こういうときこそ餃子を食べよう
といういことで大阪は上六ハイハイタウンの南海飯店に行って来ました。ここは餃子で有名。
(参照)
中国産毒入り餃子事件があったので、さぞやガラガラだろうと思いきや、超満員。並ぶはめに。10分ほど並んだあと、カウンター席に座ったら、目の前で餃子の皮包み作業。それを見つつ待つこと10分。焼きたてのアツアツの餃子が出てきた。ここはちょっと一個が大ぶり。

う、う、うまい!

なんでこんなにおいしいんだ、と思いながらも、あっという間に平らげてしまった。じつは先週も来ていて、同じ餃子を食べたのだが、確かにおいしかったんだけど、ここまではおいしくなかった。妻は餃子の皮包みをする人が今日はベテランのおじさんで、ふわっと上手に包んでた、だからじゃない、という主婦らしい意見。一方ぼくはあの事件があったので、特に味を意識して、いつもよりおいしくして、この餃子騒ぎを吹っ飛ばそう、としたんじゃないか、と。結局僕の意見がもっともらしく二人納得して帰ってきました。いやー幸せでした。餃子だけでこんなに幸せになれること自体おどろきです。
きっと全国の餃子自慢の店は今、いつもよりいっそうおいしいんじゃないかと思ってみたりもする。

こういうときこそ餃子です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック