なあ、雪穂
今頃になって、2年前のドラマ「白夜行」を見た。最近は下手な小説や映画よりTVドラマのほうが面白かったりする。これはその際たるものかもしれない。今まで見たドラマで一番面白かった。原作は東野圭吾だが、原作とはずいぶんと違うらしい。どうも脚本家とぼくの好みが一致したようだ。

このドラマは究極の純愛である。どうも最近はこの純愛に弱い体質だということに気がついてしまった。もうけどこれ以上の純愛はないだろうな、おそらく。
11歳のときにお互いの親を殺してしまった男女が、その罪を隠すためお互いのために嘘に嘘を重ね、悪事に悪事を重ねていく人生。売春、強姦、死体損壊、カード詐欺、そしてさらなる殺人。太陽の下を歩けない人生。でもお互いがお互いの太陽であろうとした。深い絆で結ばれた究極の純愛。白夜行。

主演の山田孝之のファンになった。さびしそうに笑うところがたまらない。その彼の雪穂(綾瀬はるか)へ語りかけるモノローグがとても印象的だった。
(なぜか台本のようなものがある)
以下ここからの抜粋コピペ。

「11歳の時、俺たちは出会った。俺は雪穂を守るため、父親を殺した。その俺を庇うため、雪穂は母親を殺した。俺たちは、その罪を隠すため、他人でいることを約束し、別れた。だけど、7年後、俺たちは再会し、いつの日かもう一度、二人で太陽の下を歩くことを約束した。それは、罪に罪を重ねて、生きていく方法しかなかったんだ。」

「なぁ、雪穂。月の裏側には、一筋の光もなかったよ。ひとかけらの優しさも、ぬくもりも、美しさもなかった。だけど、なぁ、雪穂。俺を傷つけて去ることが、あなたのやり方だったこと、いつの日も変わらない、あなたの優しさだったこと、あのむちゃくちゃなわがままだって、一度でいいから幸せな子供のように甘やかされたかっただけなんだって、今なら・・・ちゃんとわかるんだけどな・・・。」

「なぁ、雪穂。白夜ってさ、奪われた夜なのかな。与えられた昼なのかな。夜を昼だと見せかける太陽は、悪意なのか、善意なのか。そんなことを考えた。いずれにしろ・・・俺はもう嫌気がついていたんだ。昼とも夜ともつかない世界を歩き続けることに。」

「あなたは俺の太陽だった。白夜に浮かぶ太陽だった。俺の・・・たった一つの救いだった。」

「なあ、雪穂。俺たちは醜かった。誰もが目をそむけるほど醜かった。だからこそ、誰もが突き放すその醜さを、お互いに抱きしめようと決めたんだ。」


なあ、雪穂。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
白夜行
はじめまして。
私は白夜行は小説から入ったのですが、
原作とだいぶ違う、というより原作は2人のことを客観的に書いてるんですよ。
だから、その時2人がどう感じているのか、というのは読み手にはわからないんです。まるで作者から『想像してみろ』と挑戦されてるような感じです(笑

ドラマを見たあと、小説を読んでみると
また深く考えさせられますよ~!
時間が許すのであれば、ゼヒゼヒ。
2008/06/21(土) 18:39:16 | URL | 佐倉 #-[ 編集]
はじめまして、佐倉さん。
いやー、それがもう読んでるんです、原作を。半分ぐらいまで読みました。
二人の会話が全くないのもこれも面白いですね。謎めいていて。
原作の方も完全にはまってしまいました。
2008/06/23(月) 00:54:22 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック