社会への寄付とは
ソフトバンクの孫正義社長が個人で100億円の寄付。おおー、ついに、と感激した。

毎日jp「東日本大震災:ソフトバンク孫氏 個人で義援金100億円」

企業が利益をあげる、ということは既存の社会から薄く広くさらっていく、ということ。それはその社会がしっかり存在していたからそれだけ儲かったのだ。経営者の手腕だけで儲かったわけでは決してない。ならばその社会が危機に瀕した場合、社会のおかげで儲けた分を社会に還元するのが正しいやり方。孫社長は当然のことを清くやったまで。他の儲かっている社長も同じようなことをまずやるべき。復興には20兆円いるんだから。こういう時こそ社会に還元するのが義務というものだろう。


「追記」
ただ、もっといけるだろう、という気はするけど。
個人資産6000億らしいから、1000億ぐらいは。

あと、ユニクロと楽天。
他にもいっぱいいる。

日本の資産家一覧
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック