北朝鮮の中国化
北朝鮮問題は日本人ならだれもがやきもきしながら、どうにかならんか、と気に病んでいるに違いない。

今日、池上彰の番組を見ていて、ふっと今まで全く気がつかなかったことを思いついた。これは池上彰が言ったわけではなくて、この人のわかりやすい説明から思いついたのだけど。

中国は、北朝鮮をアメリカ圏の国(この場合は韓国)との緩衝地帯として重要視していると、これは知っていた。ロシアもそうだとは知らなかったけど。つまり中国はアメリカ圏の国と国境を接するのをひどく恐れるのだと。だから中国は北朝鮮が今のままでいるのがベストなのだと。そうだろうなたしかに。しかし、北朝鮮があまりバカなことをやりだしたらそうも言ってられない。

そうだろう、ここまでが池上彰の説明、ここからが僕の発想。

完全に北朝鮮はもう、無茶苦茶な政治をやりだした。このままなら、米韓が攻めてきて、朝鮮半島統一、になるかもしれない。これだけは中国は絶対に避けたいはずだ。ならそうなる前にどうするか。北朝鮮を中国化すればいいわけだ。属国として、チベットのように。

これはありうる。金正日を説得して、中国に政権を渡すようにすればいいわけだ。戦争をせずに。今の北朝鮮の経済状況ならありえる。これは案外名案かも。すごいぞ、俺。

でも、こんなこと気がついていなかったのは僕だけで、みんな知ってて、水面下でもう進んでいるのではないか、と思い、ググったら、やっぱりあった。

youtube映像①

youtube映像②

青木直人という中国専門のジャーナリストの映像。2008年とちょっと古いが、状況はよくわかる。もうすでに北朝鮮には華僑がはいっていて、経済的に特権階級を形成しているそうだ。その華僑から,つまり内部から中国化していくのが中国の常套手段らしい。血を流さずに相手を併呑する手法とのこと。金正日が死ぬのを待って、本格的な属国化の行動を起こすとか。しかしこれは2年前の状況で、今の状況なら、中国も待ってられないかもしれない。上海万博が終わったら、何かあるかも。

もしそうなるのなら、米韓は大反対するだろう。日本も中国の肥大化をどう見ればいいのか。しかし、世界全体としては明るいこととして受け入れられるだろう。だって暗黒の北朝鮮が解放されるのだから。しかも血を流さずに。きっとその時の中国の主席はこの功績でノーベル平和賞だってありえる。そして間違いなく拉致問題は解決だ。中国は世界中の称賛を浴びるために絶対にこの拉致問題を解決させるに違いない。

朝鮮半島統一は、血を流さずにはありえない。それを思えば、こっちのほうがいいのかも。中国肥大化の脅威は今よりもさらに増幅されることになるのだけど。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック