『新彗星』創刊
僕が所属する未来短歌会、加藤治郎選歌欄「彗星集」のメンバーが中心となって短歌同人誌『新彗星』が創刊されました。

鈴木博太さん、高田祥さん、西巻真さん、宮野友和さん、杉森多佳子さん、そして加藤治郎さん、ありがとうございました。本屋さんにも売ってるんじゃないかと見まがうばかりのすばらしい冊子です。でも本屋さんには売ってません。以下のブログで販売されています。
『新彗星』のブログ(←click)

この創刊号は笹井宏之さんの大特集です。
・笹井宏之『ひとさらい』を読む 西村旦/斉藤真伸 
・鼎談「わたしたちの向かう場所」 野口あや子 × 澤美晴 × 笹井宏之
・新作20首 「昏睡動物」 笹井宏之
などなど、その他メンバーの文章や新作短歌が盛りだくさん。各々がそれぞれ得意技を披露してノビノビとその翼を広げております。読みごたえ十分です。

新彗星という名がおそらくメンバーの中で一番似合いそうにない僕ですが、隅のほうで評論を書かせてもらってます。「口語韻律の可能性」という韻律論です。一生懸命書きました。

『新彗星』はどこへ向かうのか。その向かう場所こそが現代短歌の向かう場所なのでは、と少しヒロイックな気分に浸ったりもしております。

感想などお寄せくだされば幸いです。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック