キモイ
若い人と話す機会、というのがなかなかないせいか、今日20代の歌人たちと飲んでて、びっくりしたことがあった。

ある男性がその女性のことをとてもよくわかる、と言って、その女性はその男性のことを、「それってキモイのね」と言ったもんだから、その男性のことを嫌ってるんだ、と思ったら、違った。彼女が言うには「キモイ」というのは愛情表現なのだと、愛情があるから言えるわけで、なんかこいつキモイ、となるんだそうだ。これにはびっくりした。天を仰いだ。若者言葉というのは知らない間にいくらでも変化する。「ヤバイ」というのが褒め言葉なのと、同列だろうか。「ヤバイ」にもいい意味と悪い意味の二種類があるように、「キモイ」にも本来の悪い意味もあるそうだ。わかるような気はしたけど。

別れ際に彼女は「細見さんてキモイ」と言って握手を求めてきた。あ、僕に好感があるんだ、と思って気持ちよく握手したけど。。。

一人になって、なんかだまされたような気がしたぞ。(笑)
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック