スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
名古屋だぎゃ
てことで短歌の聖地、名古屋にやってきました。ほぼ20年ぶりの名古屋だけど、初めてのような感じ。
鶴橋から近鉄アーバンライナーに乗って2時間。名古屋駅に到着。新大阪周りで新幹線で行くより楽で安い。時間は同じぐらいだし。しおみさんはバスで来たらしい。その手もあったのか。

まずはお昼ごはん。やっぱり名古屋来たらきしめん食べなきゃ。名駅テルミナの松阪屋7F「吉田きしめん」で天丼とのセットを注文。これが大変美味。幸せでした。これだけで名古屋に来た甲斐があったというもの。

さて会場の愛知芸術文化センターへ。これがどえりゃあ建物で、12階建ての吹き抜けがとても贅沢に取ってあって、開放感抜群で美しい内装でした。これを大阪の橋下府知事が見れば、たぶん怒り出すに違いない。「いったいこの吹き抜けに何の意味があるんだ!」てな具合に。そしてきっと泣き出す。「府民の血税をいったいなんだと思ってるんだ!君たちはこの吹き抜けを作るために血税を使ったんだぞ!」そして最終的には民間に売却だー、間違いない。それにしても栄のあたりは道路や建物に余裕があってゆったりとしている。トヨタのお膝元、って感じ。大阪はすべてに余裕がないです、ほんと。いいところだ名古屋は。

加藤治郎さんの第7歌集『雨の日の回顧展』批評会が12階のセミナー室で17名が集まり開催。杉森多佳子さんのプロデュース、荻原裕幸さんの司会、ぼくと歌崎功恵さんがレポーター。歌崎さんはレポーター初体験ということで殊勝に緊張してます、なんて言ってたが、全く緊張感なし。堂々としたもの。何度もやっているぼくの方が、少し緊張してしまい8割ぐらいしか言えなかった。情けない。
内容としては、歌崎さんが「部屋」をキーワードにぼくが「暴力性」「脱近代」をキーワードに説明。詳しいことは『新彗星2号』に載るらしいのでまた後ほど。
懇親会で荻原さんも言ってたけど、レポーターとパネラーは違うのね。パネラーは報告のあとパネラー同士議論するわけだけど、レポーターは報告したらそれで終わり。司会の荻原さんのまとめ方が僕からすればいちいちずれている印象があったので、発言したかったのだけど、遠慮しました。活発な議論よりも、全員に発言してもらうのが先だし。
芸術様式としての「近代」と社会としての「近代」をだれも区別してくれなかったような気がして、これは僕があまり言わなかったからですね。ちゃんと説明しないと。

あと気がついたのは僕自身のことで。この間からおかしい。ずっとなにかにいらいらしていて、会の間中、貧乏ゆすりをずっとしていたような気がする。この間の歌会でも突然怒り出したりしたし、おかしい絶対。僕もなにかの病気だろうか。最近病気の人がまわりに多いので。とにかくこういう精神の病は、自分がどういう状態なのか把握することが絶対必要で、これを病識というらしいんだけど、でもなかなか本人を前にして言えないのね。こちらは専門の精神科医でもないわけで。僕はたいしたことないと思うんだけど、なにか気がついたら言ってください、遠慮なく。要するに単に暑さのせいなのかもしれないんだけど。(笑)

懇親会は栄のBlossaというところにある「豆家茶寮」。これもゆったりとした部屋でくつろげました。創作料理風のこれも美味でした。著者の加藤治郎さんも交えて歓談。しかし何喋ったかほとんど覚えてない!これもおかしい。というかこれは単に記憶力がなくなったという年齢的なもの。でも酒席でのことはネットには書かない、というエチケットを守る点でも忘れたほうがいいのかも。だからどなたか改名したいということもここでは書きません。

二次会行きたかったんだけど、電車の時間があって、遠慮してしまった。残念。
秋月さんが持ってきたのはオリンパスのパンケーキレンズじゃなくてリコーのスクウェアのやつ。電波タワーを夜景としてきれいに撮ってました。

帰りのアーバンライナーは行きよりきつかった。頭痛くて少し吐きそうで、2時間がとても長く感じました。でも帰りにと用意した穂村弘さんの『短歌の友人』を1時間ほど読めたので、なんとかよかったです。でも遠方へ行く時はとことん飲んでその日は泊まる、というのがどうも性にあっているみたいで。

しかし帰ってから気がついたんだけど、名古屋行って名古屋弁全く聞かなかった。荻原さんと治郎さんにリクエストして名古屋弁で喋ってもらえばよかった。気がつかなかったなぁ、残念。そうしたら、どえりゃあいい思い出になったのに。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。