スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
二流民族としてのナショナリズム
あの太平洋戦争での圧倒的な敗戦のあと、日本人は自分が日本人であることに、心のどこかで恥じてきた一面があった。勢い、知識人や感受性の強い人たちの間では

日本脱出したし 皇帝ペンギンも皇帝ペンギン飼育係も 
塚本邦雄「日本人霊歌」
(昭和33年)

のような気持ちがあったとしても、あながち大げさなものではなかっただろう。そんな無理やり押さえつけられていた日本人としてのナショナリズムがここ数年だろうか、特に今年に入ってからのあの中国での激しい反日運動をただ呆然と眺めるよりほかなかった我々のなかに、沸々と首をもたげてきたような気配を感じずにはいられない。今度の小泉首相の私人としての靖国参拝に対して、賛成が過半数を超えたような状況は、かつてからは考えられず、如実にそのことを物語っているような気がする。ブログを眺め渡してみても、私的参拝なら仕方ないんじゃないか、と憲法の信教の自由を楯にとって言っているように思える人が多数占めるがその内実は、あの国旗を焼く人たちの非人間的な眼を思いやるにつけ、自分の内にナショナリズムへのはっきりとした傾斜があるのは否めないだろう。ナショナリズムとナショナリズムの鬩(せめ)ぎ合いが始まったのだ。

日独伊三国同盟を締結させたあとあのヒトラーは、東洋人というのは二流民族だと、吐きすてるように言ったとのことだ。ゲルマン民族に過剰な誇りを持っていた彼ならではの差別的な言動だろうが、かつてナショナリズムとナショナリズムの鬩ぎ合いを嫌というほど経験してきたヨーロッパ人にとってみれば、そこまでの経験のない我々東洋人はある意味確かに民族としては二流だったかもしれない。儒教精神が行き渡った東アジアでは、寄らば大樹の蔭的な風潮がどの民族にもあっただろうから、それぞれの民族の自立精神がヨーロッパに比べて薄いのは仕方がなく、あの秦の始皇帝が広大で複雑な戦国時代を統一できたのも、その精神のおかげと言っても決して言い過ぎではないはずだ。民族の自立心の強いヨーロッパ人なら、どんなに強大でも一つの民族がヨーロッパ全土を統一するというのはありえない話である。また未だにチェチェン問題などの民族問題で揺れるロシアを尻目に、中国は自国内の民族問題をかなり卑劣にだが、的確に片付けてきている。これも寄らば大樹の蔭だろうと僕は思うのだ。その中で地理的に微妙に離れているとは言え、中国に吸収されそうでされなかった朝鮮民族はこれは立派だと心底思う。日本は別である。地理的に十分に離れているから大丈夫だっただけだ。

今やっとこのナショナリズムの鬩ぎ合いが始まった東アジアは、ヨーロッパで言うならさしずめ中世だろうか。これから長い道のりを経て、EUというヨーロッパ経済共同体なるものが出来上がるのである。EUは一朝一夕に出来たのでは決してない。熾烈極まる複雑なナショナリズムの鬩ぎ合いの果てにやっと今日成り立ったのだ。ナショナリズムの鬩ぎ合いがあったからこそ、お互いが相手の民族の痛みも誇りも理解できたのである。東アジア共同体なるものを作ろうなんていう人がいるが、こんな寝ぼけたことが何故言えるのか僕には到底理解できない。
これから東アジアはこのナショナリズムの鬩ぎ合いを始めるのだろう。役者は主に三つの民族。二つに分かれたとはいえ、すでにこの鬩ぎ合いを隣国中国との間でさんざん繰り広げてきた経験豊富な朝鮮民族。そして得体の知れない大国、中国。もう一つはもちろんこういったことにはほとんど経験の無い、トッチャン坊や、我らが日本である。

日本はとにかくまず靖国という不利なカードを捨てることだ。でないと最初から相当なハンディを背負ってこの鬩ぎ合いに参加することになるだけだろう。特に日本は四方を海に囲まれ、ナショナリズムとしては過保護に育てられてきただけに、そうでなくてもハンディはあるのだ。言っておくが世界中の国々と外交を重ねることと、隣国や周辺の国々とナショナリズムの鬩ぎ合いをするのとでは全く意味が違う。また周辺の国を支配的に治めていただけではナショナリズムの鬩ぎ合いは経験できない。つまりこの鬩ぎ合いの経験がほとんどないまま、日本はあの太平洋戦争で突然世界デビューしたわけである。これはかなり特殊な民族じゃないだろうか。他の国は、この隣国とのナショナリズムの鬩ぎ合いというステージを経てそれから世界各国との外交というステージに到っているはずだからだ。民族の歴史にはそれぞれステージがあるはずなのだ。日本は何か重要なステージをすっ飛ばしているような気がしてならない。

とにかくまず靖国を捨てることだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ほっとします
TBありがとうございました。広い視野と洞察の深さ、その反対の議論が多い中、ほっとします。長文が苦手なもんで、2件かえさせてください。
2005/10/27(木) 10:11:03 | URL | ましま #-[ 編集]
ましまさま、貴ブログ拝見しました。こちらも同意見あり新発見あり、感動しております。ありがとうございました。
2005/10/27(木) 21:30:42 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
誤りを指摘させていただきます。
>吸収されそうでされなかった朝鮮
中国の冊封体制に組み込まれ、年四回(のち減らされる)の朝貢をする服属国であっただけです。
朝鮮という国号も、明国に決めてもらった国号です。

>日本はあの太平洋戦争で突然世界デビュー

貴方の学んだ教科書には日清戦争・日露戦争は書いてなかったのですか?

私見。
ナショナリズムの鬩ぎあいとおっしゃりますが、なんで日本が相手の低レベルな反日ナショナリズムにあわせなければならないのか理解に苦しみます。

ちなみに、韓国は「国立顕忠院」を立てて慰霊していますが、そっちはよくて、靖国はダメなのですか?
2005/12/08(木) 11:14:54 | URL | PAL #A5HC3oHk[ 編集]
>貴方の学んだ教科書には日清戦争・日露戦争は書いてなかったのですか?

両戦争で日本は世界中にその名を馳せましたが、日本自身はそのつもりはなかったはずです。自身を守るのに必死だっただけかあるいは隣国に攻め入っただけで、気がついたら注目されていただけです。本当に世界に打って出るつもりで起こした戦争は「太平洋戦争」が最初ではないでしょうか。

>ナショナリズムの鬩ぎあいとおっしゃりますが、なんで日本が相手の低レベルな反日ナショナリズムにあわせなければならないのか理解に苦しみます。

どのナショナリズムも本来低レベルなものを含みます。日本も中国も韓国も然りです。そういう低レベルなものをひっくるめて鬩ぎ合いが必要なのではないでしょうか。日本は相手の醜いナショナリズムの性(さが)にひるんでしまって靖国に逃げ込んでいるだけです。まるで親離れの出来ない坊やがいじめられて母親の元に逃げ込んでいるように思えませんか? でもその坊やは学校の先生(アメリカ)の言うことはよく聞くいい子なのです。でも近所の悪がきどもとは対等にものが言えないのです。日本とはそういう情けない面があるのではないでしょうか。もうちょっと自立してほしいな。

>ちなみに、韓国は「国立顕忠院」を立てて慰霊していますが、そっちはよくて、靖国はダメなのですか?

これも同じ問題だと思いますが、靖国を奉ずる国家が何も言えないでしょう。韓国は日本に侵略していませんが日本は韓国に侵略して長期間統治までしているのですから。
2005/12/08(木) 20:38:01 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
靖国参拝問題で私が共感したブログ記事のいくつかを紹介する。■ マーケットの馬車馬: 「靖国」カードが消える日外交交渉のカードはたくさんあるように見えて、使うコストを考慮に入れるとほとんどが使用不能になる。一方、「過去の侵略に対する謝罪と反省を迫る」カードは
2005/10/27(木) 00:22:58 | 玄倉川の岸辺
 一昨日、「日本人の先祖」と題し、中国、韓国を蔑視する風潮を批判したが、両国の民
2005/10/27(木) 10:12:57 | 反戦老年委員会
この本を読んで、長いあいだ喉に刺さっていた骨がとれたようなそんな気分だ。 これま...
2005/10/27(木) 11:03:01 | とく
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。