竹島は日本帝国主義の残滓か
今年に入って、短歌の会へはずいぶんと行ったが、原発の話とか領土問題の話とかすると、ものすごく嫌われるので、出来る限り話さないようにしていた。もちろん、人によって考え方は様々なので要らぬ議論をしたくないというのもあるのだろうけど、およそ歌人というのは社会問題に関心が無い。おそろしいほど関心が無い。これはびっくりするほどだ。私性がどうとか、そんな話ばかりで、およそ歌人は自分のことしか関心が無いらしい。なぜなら短歌とは自分のことばかりを書くからだ。そういう詩型なのだから仕方がない。ぼく自身が短歌に向いていないだけなのだ。しかし欲求不満がたまる。これだけ日本を取り巻く環境が激変している中で、じっと何も言わずに自分のことばかり考えているのには耐えられない。

そんなところへ大橋愛由等さんから月刊『Melange』75号が届いた。というよりネット版のリンクが大橋さんからのメールに貼り付けてあった。最近はなんでもネットで便利な時代だ。
月刊『Melange』75号

その14ページに寺岡良信さんのエッセー「不毛なナショナリズムの応酬を避けるために」が載っていて、一気に読んだ。ぼくが思っていたことがそのままより詳しく書いてあったのだ。寺岡さんは詩人だが、高校で歴史を教えておられて、それも日本の近現代史というから領土問題に関してはプロ中のプロである。そのプロが言うのだから間違いない。

僕はほとんどの人にまだ言ってないが、竹島は日本帝国主義の残滓だろうと勘で思っていた。近現代史の詳しいことは全然知らないのであくまで勘だけど、ほとんど確信していた。

1905年竹島を日本の領土としたとき、日本はおそらく朝鮮半島を制圧していただろうと思っていたのだ。だから竹島は日本の領土です、と朝鮮側に言っても朝鮮サイドは反対をしようにもできなかったに違いない。

寺岡さんのエッセーには

明治政府が竹島の領有を閣議決定した1905年1月は、日露戦争のさなかであり、日本軍はすでに朝鮮半島を制圧していた。(中略)そしてこの帝国主義政策は、1910年8月29日の韓国併合につながってゆく。


とある。正確な歴史認識とはこういうことだ。1905年当時、日本は強かったから竹島を朝鮮半島ごと占有したにすぎない。これをして竹島は最初から日本の領土だったとは絶対に言えない。もちろん寺岡さんも書かれている通り、竹島が朝鮮側の領土だったとも言えない。竹島はもともと引き分けなのだ。

結局、竹島(トクト)は日本帝国主義の残滓に過ぎない。このことを寺岡さんのエッセーで確信できた。一気に溜飲が下がった思いだ。ありがとう、寺岡さん。今度お会いしたら、ぜひ任那日本府についてお聞きしたいのですが、いかんせん、朝鮮の古代史を全く勉強していないので、勉強してからにしますね。
スポンサーサイト
SION「12号室」
SIONは子供の時、小児麻痺で肢体不自由児の施設にいられた経験からこの歌を作ったという。
健常者の側で、君はここの世界の住人ではない、と言われ、移った障害者の側でも3カ月後結局、君はこの世界の住人ではないと言われ、元の学校に戻った。健常者と障害者の間をたゆたう感じが実体験からリアルに歌詞に反映され、迫ってくるものがある。

〈懐かしいはずのクラスの顔、顔 みんなよその国の人に見えた〉
というところは経験した者にしかわからないねじれた葛藤だ。

本来、こんなベタな歌は好きじゃないんだけど、これはちょっと別かも。健常者と障害者の間を行き交う、というのはちょっとない経験だからだろうけど

1990年、今から22年前の歌。

youtube SION - 12号室

「12号室」
作詞・作曲・唄 SION

彼女は美しかった まっ白な顔をしてた
きれいな髪をしてた 声もやわらかだった
彼女の室はいつも 花の香りがしてた
いい香りがした ものすごくあったかだった
彼女は人もうらやむほどの ほとんどをそこでは持ってた

そこに入る訳は 8つの俺でも解っていた
今より良くなるために 必要だと解っていた
そこは動物園だった みんな変な形をしてた
仲間ですよと紹介された こんがらがって涙が出てきた
こんな変なやつらの 仲間でも友達でもないと

一週間話せなかった 誰とも話せなかった
全部嫌いになった ご飯も嫌いになった
その日もベッドの中で じっと息を殺してると
誰かが蒲団の中に 手紙をつっ込んでいった
よかったら12号室の 私の所に遊びにおいでと

彼女は微笑んでいた ベッドに体を起し
ものすごいきれいだった 泣きたいくらいきれいだった
ほんの少し話をした 本当はもっと話したかったけど
恥ずかしくてどうしようもなくて そこに来て初めて表にかけだした
表に出て彼女の前で 走ったことをすぐに悔やんだ

彼女と話したその日から ほんの少しづつだけど
誰かの問いに答えたり 誰かに話しかけれるようになった
何人かの友達もできて やっとそこの暮らしに
やっとそこの暮らしに慣れてきた 3か月目の朝突然言われた
ここにいても君の場合はなんにもならない 君も家に帰りたいだろう

みんなとは違うと言われ ここに入ってきて
そして やっとやっとここに慣れたのに ここも違うらしい
4時間電車に乗って 元いた教室に戻った
懐かしいはずのクラスの顔、顔 みんなよその国の人に見えた
今日からまた仲間ですと 先生は俺を紹介した

彼女は美しかった 彼女は美しかった
きれいな髪をしてた 声もやわらかだった
彼女の室はいつも 花の香りがした
いい香りがした ものすごいあったかだった
彼女は全てを持ってた 白く長いはずの二本の足を除けば

彼女は美しかった 彼女は美しかった
12号室で 12号室で

「橋下徹はテレビがひり出した汚物である」by辺見庸
「橋下徹はテレビがひり出した汚物である」by辺見庸

さすが辺見庸だ。言う時は徹底的に的確に、徹底的に言い尽くす。しかも徹底的に短い言説で。

しかし〈汚物〉は〈ゴロツキ〉よりはましなのだ。〈ゴロツキ〉は暴力をふるうが、〈汚物〉は暴力をふるわない。そばにいると不愉快なだけだ。

しかしその〈汚物〉と〈ゴロツキ〉が一緒になると、これは大変。〈汚物〉が暴力をふるうのだから、これはたまらない。

自分の国さえ強くなれば、という今の世界の趨勢はいったいいつまで続くのだろう。自分の国だけ強くなっても、この徹底したグローバル社会においてはまたたく間に均されてしまうというのに。

この趨勢が終わらない限り、どこの国も〈汚物〉や〈ゴロツキ〉が政治家として幅を利かすのだろうな。

人類の歴史上、おそらく何番目かの最悪な時代がこれから始まろうとしている。
右翼のゴロツキ
フランスの極右政治家として世界的に名高いジャン=マリー・ル・ペンは、ナチスのユダヤ人虐殺を「第2次大戦史の末梢事」だと述べた。

かたや日本の極右政治家として世界的に名高い石原慎太郎は、エー、いろんなことを述べてまして、ちょっと整理します。

「男は80、90歳でも生殖能力があるけれど、女は閉経してしまったら子供を生む能力はない。そんな人間が、きんさん・ぎんさんの年まで生きてるってのは、地球にとって非常に悪しき弊害。」

「ああいう人ってのは人格あるのかね。」
(重い障害のある人たちの治療にあたる病院を視察した際の記者会見で発言)

「強制したことはない。ああいう貧しい時代には日本人だろうと韓国人だろうと売春は非常に利益のある商売で、貧しい人は決して嫌々でなしに、あの商売を選んだ。」
(旧日本軍の従軍慰安婦問題について)

「予告して自殺するバカはいない。やるならさっさとやれっていうの。大体甘ったれというか。こらえ性がないだけでなく、ファイティングスピリットがないと、一生どこへ行ってもいじめられるんじゃないの。」
(いじめが原因で「自殺する」との手紙が文部科学省に届いた問題についての失言)

「日本は核を持たなきゃだめですよ。持たない限り一人前には絶対扱われない。世界の国際政治を見てご覧なさい。なんだかんだ言いながら、核を持ってる人間は、マージャンでいえば一翻(イーファン)ついてて上がれるけど、マージャンやっている人は分かっている、一翻がついていない人間は絶対に上がれない。日本が生きていく道は軍事政権をつくること。そうでなければ、日本はどこかの属国になる。徴兵制もやったら良い。」

「人間は自分の手で技術を開発し、挫折や失敗があっても、克服することで文明が進化してきた。代案も出さずに原発に反対しているかぎり、センチメントの域を出ない。原発に反対するのはサルと同じだ。」
(反原発の住民投票が集まったことについて聞かれた際の発言)


まだまだまだまだあるんだけど、疲れた。

で、この石原を名指しで英エコノミスト誌は「右翼のゴロツキ」(rogue of the right)と評したそうだが、海外の論評というのは、時に極めて客観的な時がある。
ブログ「世に倦む日日」英エコノミスト誌の石原慎太郎批判 - 「右翼のゴロツキ」

それでこの「右翼のゴロツキ」が都知事を辞めて国政に進出すると今日明言した。辞めるんなら最初から立候補するなよ、なんて「末梢事」は言うまい。東京都の人には悪いが。
日本が今どんな状況に置かれているのかを全く認識していないこの「右翼のゴロツキ」がまさかとは思うが国政を担当するようになったら、間違いなく日本は破滅するのだから。

石原を見ていると、真の愛国者とはどういうものかが自ずと見えてくる。つまり自分の方がよっぽど日本を憂えている愛国者に思えてしまうのだ。決して本意ではないのだが。
このグローバル化した世界において、自分の国だけが強くなっても、あっという間に均されてしまう。そのことにあの中国ですら気付き始めているというのに。