ミスターおっちゃん
狭い信号の向こうに変なおっさんがよく通る声で何かアナウンスするように言っているなぁ、と思って、大阪は変なのが多いので別になんともないのだけど、目だけは合わせないでおこう、と思い、車が全く来てないので、その信号を赤なのに渡ろうとしたら、そのおっさんが

「子供が必ず見てますからね、赤信号は必ず止まりましょう」

とまるでアナウンサーのように言うもんだから、えっ、と思わず止まり、そのおっさんとおもわず目が合ってしまった。

「ありがとう」

いえどうも、と口ごもり、早く青になんないかな、こんなおっさんの相手したくない、と信号を見ていたら、そのおっさん

「ありがとう、わたし、ミスターおっちゃん、またテレビでますんで、みてください」

とぼくに、にこっと会釈。ぼくも、にこっと会釈。わけわからん。わけわからんけど、赤信号は必ず止まりましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック