反省しない
ある飲み会で、ぼくと同年代の男性がこんなジョークらしきことを言っていた。

「・・・・その点僕はひどいやつでね、まず反省しない。そして○○しない、○○しない」

指を三つ折り、そしてガハハハと笑い飛ばした。僕もつられてアハハハと笑ったけどそのときは僕にとって意味不明。あとの二つが何だったのか思い出せないのだけど、で、後になって、その「反省しない」の意味がわかった。

「反省しない」には意味が三つある。

① あとで反省するようなことを言わないやらない。
② 反省していても回りに反省しているようなそぶりは絶対に見せない。
③ 何があっても実際に反省しない。


①は大変難しい。僕には無理。何も言えなくなる。
②は僕の場合、これは努力してやらないと。いい歳していつまでも反省してます、じゃかっこ悪いし。若い人ならかまわないけど。麻生太郎なんかはあれだけ反省に値すること言ってて、全く反省のそぶりがなかったもの。あれはあれですごい。
③は単なる厚顔無恥のセクハラおやじ。でもこのほうが楽かも。

もっとも、①と③はかなり近いときがあるけど。


こっちが鈍いせいか、この男性の言うことはいつもあとになって、ハハーンとわかることがある。あとの二つは何を言ってたのかなぁ。すごい深いことかもしれないし、全く意味のないことかもしれない。


でも本当にかっこいいのは、50,60すぎて上に立つ人で、

「昨日のあれは僕反省してるね、やっぱりちょっとまずかったよ」

とか言って、さまになる人。そしてそののりで部下を統率できる人かな。これはちょっといないと思う。どうしてもいい歳して反省を言えば部下に示しがつかないと思うわけで。

鳩山新首相なんかは言いそうだけどね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック