「ヘイトスピーチ」国連委が日本政府に改善求める
TBS系(JNN)「ヘイトスピーチ」国連委が日本政府に改善求める

「殺せ」とまで言うのは異常なのだということを世界中が警告している。もう法改正しかないだろう。表現の自由の「自由」が何なのかをちゃんと見極めれば法改正はできるはず。「他人を中傷する自由」は誰にもないのだから。「他人を中傷する自由」が「表現の自由」に入ってくるわけがない。日本における在日朝鮮人へのヘイトスピーチははっきり一線を越えた、ということをだれもが認識しなければならない。

「ヘイトスピーチ」国連委が日本政府に改善求める
TBS系(JNN) 5月22日(水)19時27分配信

 過激な言葉で特定の人種や民族などを憎悪する表現「ヘイトスピーチ」が問題となっていますが、国連の委員会が韓国人の元従軍慰安婦に対するヘイトスピーチを防止するよう日本政府に対して求めていることが分かりました。

 過激な言葉で、中国人や韓国人の排斥を訴えるデモが各地で行われています。「ヘイトスピーチ」と言われるこうしたデモは竹島や尖閣諸島の問題が再燃した去年夏ごろから特に激しさを増してきたといいます。

 「一部の国、民族を排除しようという言動があることは極めて残念なこと」(安倍首相)

 国会でも取り上げられたヘイトスピーチですが、現在日本には言論・表現の自由の観点などから法律での規制はありません。そんな中・・・
 「委員会は日本政府に対し、慰安婦からの搾取についての教育を進め、ヘイトスピーチなど元慰安婦に汚名を着せるような運動を防ぐよう求める」(国連の社会権規約委員会の見解)

 世界の人権問題を監視する国連の社会権規約委員会は17日までにまとめた見解の中で、日本社会の元慰安婦に対する理解の足りなさを指摘し、日本政府に対して元慰安婦を中傷するヘイトスピーチなどを防止するよう求めています。この見解をまとめるための調査は、日本維新の会の橋下共同代表の従軍慰安婦に関する発言よりも前に行われたということです。見解はさらに元慰安婦の経済、社会、文化的な権利や賠償への悪影響を懸念しているとし、日本政府に必要なすべての措置をとることを要請しています。(22日16:21)

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック