反対票の書き方
「反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対反対」って20ぐらい枠の中に「反対」て書いたらあかんの?20人分の反対票になれへん?

なるか、そんなもん。下手したら無効やで。

そしたら投票用紙いっぱいに「反対」て書いたら?

はみ出したら無効やろ。普通に書け普通に「反対」て。

妻は大阪市分割に目いっぱい反対だということを表現したいだけなんだが、どうか普通に書いてほしい。
スポンサーサイト
反知性主義
東浩紀氏のツイッターより

反知性主義には2つあって、「歴史なんて学びたくない、直観でモノ言うぜ」が反知性的主義なのは言うまでもないけど、「おれの学問が絶対、同じ語彙で話さないやつは無知」と条件反射的に返すのも反知性主義であって、本当の知性は、なぜここで言葉がすれ違うのか考えるものだと思います。


歴史を科学だと思ってないのはもちろん反知性主義の代表だろうけど、自分の考え方思想信条がこの世界の絶対正義、だと思ってそれを周囲に押し付けるのも、同じレベルの反知性主義だよなぁ。
こういう人、僕の周りにも多いわ。決して悪い人じゃないんだけどね。人はいいんだけど、人にはいろんな考え方あるのをわかってないし、世界が多様性に満ちている、ということもまるでわかってない。こういう人と話してると疲れるし、酔ってると、十中八九喧嘩になる。だからなるべく話さないようにしている。
罪と罰
「人が過去を忘れても、過去は決して人を忘れない。」魔王・第10話より

もし罪に対して罰があるのだとしたら、今の日本は罰を受けている真っ最中だ。
なのに、歴史修正主義者たちはその罰から逃れようとさらなる歴史修正を繰り返し、繰り返すことによって、さらなる罪を重ね、さらなる罰を受けることになる。永遠に終わらない。

僕も日本人として、所詮過去のことなのだし、もういい加減、罰から逃れたい。だからもういい加減、歴史修正主義はやめてほしい。歴史は人文科学という科学なのだから、林檎の実が自然に下から上に行くことはないのだから、絶対に。