「私の心の中の朝鮮学校」日本語版出版記念イベントin大阪
野樹かずみさんに誘われて、会場である在日大韓基督教大阪教会に行ってきました。民族主義的なことがあまり好きでないので気が乗らなかったのだけど、バッハの無伴奏チェロ組曲の演奏が演目にあり、それが聞きたかったのと詩人の河津聖恵さんの朗読。それと会場が歩いて15分のところにあり、ほんとすぐ着いてびっくり。仕事終わって夕飯済ませてちょっと歩いていくのにちょうどよかった。

肝心のバッハは、チェロ奏者の任キョンアさんが足を骨折されたとかで少し不調でしたが、他の演奏は素晴らしく、特にスライドに映しだされる絵の制作過程を見ながらの彼女の即興演奏は圧巻でした。シューマンもよかったし。チャンセナプ(オーボエのような管楽器)とピアノとの三重奏も聴きごたえがありました。

「私の心の中の朝鮮学校」という本は朝鮮学校の子供たちの絵に韓国の俳優クォン・ヘヒョさんが文章をつけている。その文章の一部を在日コリアンの詩人、許玉汝さんが原語のハングルで、河津さんが今回翻訳された日本語訳で交互に朗読していく。

聞いてて思ったことは、僕自身が在日コリアンの世界を何も知らなかったことだ。特に、彼らの位置づけをほとんど考えたことが無かったことに気がついた。彼らは朝鮮半島の北でも南でもない統一コリアに根ざしていて、しかもこの日本に在る。このことは喧嘩ばかりして仲が悪いことでたぶん世界中に有名なこの三国の拠り所となる位置に彼らは自ずといることになるだろう。在日コリアンの社会こそ、北東アジアの要となる社会なのではないのか。我々日本人は日本人であることを考えるのと同時に彼らの存在にも思いを寄せなければならないだろう。北東アジアの住人としてもっと意識しないといけないと思う。なんとか彼らを頼りにこの三国が交流して行ければと願う。今日はこれがわかっただけでも行ってよかった。領土問題でガタガタしている昨今、日本人として自分の立ち位置がわからなくなっていた矢先、何か救われたような気になった。

しかし、行きも帰りも教会の入り口のところで、在特会が一人でがなってたのはとても不愉快だった。日章旗と旭日旗をはためかせながら。でもたった一人で完全アウェーなのだからご苦労なことだけど。

明日は神戸で歌会。岩尾淳子さんの歌集批評会である。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック