在日朝鮮人 歴史と現在 (岩波新書)
在日朝鮮人 歴史と現在 (岩波新書)

なんとなく知った気でいたつもりが何もわかっていなかったことを思い知らされる。これまで断片的に読んだり見聞きしたりしていた「点」が「線」につながる感じ。すっきりする。

明治以降の移民、戦時中の強制連行、戦後の占領軍と共産党との関係、南北朝鮮分断、帰国か日本人として生きるか、朝鮮人学校、日本人の謝罪意識とナショナリズムの台頭、パチンコ産業、ニューカマーによるコリアンタウン活性化、参政権、などなど。ただ、各団体や個人名など煩雑でわかりにくい面もあった。関係図などあったらもっとわかりやすかったが。

特に留意したのは、昭和19年より始まった、完全な強制徴用による朝鮮人の来日。日本人男性の多くが徴兵で戦地に赴く中、国内産業の空洞化を補う形で有無を言わせず朝鮮半島から100万人以上だろうか、炭鉱や工場など劣悪な強制労働に強制的に駆り出された。これからわかるように、当時の朝鮮人は日本人が困った時の補完要員として日本人がいいように考えていたいわば奴隷だったのだ。このノリから従軍慰安婦も日本人を慰安婦にするのは抵抗が激しかったから、その補完として朝鮮人に乗り換えた、ということがよくわかる。徴用と違って、仕事の内容から、完全な強制というわけにもいかず、従軍看護婦だとか兵隊さんの身の回りの世話だとか言って嘘をついて連れてったのだ。だから慰安婦問題だけでなく、当時の朝鮮人は日本人にとって当たり前のように奴隷扱いだったことを理解しなければいけない。当時の日本人はおそらくこのことになんの疑問も感じていなかったのだろうということも。こういった当時の人々の感情に根差した歴史認識が重要なのだ。

あと目から鱗だったのは、在日朝鮮人韓国人の中で、故郷への帰郷か日本へ帰化しての同化か、という二者択一的なものから、1980年代以降、日本に定住しつつも同化はせず朝鮮民族としてのアイデンティティは守る。つまり在日朝鮮人韓国人としての帰属、できれば在日〈統一コリアン〉としての帰属という第3の道を選ぶということ。そういう道を選ぶ人が多くなってきたということは新しい知見だった。
とにかく、日本人ももちろん多様化しているこの現代において、在日朝鮮人韓国人も価値観は多様化していることは間違いない。だから一律にくくらないことなのだろう。一人一人違ってて当たり前なのだ。

「どうせ国境なんかだれかの落書きだろう」とジニが言ったように、僕も落書きだと思うし、それぐらいでちょうどいいとは思う。だが困ったことに民族は頑固に存在する。思うに民族の違いとは背負ってる歴史の違いなのではないか。そのお互いの歴史を理解しあうということ。それがお互いの民族を理解しあうということに繋がる。そしてその上で「どうせ国境なんかだれかの落書きだろう」とつぶやいてみたい。
在日朝鮮人韓国人がそのための柔らかな接着剤のような存在になればいいと僕はこの本を読んで思った。
スポンサーサイト
人口減のスピードを緩めるための少子化対策
毎日新聞:社説 歴史の転機 人口減少 深刻な危機が国を襲う

世界的には人口爆発で大問題なのに先進国だけ少子化対策することは自分勝手な話だとずっと前から思っていたが、これを読んで考え方が少し変わった。

人口減は「地球にやさしく経済成長を目標としない社会の到来を歓迎する意見もあるが、問題なのは減少のスピードといびつな年齢構成である。100年間で3分の1にまでなる急激なしぼみ方は社会に深刻な影響をもたらすだろう。」
そして特に社会保障制度に深刻な影響をもたらすらしい。

要は、減少のスピードが問題なのであって人口減自体はやはり歓迎すべきことなのだ。現象のスピードを緩めるための少子化対策は必要なのだと思い到った。

でも個人的にはこんな無理な世の中に自分の子供を送り出すことには罪の意識すら感じる。たとえ今自分が若くても子供は産まないだろうな、と卑怯かもしれないが心底思ってしまう。
慰安婦像の意義
毎日新聞:日本政府、駐韓大使ら一時帰国…少女像設置に対抗

慰安婦像は本来日本に抗議するためのものではなく、朝鮮民族にとっての民族の傷みの歴史を民族で共有していこうという試みでしかないはずだ。だからそれに対して加害国である日本が、その隣人の思いをどれだけ共有できるかが問われる。

だから慰安婦像に目くじらを立てるということは最初から痛みを共有するつもりはさらさらない、ということをはっきり言っているにすぎない。それだと隣人との協力ははなからできないだろう。
南スーダン
ハフィントンポスト:2017年に世界がもっと関心を持つべき、3つの人道危機

ハフポスが挙げる「2017年に世界がもっと関心を持つべき、3つの人道危機」地域に南スーダンが挙がっている。
つまり「暴力が女性や子供たちに深刻な影響を与えている」わけだ。女性はレイプされ、子供達は深刻な食糧不足と命の危機に直面している。
そんな中、日本の自衛隊が援助隊員として派遣されているわけだが、これはもう至難の仕事だろう。彼らの仕事から、日本の大変さと世界の大変さは全く次元が違うのだということをメディアを通じて我々日本人は知ることとなるはずなのだが、あまりそういうことは報じられずに、日本の戦争参加を非難するリベラル側の報道が多い。つまり現地の人の人道危機はあまり報じられずに、日本人の若者が命を落とすかもしれないという危機ばかりクローズアップされる。
これはまさに、第二次世界大戦で、日本の兵隊の大変さばかり取り上げて、中国やアジアの戦争被害者を忘れてしまっている構図とそっくりだ。
日本人は保守だけでなく、リベラルまでも日本人の命にしか興味がないのだろうか。この閉鎖的なナショナリズムには辟易するしかない。日本人全体が偏狭なナショナリストだ。
日本人は外国人の命はどうでもいいのだろうか。もし日本の自衛隊が派遣されなければ、代わりに欧米のどこかの国の若者が派遣されるに違いない。それはいいのだろうか。それは文句言わずに日本人が派遣された時だけ文句を言うという。僕はこの感覚が未だに理解できない。これを言うと、おまえが行ってこいよ、と言われる。僕のようなへろへろの年寄りが行ってなんの役に立つというのか。年寄りは安全保障に何も言う権利がないというのだろうか。それこそ議論させないための卑怯な言い方じゃないかと思うのだ。

世界の安全保障は世界中の人が一致団結して行わなければ成立しない。日本にとってその端緒となるのが南スーダンなのだと僕は思っている。