スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
二枚舌だからどこでも舐めてあげる   江里昭彦
LITERA : 慰安婦日韓合意でネトウヨが「安倍、死ね」の大合唱! でも安倍の謝罪は二枚舌、歴史修正主義はさらに進行する


・ 二枚舌だからどこでも舐めてあげる     江里昭彦 

口語による前衛俳句の数少ない成功例だと思う。
まさに今の安倍首相の意志を見事に言い表しているだろう。
この俳句はこの時のためにあったんじゃないか、とさえ思ってしまう。


スポンサーサイト
ブリテンのクリスマスキャロル


当方、クリスマスには何の興味もないが、こういう曲がイヴに流れていたら悪い気はしない。
ベンジャミン・ブリテンのクリスマスキャロル。
少年少女合唱が静寧の極み。7分過ぎたころからすごいことになる。
作曲は1942年。第二次世界大戦の最中。イギリス人ブリテンの平和への願いが伝わってくる。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。