スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
終戦記念日に
終戦記念日というのはあの戦争がやっと終わって、日本にあんな酷い被害が二度と無いように祈る日だと思っていたけど、外国に視点を移せば、やっと日本がアジア侵略を諦めてくれた日で、もう二度とあんな酷い加害を日本がしなくなった日、として重要な日なのだ。けど、たとえば普通、新聞にそんな記事は全く無い。

新聞は、あの戦争で一般の日本人がいかに酷い被害があったかをひたすら書く。日本人にとってあの戦争はいまだに自らが被害者なのだ。加害者であってはならないわけで。日清日露と負け知らずで不敗神話が世論として出来上がっていたところに軍部が乗っかっただけなのに。真の加害者は我々一般日本人のはずだろう。

自らが加害者なのだ、と認識することではじめて、真の不戦への誓いへと結びつくはずだ。被害者意識だけではいつまでたっても他人のせいにしているばかりで、「平和」もいつまでたっても他人頼りで、他人に頼っている以上、その他人はいくらでもその「平和」を様々な認識で解釈しようとする。「平和」が他人任せである以上、その他人はその様々な解釈をいくらでも押しつけてくるだろう。

しかし日本人だけでなく、人間というものは加害者意識を絶対に持とうとはしない。自分が悪いとは思いたくないのだ、自嘲以外には。せめて昔の日本人がやったことなのだから、昔の日本人全体があの戦争の加害者だったのだという歴史認識ぐらいは持ちましょうよ。そう歴史を教えましょうよ。それぐらいはできるはずだ。今の日本人がやったわけではない、という但し書きで。

スポンサーサイト
日本は「先進国」に成れるのか
国際社会が非難しているのは、日本が昔、強制連行を行ったことそのことではない。今現在、昔あったことを否定しようとするそのあさましい性根である。どこの国も戦争では残酷なことをやったわけで、それはもう仕方ないことで、しかし先進国ならどこもそれを認めてきたことだろう。これを認めて初めて尊敬され憧れの対象となる「先進国」に成れるのである。しかし今のように歴史修正主義者がのさばる状態が続く限り、その「先進国」には絶対に成れないだろう。そんなもん別にいいじゃないか、という人もいるだろうけど、これだけ大国になると様々な義務が生じてくる。日本のようなこれだけの大国が「先進国」に敢えて成らない、というのは国際社会の秩序に参加しないという表明以外の何ものでもない。歴史修正主義が主流である限り、いくら科学技術が世界最先端で、文化芸術も世界中から尊敬されてても、金さえ儲ければいいという中国と同じレベルに堕ちてしまう。世界は日本に「先進国」として十分期待しているのである。非難はその証だと思いたい。
なかにし礼「平和の申し子たちへ!泣きながら抵抗を始めよう」
集団的自衛権の行使容認に抗議 なかにし礼さんが詩「平和の申し子たちへ!泣きながら抵抗を始めよう」

集団的自衛権の行使容認に抗議の声を上げようと、作詞家のなかにし礼氏が詩を朗読した。これが大変な反響らしく、ぼくも読んで感動したけど、本来こういう問題は感動するとかしないとかではなく、冷静に論理的に話し合うべきことだと思う。

なのに、人間の最も弱い情緒に訴えてくることで、結果、反対意見を全く拒絶してしまっている。改憲も含めてこの問題にはっきりとした答えをぼくは用意できていない。にもかかわらず、一方的な意見だけが正義であるかのような単なるヒステリックな情緒に与するわけにはいかない。

戦争をしないのが一番だと、ぼくも当然思っている。だがそれで済まない時はどうすればよいのか、答えが出ないのだ。一方的に外国から攻めてこられることを覚悟で反対しているとはとても思えない。こちらが戦争しなければ相手が起こす戦争でこちらは殺されるだけかもしれないわけで。

原発の問題もそうだが、ヒステリックに情緒を振り回すだけの反対運動にはうんざりである。代替エネルギーのめどが立たないまま単純に反対はできないだろう。原発が無いのが一番いいのは僕ももちろん思っている。だが、原発を全部廃炉にして日本の国家財政が破綻した場合の覚悟はできているのだろうか。だからこの問題に対しても僕は答えを用意できていない。

それに対して従軍慰安婦の問題は歴史の問題なのだから、答えは一つである。強制があったのかなかったのか。じつは議論の余地はない。過去何があったのかがすべてなのだから。これから何が起こるのかではなく。なのにこれは議論しようとするわけだ。全くばかばかしい。史実は一つだというのに。史実を逃げずに検証すればいいだけだろう。

戦争も原発もない方向で、じゃ、どうすればよいのかという冷静な議論ができる空気ではないのはどうも間違いないようだ。全てが情緒的に流されていくのをじっと見ているしかないのだろうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。