは思いこんでいるんですから。」「やろう」「でも長い間差別されてきたんだからそういう偏見をもつのも仕方ないんとちゃいますか」と一応たしなめた。

Tさんによると部落差別はフィクション、だという。ああそうだ、実際には今はもうそんなものは存在しないんだから。最初からなかったものを徳川幕府が勝手にでっちあげたフィクションだ。じゃあ、民族差別もフィクションでしょう?日本人と朝鮮人とではDNA的にはほとんど一緒でしょうし、と僕が聞くと、民族としての遺伝子が一緒でも国籍の違いはどうしようもない、だからフィクションではない、とはっきりと答えられた。たしかにそうだ。国籍の違いはそれが作用する時は決定的な違いとなる。

話を元に戻す。
民族にしろ部落にしろ一般には、差別する、ということが、いまだに一般的な日本人の常識的感覚になっているのだ。差別するのが当たり前だから、その問題にからむ可能性があるときは、何とかして回避しなければならない。例えば嘘をついてでも。だから様々な仕事の上でもサラリーマン社会でも、この「差別」が一応基本だと思うべきなんだろう。

もちろんわかってはいるのだが、これは馴染めない話だ。不愉快な話である。
とにかくトップを変えないことには納得しない国民
1854年(嘉永7年、安政元年)は日本にとって大変な年だったらしい。

前年(1853年)の黒舟来航に続き、1854年2月にペリーが今度は横浜沖に大群で再来して条約締結を迫り、3月に日米和親条約を調印。4月に京都大火により内裏が炎上。そして6月に伊賀上野地震(M7.1)。11月4日に東海沖、東南海沖が連動した巨大地震(M8.4)。その32時間後の11月5日に南海地震(M8.4)。まだ終わらなくて二日後の11月7日に豊予海峡で地震(M7.4)。これは考えようによったら今までの日本史上最悪の年かもしれない。

それでこういう時は誰も神様仏様にすがるしかない。何かを変えるしかない。天皇を変えるわけにはいかないし、将軍は代わったばかりだし、結局、元号を変えるしかなかったのか。それで11月27日、元号を嘉永から安政に変えたのだろうと思う。

今の日本の政治を見ていると、なんとなく同じような気がする。あまりの惨事にどうすればよいのか政府も国民もわからないのだ。とにかく何かを変えるしかない。何を変えるのか、そりゃあ、トップをつまり首相を変えるしかないのである。他に変えるものがないし。そうしないとおさまらないのだ、日本人というのは、江戸時代以来。いやきっと太古の昔から。どんなに文明が進歩しても同じことを繰り返しているのである。

阪神大震災の時も、村山首相がまるで地震を起こしたかのような言われ方だった。たしかに初動は遅かっただろう。頼りないように見えただろう。しかしもちろんその時の首相に何の責任もない。しかし国民は納得しないのだ。首相が村山だったから地震が起こったのだ。そう思わないことには納得しない何かが、古来より日本人の血の中に流れているのかもしれない。

今度の復興相の辞任も結局、管首相が選んだから国民は気に入らなかったのでは、とそこまで思ってしまう。たしかに言い方は乱暴だった。あれはいけないと僕も思う。しかし熱意は感じた。

たしかに管首相は当初、目が泳いでいた。頼りなさそうだった。この人で大丈夫なのか、と僕自身も思った。しかしこんな惨事が起こって目が泳がない鋼鉄のような人がこの世にいるだろうか。結局この時だれが首相でも同じような非難を浴びたに違いない。

今に、管首相だったから地震が起こったのだ、とバカが言いかねなくなるかもしれない。そんな時にも、私は辞めない、と言い続けることができるなら、管首相は鋼鉄の人だと思う。偉いと思う。拍手を送りたい。

日本人は古来より自立心がなく、何でもお上のせいにして、自分は悪くない、とずっと思い込んできた。とにかくお上が悪いのだ。原発を黙認していた我々はなんにも悪くないのである。絶対に悪くないのだ。そんな無責任な国民の上に立つには、真に鋼鉄の心臓が要求されるだろう。いったいそんな人いるのか。

日本の政治がおかしいのは全部我々国民の無責任さに起因している。政治家とはその国民を映す鏡なのだから。いい加減早く気付けよ、バカども!