日本の少数民族
チベット問題をきっかけに、前から興味があった中国の少数民族のことをネットで調べていると、日本の少数民族というのが出てきた。アイヌと琉球以外あったかなぁ、と見ていると、ヴィルタとニヴフ、という聞きなれない民族名が飛び込んできた。両方とも樺太の先住民族で、ヴィルタの場合、樺太がソ連領になってから日本に協力した民族として多くが追放になり、北海道(主に網走市)に強制移住させられたそうだ。ニヴフの場合はその多くが今もロシア領内に住むが、一部はやはり北海道(主に網走市)に強制移住させられたそうである。
知らんかった。全く知らんかった。世の中まだまだ知らないことが山ほどありそうだ。

で、その後彼らはどうなったんだろう。日本民族に吸収させられたのかな。アイヌのように。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック