糞尿をしない犬
今日、近所を歩いていたら、犬の散歩をしている人が、突如周囲をキョロキョロ見たかと思うと、その犬がその場にしゃがんでおしっこをするのだ。そこで突然思いついた。将来、遺伝子工学が発達したら、きっと糞尿をしない犬が発明されるに違いない。技術的にどうやって開発するのかは考えなかったけど、なんの根拠もなく実現可能だと確信してしまった。糞尿をさせる側もされる側も困っているのだから、こんな犬がいたらみんな飛びつくだろうし。
おそらく糞尿を違う形で(つまりきれいな形で)排泄させることが可能だと思うのだ。どんな形であれ、とにかく体内の不用なものを体外に排泄させればいいのだから。

帰る道々、あまり長生きはしたくないなぁ、と思った。

あるいは人間もそうなるかもしれない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック