スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
柴咲コウ
最近日記の更新が速い。毎日、あるいは一日2回があったりする。どうしたんだろう。

今日、NHKで柴咲コウのライブをやっていた。舞台裏とかやっていて、この女性がその容貌とは全く反して、純粋で傷つきやすいよくいる今風の感受性の強い女の子だということがわかった。自分の曲の作詞をほとんど手がけていて、時にこんなおっさんでもその言葉に心を打たれることがある。

たとえばドラマ「白夜行」の主題歌「影」から
youtubeのPV

「僕は今どこにいるのだろう」
そんな立ち位置など
たいして興味はない
対になる棘たち
頼りなど はじめから
持ち合わせていない

(中略)

壊れかけてた 夢を繋ぎ
今日を無事に終わろう
君を取り囲んで
唯一の糧にする

なかなかいいんだこれが。もちろんメロディーと相まって言葉の効果が上がってるわけで、言葉だけでは薄っぺらかもしれないが。今の壊れかけている世界の実相が、頼りない言葉でしかし確実に言い表されている。

前の僕の日記の続きで言うと、これは明らかに旧OSなわけで、というかもっと古いOSだろうけど。それでも何か心を打つものがある。詩は人の心を打たなければ意味がない。もちろんそれは一般に通じやすい言葉を使っているからだろうけど。

永井祐を代表とする新しいOSの歌が、僕の心には届いてこない。それはもちろん「退屈なのは舞台のせいか自分のせいか」なわけで、僕自身が鈍感なだけかもしれないが。

しかし一度、OSが変わる前の直前の、白鳥の歌のような心に残る歌に出会ってみたいものだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。