美しい話ではない
 ジェイコム株誤発注事件で、そのどさくさに紛れて、多くの証券会社が巨額の利益を得た。そのことに対して与謝野馨金融担当相が、「法律上は確かに取引が成立しているが、誤発注を認識しながら間隙を縫って、(証券会社の)自己売買部門で取得するのは美しい話ではない」と指摘した。この発言に誰もが、株取引に美しいも美しくないもあるかよ!と突っ込んだに違いない。ぼくも突っ込んだ。この野郎本当に与謝野晶子の孫なのか、と。こういう言葉に対する美意識やセンスは遺伝しないんだな、とまで思った。だが、この発言があったおかげと言ってよいだろう、多くの証券会社が利益を返上すると言い出したのだから。結果よければすべて良し、とは思わないが、とりあえずこの国の良心はなんとか保たれた格好だ。そこで、というわけではないが、この与謝野大臣の「美しい話ではない」発言を一度吟味してみようと思った。
 どこかの新聞が、この事件と比べて、ホリエモンや村上ファンドも「違法ではないものの、美しいとはいえない」と書いていたが、それとこれとは話が全く違うだろう。彼らの方を持つ気は毛頭ないが、彼らはこの資本主義社会にゲリラ的かつ強圧的だが真正面から挑んでいるのである。火事場泥棒と一緒にするのはいくらなんでも失礼な話だ。思うに証券会社とは株取引を公平に円滑に進めることによってこの資本主義社会を適正に隆盛を図るべく構築していくのがまず役目だろう。その過程で儲けるのはどんどん儲けられたらよい。だがそういった社会を管理する側が、蜜が漏れているからといって、その蜜にたかってどうするのだ、というところだろうか。蜜を掃除してきれいにしないといくらでも蟻がたかってくるわけで、おまえらがたかってどうするんだ、収拾できないではないか、と。金融相の立場から見れば、この証券市場は、人類が経済を自立的に発展させた上に自然に出来上がった美しい構築物に見えるのだろう。お金がうごめくからと言って美しくないわけではない。経済学から見ればお金は単なるツールのひとつに過ぎないわけで、汚いものでは決してない。その美しい構築物を、それを管理する側の証券会社が汚したのだ。たまりかねて「美しい話ではない」という発言になったのだろうか。それと「美しい話ではない」という言い方は「美しくない話である」と言うよりはるかに効果があるだろう。そう思うと、やっぱりさすが晶子の孫かなと思わなくもない。あっぱれあっぱれ、と思いたくもなるが、まぁ結局どうでもいい話ではある。

 今度の事件で肝心なことはもっと別にあるような気がする。それはシステム全体の問題だ。
 今日も日経平均株価は16,000円の大台をうかがおうかという勢いである。バブル再燃はもう間違いないだろう。かつてのバブル景気のときは今のようなシステムではなかった。証券市場と証券会社は今と同じようにオンラインで結ばれていただろう。しかし一般のトレーダーはいちいち証券会社に電話してどの銘柄をいくつ売るとか買うとか言わないと売買が成立しなかったはずだ。それが今は家にいながらにしてクリックひとつで瞬時に取引が成立する。今度の事件もだからこそ起こったのである。つまり無数のトレーダーと証券市場が証券会社を通じて直結しているようなものだ。だから莫大な取引量が一瞬にして成立する。証券市場はできる限り多くの取引量を円滑にスピーディーにするべく日々努力を怠らない。東証は昼間働いている人向けに、夜間も取引をすると言っている。莫大な取引が日毎増えていき、それがますますスピードアップしていく、技術革新と共に。
 思うにまず一つ、それだけの取引をシステムがすべてまかなえるのか。それはきっとハードウェア、ソフトウェアの向上が解決するのだろう。今度の事件もバグの一つとして処理されるに違いない。だがシステムアップすればするほど思いもよらないバグが発生することはある。それが致命傷にならなければよいが、という憂い、これがまずある。
 それともう一つ、かつてのようなバブルはいくらなんでもないだろうが、ある程度のバブル景気はありえるだろう。そうなったとき、個人のデイトレーダーやプロのトレーダーがオンライン上に在って、システムと一緒になって暴走しないか、という危惧である。つまり通常のバブルの上にシステム上のバブルがありはしないか、という危惧だ。これはもしあったとしてもバグではおそらくないだろう。だから気がついても直しようがないのだ。つまり現状の株取引システムというのは、コンピューター上のフィジカルなシステムと、蜜にたかる蟻という習性を持つ人のメンタルなシステムの二つが合わさった巨大なシステムではないだろうか。インターネットの普及がその合体を可能にさせたのだ。今度の事件がまず最初に現れたその顕著な例のような気がする。暴走しかかったがあの程度で済んだのである。これは今後もっと大規模なことが起こるかもしれないという警告と取るべきではないのだろうか。僕個人の杞憂にすぎないのであればこれは本当に安心なのだが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日、アマゾンから新しい本を買いました。そして今日届きました。どんな本かといいますと???株に関する本です。村上ファンドでおなじみの村上世彰さんの「私の挑戦」と「オニールの空売り練習帖」です。本屋さんで立ち読みしたのですがけっこう良い本でしたので・・。で
2005/12/24(土) 20:49:48 | アイディア1つで億万長者!
 カネとヒマがなければ、株はできない。 カネがある人はヒマがない。 ヒマがある人はカネがない。 私のようにカネもヒマもない人もいる。 証券会社の人は、いーなー。 勤めたくはないけど……。 「わ、しまった!」操作一つで首が飛ぶ  ジェイコム後 始める投資家
2006/01/10(火) 16:36:39 | 時事チップス