スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
ハリケーンと台風
 ハリケーン「カトリーナ」の被害が凄まじい。様々な意味で、このことは、我々日本人にとって他人事ではないわけで、いろいろなことを思った。

 「カトリーナ」の上陸時の勢力は約910ヘクトパスカル、瞬間最大風速70m~80mということで、台風慣れした我々日本人でもこれはあまりに猛烈である。昨今の台風は上陸時おそらく930ヘクトパスカルぐらいがせいぜいだったと思うのだ。それではハリケーンは台風より一段大きな現象なのだろうか。言葉が違うし、語感からなんとなくハリケーンのほうが強烈なイメージがあるが、もちろん両者は同じものだ。東アジアに近づくのが台風で、北米大陸に近づくのがハリケーンである。(そしてこれらを総称して気象用語でトロピカルサイクロンと言うらしい)何を今さら当たり前のことを、とお思いだろうが、考えていくといくつか違う点があるようだ。まず太平洋のほうがカリブ海やメキシコ湾より大きいので、潜在エネルギーも大きく台風のほうが大きくなりやすい、ということが考えられる。じゃぁなぜ?15年ほど前も、たしか900ヘクトパスカルを割る凄まじいハリケーン「アンドリュー」があったし、この考え方はおかしいかもしれない。逆にカリブ海、メキシコ湾のほうが北緯10度から30度の熱帯、亜熱帯気候という熱い地域で閉じているので、寒流が入り込みにくく海水温が上がりやすいのじゃないか。そのせいでハリケーンのほうが大きくなりやすいという考え方もある。どっちかは僕にはわからないのだが、間違いなく違うのは上陸時の緯度だ。今回「カトリーナ」が上陸したニューオーリンズは北緯30度、日本でいうと屋久島の少し南方、いつもハリケーンに悩まされるフロリダ半島は北緯25度、台湾と同じだ。上陸する緯度が北緯25度~30度で、つまりハリケーンの場合は被害をもたらす上陸時に勢力があまり衰えていない。それに対して台風の場合、日本列島の太平洋側は北緯31~35度だからあれでハリケーンに比べるとかなり勢力が衰えて本土上陸となるのである。まずこの理由で、被害はハリケーンのほうが大きくなるのではないだろうか。日本はここら辺が少しまだ救われているように思える。もちろん奄美、沖縄、石垣島、台湾の人は大変である。温暖化で年々台風が大きくなってきているので、政府も本土ばかりではなく南西諸島のことを本腰で考えないと今に大変なことになると思うのだ。 
 もちろんハリケーンや台風は昔からあったが、さっきも言ったように、地球全体の温暖化で、年々勢力が大きくなってきているのは間違いない。温暖化で海水面の温度が必ず上昇する。こういったトロピカルサイクロンは海水面からエネルギーを吸収して成長する。だから海水面温度がこれからも上がれば台風などの勢力は間違いなく増すだろう。熱エネルギーが運動エネルギーに変わる、いわゆるエネルギー保存則という奴である。

 フィジカルなことは以上です。あとはソシアルなこと。

 この地球全体の温暖化にもっとも貢献しているのはもちろんアメリカである。世界人口のたった5%の人口で、この地球で消費されている内の40%の天然資源を消費し尽す。京都議定書も全く意に介さない現世界の最大の勝者であり、最大の消費者だ。地球に優しいものを消費することが特に環境にいいわけではない。それは少しいいだけで、一番いいのは消費そのものをしないことだ。環境大国ドイツなどではここまで自身を追い詰めているが、アメリカでは、どう消費を変えたら環境に対する負荷が少なくなるか、なんてことすら考えようともしない。ただ考えていることは大統領以下、どうやったらもっと効率よくこの世界から搾取できるか、そしてたくさん消費してもっと経済を伸ばせるか、ただそのことだけである。今でも実に大らかに消費を謳歌する国民性だ。まるで大らかであることが人間にとっての最大の美徳であるかのように。確かに今度の「カトリーナ」は甚大な被害をアメリカにもたらした。多くの人が亡くなるだろう。だからこういう言い方が不謹慎であることは十分わかっている。でもあえて言いたい。今度のハリケーン被害は自業自得だと。或いは因果応報とでも言おうか。少なくともアメリカはそう考えるべきだ。そして温暖化が進めば、さらにハリケーンは威力を増すのである。世界経済に対する影響も全く計り知れない。アメリカ一国だけの話ではない。

 さて日本は世界第2位の経済大国である。ただアメリカと違って、ものを粗末にすることを嫌う国民性が今でも残っているはずだ。そう信じたい。だが環境に対する負荷もやはり世界第2位だろう。もし因果応報があり得るのなら、もちろん次は間違いなく日本である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TB有難うございます。
アメリカは限りない資源は潤沢に!という感じで、まさに湯水のように資源を消費しています。
駐米生活で肌で感じましたが、この国には勿体無い、という言葉の概念はないですね。
2005/09/04(日) 22:57:13 | URL | mac #-[ 編集]
コメントありがとうございます。
かなり言いにくいことをあえて言いました。僕にいう権利はないのを重々わかってです。でもアメリカはそう自覚するべきでしょう。確かに言われるとおり、勿体無い、という概念はないようです。日本はもっとこの「勿体無い」を誇りにして、世界中に流通させるべきだと思います。
2005/09/04(日) 23:15:37 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
TBありがとうございました。

日本にも強力な台風が接近してます。温暖化の影響を肌で感じるまでになったという事を認識して、生活していく時代になったんですね。
2005/09/05(月) 16:14:24 | URL | さすらいの用心坊 #-[ 編集]
さすらいの用心棒さん、コメントありがとうございます。
台風14号もすごそうです。くれぐれもご用心を。
2005/09/05(月) 20:38:17 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
TBどうもです。
ヨーロッパは環境問題の基準値を軽くクリアーしているのにもかかわらず
日本はまだまだ環境水準が低く
アメリカは京都議定書離脱等で
利益優先で動いています。

中国も今急激な開発で洪水などの
被害を喰らっています。

日本だけじゃなくて全世界的に
頑張らないとまずい時代なんですね。

2005/09/05(月) 20:40:09 | URL | JAI-YA #-[ 編集]
JAI-YAさん、コメントありがとうございます。
おっしゃるとおり、今環境問題はもうすでに世界中で凄まじいことになっています。特に中国はこれから逆に水不足が相当深刻化するのではないでしょうか。
確かに一人一人がどれだけ自覚するか、という問題ですね。アメリカ大統領がどうというより、まずアメリカ市民一人一人でしょう。そしてもちろん我々も。

しかしお若いのに博識で驚きます。とにかく日記の量のすごいこと!
2005/09/05(月) 21:00:27 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
西訪旅遊にTBありがとうございます。
私は昨年末のスマトラ沖地震の現場に居合わせましたがあれほどの混乱はありませんでした。
アメリカの今回の対応を見ていると、これが日本が崇拝し続けてきた国なのかと不安を感じずにはいられません。
2005/09/05(月) 23:09:57 | URL | のっち #qOWB8fHs[ 編集]
西訪旅遊さん、コメントありがとうございます。
スマトラ沖地震に居合わせたとか。それは大変だったと思います。僕は何も実際に見たわけではないので、あまり言う権利はありませんが、想像するに、今回の「カトリーナ」とは比較にならなかったのではないでしょうか。
あんな巨大地震による津波はそうそう起こるものではありません。温暖化とか人為的なこととは一切関係ないからです。あれこそ自然の摂理で人間にはもうどうすることもできないのだと思います。阪神大震災しかりです。
でもハリケーンや台風などの被害はほとんど人為的なものと思ってよいでしょう。これら自然災害を一緒くたにしては問題解決の糸口が何も見えてこないことになります。
2005/09/06(火) 00:06:06 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
 TBありがとうございました。
 環境問題からの視点はとても重要だと感じています。 これを契機に世界の目が少しは環境に向けられればと願って已みません。
 これからもよろしくお願いいたします。
2005/09/07(水) 08:52:48 | URL | taejunomics #-[ 編集]
taejunomicsさん、コメントありがとうございます。
確かに環境問題からの視点はとても重要なんですが、大変難しいです。人類の平和と自然環境の平和は折り合わないのですね。考えれば考えるほど不条理の蟻地獄に引きずりこまれていくばかりです。正直この問題を考えるのはもう疲れているのですが、考えねばなりません。それが我々一人一人の義務でしょうから。実は何よりも最も重要な問題だからです。そのためにはまず環境哲学をどうするか。まだ全く整備されてないですし一般化もされていません。でももう哲学なんぞを考えている時間はないのかもしれませんが。

こちらこそこれからもよろしくお願いします。鋭い批評眼とその博識に打たれました。時々覗いて勉強させていただきます。
2005/09/07(水) 20:37:48 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
TBありがとうございます。
環境問題というのは、目に見えた成果が得にくく、中長期的視点が必要となるため、国益中心で動く国際社会では合意が得にくい問題と感じてます。
今回のことで、アメリカが世界全体のことを考え、環境問題への意識を高めてくれることを期待してます。
よくも悪くもアメリカが動かなければ世界は動きませんから…
2005/09/09(金) 05:19:43 | URL | まちゃみ #j4/x.wxE[ 編集]
まちゃみさん、コメントありがとうございます。

>よくも悪くもアメリカが動かなければ世界は動きませんから…

全くおっしゃるとおりです。大きな代償を払った甲斐があったでしょうか。
でもそれでも動かなかったら・・・・、つまり京都議定書を振り返らなかったら。
我々はアメリカ抜きで世界を考えなければならなくなるかもしれません。それは大変困難なことです。
2005/09/09(金) 21:01:11 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/09/11(日) 18:05:42 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
米国のハリケーン被害。まずは被災者の方にはお見舞いを申し上げます。とは言え、今回の被害の惨状、特に暴動や略奪、遅れる救援などを見ると、本当にこれが米国でのリアルな状況なのか?とすら思ってしまいます。街中を武装した州兵が警備するなど、まるで戒厳令。内....
2005/09/04(日) 22:53:37 | MAC'S GADGET
米南部ルイジアナ、ミシシッピ州などを襲った大型ハリケーン「カトリーナ」による被害は31日も拡大、死者は数千人に上る可能性が出ている。推計が正しければ、1900年にテキサス州を襲ったハリケーン(死者6000~1万2000人)に次ぐ規模。ブッシュ米大統領は同
2005/09/04(日) 23:06:40 | zaraの当方見聞録
米国南部を襲ったハリケーン「カトリーヌ」ですが、米国史上最悪の大災害の状況を呈しています。現在当局が把握している死者は120名との事ですが、市のほとんどが水没したニューオーリンズでは、家屋の水没により相当数の死者が想定される状況です。数千人規模での死者となる
2005/09/05(月) 07:44:07 | だんなの屋根裏部屋
[米の事故、事件] ハリケーン「家も家族も失った」 何日も着のみ着のまま - goo ニュースハリケーン「カトリーナ」の残したつめあとがニュースで日本にも伝えられています。 日本も台風の進路に入っているときは、大雨による土砂崩れや建物の浸水などの被害がでます。 しか
2005/09/05(月) 13:56:32 | さすらいの用心坊日記
アメリカ南部を襲ったハリケーン「カトリーナ」ではルイジアナ州やミシシッピ州で被害が拡大。一部では数千人が死亡したとの情報もあり、ブッシュ大統領が「アメリカ史上最悪の自然被害」と表現したほどです。映像に見る被災地の状況を見てどこかで見たことある
2005/09/05(月) 21:29:09 | 新「とっつあん通信」
 「因果応報」という言葉を不謹慎にも思い出してしまった記事です。世界最大の温室効果ガス排出国であるアメリカが、地球温暖化による影響をもろに受けてしまったということでしょうか。これを「二酸化炭素始めとする温室効果ガスを大量に消費し、他国のことや将来のことを
2005/09/05(月) 21:29:58 | 三途の川の手前より2
アメリカのハリケーン・カトリーナの被害は想像以上に大きくて驚いている。今回の災害は大型台風と大津波が一緒に来たような大災害という感じか?1ヶ月ほど前にも、地球温暖化との関係を指摘するニュースがあった。今年はハリケーンの当たり年=温暖化で狂暴化 -時...
2005/09/07(水) 02:30:42 | ニュースな日々
>「(原爆が投下された)六十年前のヒロシマのようだ」。http://www.tokyo-np.co.jp/00/tokuho/20050903/mng_____tokuho__000.shtml(東京新聞)先月末に襲った大型ハリケーン「カトリーナ」による被害を目の当たりにした米ミシシッピ州知事は、こう感想を漏らしたそうな。
2005/09/07(水) 03:23:47 | ?ŷ?
死者が現時点で数千人に達している、カトリーナの被害。 日を経るごとに、事態の深刻さと、政府の無責任が、確かな証拠たちをもって明るみになってきている。 救援につくや否や
2005/09/07(水) 08:55:06 | Taejunomics
9月2日のNew York Times に記事が載っている。 気鋭の経済学者クルーグマンの、猛威を振るったカトリーナの被害に関する論説だ。 アジア通貨危機の研究をしていた大学生時代、この
2005/09/07(水) 08:55:14 | Taejunomics
2005/9/13  筑紫哲也NEWS23 日朝間で続いている交流
2005/09/14(水) 10:21:13 | テレビ番組録画日記
Nice to meet you.      このぺーじも、みなさんのコメントやトラックバックにより、   必要に応じて記事内容を更新してゆきます。   なお、トラックバック送信に何らかの誤りが生じた場合、   とっとと削除してください。           
2005/12/03(土) 21:28:00 | ”Mind Resolve”
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。