スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日本の難点③嫌米派
昨日、一昨日の続きだが、ここは反論しなければ、と思い直し、再び「社会の包摂性」つまり「場」の喪失、について述べる。

宮台真司は、「場」の喪失、つまり、お茶の間や井戸端、一杯飲み屋などの人々の共通の「場」(あとこれに付け加えるなら「親戚」という場もある)、つまり社会へと直接つながる前の中間の「場」が、80年代から失われつつあった、ということ、これが「社会の包摂性」を失う原因になったということ、この中間の「場」の喪失が、アメリカの日本に対する内政干渉が起因している、と述べていた。少しはそれがあったのかどうかは知らないが、そんなことよりもっと他のことがずっと大きな原因として考えられるだろう。

つまり当時の若い人が、今の若い人ももちろんそうだが、その中間の「場」を望まなかったことが第一に起因しているはずだ。彼らはそれらを「シガラミ」を言って極度に毛嫌いした。ではなぜその毛嫌いが起こったか。それは宮台も言うとおり、情報化が起因している。それはインターネットが普及するはるか以前から、マスコミなどがこの世界の様々な情報を流し、それらすべてが、中間の「場」を通り越した、向こうの世界の情報だったから、彼らはそれに飛びついたし、マスコミもそれら情報を如何にフレンドリーに流すかに腐心した。それによって、中間の「場」を通さずとも、様々な情報が得られ、それで満足でき、それら中間の「場」は不用になっていった。不用になった、中間の「場」、は単なる「シガラミ」でしかなくなったのだ。だから不用になった中間の「場」から彼らは徐々に距離をとり始めた。ただそれだけのことなのである。

人間というものは、遠くへ行きたい、多くのことを知りたい、という欲望が古代からあって、20世紀後半から起こった情報革命はその欲望に見事にマッチしたわけで、それは人間本来が生まれつき持つ「欲望」に他ならない。だからそれを止めることはできないわけで、何の役にも立たない「シガラミ」に戻るわけにはもう行かないのだ。そんなことが極めて政治的に過ぎなかったアメリカの内政干渉とはほとんど関係ないだろう。

宮台は結局、嫌米派にすぎないのでは。嫌米派は僕の近くにも結構いるが、彼らはいろいろなことにケチをつけて、できるだけアメリカを悪者にしようと必死である。アメリカさえ悪者にしてしまえば、こちらが悪いわけではなく、たとえば日本はもっと慎ましい人種で、アメリカさえなければ、日本人はもっと幸福だったに違いない、という論理。それはたとえば尾崎豊などの世界で、僕ら子供は本当はもっとすばらしいはずなのに、大人たちがそれをスポイルして僕ら子供を不幸にしてしまっている。確かに一理あるだろうけど、それはあくまで子供の言い分だ。成熟した大人の言うことではない。そしてこの嫌米派も結局は「排除の構造」なのである。何か自分が嫌いなもの(この場合はアメリカ)を排除すればその分安心できる、という構図だ。

確かにアメリカの資本主義が世界中を席巻し世界中を荒んだものにした。しかしそれらの何もかもがアメリカが起因しているとは思わないし、それらは結局すべて人々が自分の欲望に忠実だっただけだとも言えるし。資本主義はアメリカの欲望だけでなく、この世界すべての欲望でもあったわけで、グローバリズムの本当の意味はそこにあるのだということ、それを認識しないことには、このグローバリズムに真向かうことはできないだろう。

しかし、嫌米派という地点に宮台はあえてコミットメントしたのだろうか。そういう流れなのかな、この本は。なにしろ宮台をはじめて読むので、空気が読めない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。