短歌OSは本当に変わったか
また短歌OSの話の続きだが、穂村弘の話をあまり真に受けてはいけない、と思い直し、書いている。彼も本当に変わった、とか思ってるわけではなく、そう考えたら若い歌人の短歌に少しでもアプローチできるのでは、という若い歌人に対する応援であるだろう、まず。

それとは別に、ニューウェイヴが起こったときは単なるヴァージョンアップだったと言い、今度のはOSそのものの変化だというのは、確かにそうだ、と最初は思ったけど、それは穂村自身もニューウェイブの担い手として、前衛からニューウェイブへもちろん難なくついていったわけで、だからそんなに言うほどたいした変化じゃなかったんだ、と自分の中ではなるわけで、今度のはひょっとしたら穂村自身がついていってないから、OSの変化のように感じたのでは、とも思えてくる。考え直したらやはり前衛からニューウェイヴに移ったときこそ、OSの変化だったのかもしれない。

穂村が新OSの担い手を何人か挙げているが、その中で肝心の一人を忘れていた。笹井宏之だ。
笹井の短歌は穂村が言うとおり、完全に詩人の短歌だ。こういった二物衝撃的な俳句短歌を作る人はたくさんいて、僕もそういった環境で俳句短歌をやってきたせいか、笹井の短歌には難なくすっと入れた。それは言葉と言葉の意外な配合がごく自然にセンスよく行われているからだ。これは簡単なようで意外に難しい。それと笹井自身の個性に魅了された、というのもある。確かに今までの短歌とは微妙に土壌が違う印象はあるし、その土壌が永井祐らと近いのは感じるが、永井と違って笹井の短歌にはごく近しい馴染み深いものを感じる。ああ、自分と同じ世界にいる、という馴染み深さだ。それはたとえOSが変わったのだとしても、最初のほんの少しのためらいさえ通過すれば、僕からすればなんでもないありふれた世界なのである。だから僕としては笹井の短歌を見る限りOSが変わったとはとても思えない。永井祐なら、そうかな、と思ってしまう、なじみが全く無いので。

それよりやはり前衛からニューウェイヴにいたるときの変化のほうが大きいように思える。
たとえば、塚本邦雄→加藤治郎→笹井宏之、という変化を見る限り、最初の矢印の変化のほうがよほど大きいように感じる。それは文語から口語への変化だから、というだけではすまされない変化のような気がするのだ。

実際、ニューウェイブ短歌を一切拒絶する歌人で、笹井宏之は大好き、と言っていた人がいたぐらいだ。その人は塚本、岡井、魚村のファンでもある。もっとも、斉藤斎藤を嫌ってはいたが。

斉藤斎藤、笹井宏之、中田有里、永井祐、宇都宮敦、とこの新しいOSと言われる代表的な若い歌人の中で、僕にとってはっきり異質なのは、永井祐、宇都宮敦の二人だけである。この二人だけがOSが変わったと言われれば、ああそうかな、と納得してしまうのだ

今度の(穂村の言う)新OSの歌人に対する旧世代の拒否反応より、ニューウェイブに対するそれの旧世代の拒否反応のほうがより大きかったような気がするのだ。

OSが変わったのかどうか、結論は結局出なかったけど、もっとこの二人を読んでからですね、読む気しないんだけど。
ま、そんなに簡単な問題ではないわけで、でも面白い問題ですね。

しかし、時代は確実に移っていくなぁ、という感慨をはっきり感じて、自分が歳いったなぁ、と思ってしまいます、こういったことばかり考えていると。時代は繰り返すんですね、様相は少し違えども。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック