橋下市長の弁解
毎日jp:慰安婦発言:橋下氏、誤報と主張 「当時は必要」撤回せず


橋下徹大阪市長がまた弁解しているが、それも海外メディア向けの公式の弁解だということだけど、弁解すればするほど奈落に落ちていくような気がして、かえって痛ましいぐらいだ。どこが誤報なのか、どう読み直しても、本音がズバリ出ているだけで、マスコミはそれを忠実に書いただけなのだが。

まあ、それはいいとして、橋下一人の醜態で終わるのなら、何も言うことはないのだけど、日本人の多くが実はある部分に共感していそうなので、そこのところを書く。

(橋本市長は)従軍慰安婦に関し「日本だけに特有の問題であったかのように日本だけを批判し、日本以外の国々の兵士による女性の尊厳の蹂躙について口を閉ざすのはフェアな態度ではない」と指摘。「世界各国も、戦場の性の問題について、自らの問題として過去を直視してほしい」と主張した。


ここのところだ。
強制連行が日本特有のことなのかどうかは別にすると、確かにそうなのだろう。間違ったことは言っていない。

だが、加害国にこれを言う権利はないのだ。第三国に言ってもらうことであって。これを外交上の礼節、と言うのだろう。この礼節が全くないわけであるこの市長には。なぜなら、他もやってんだから、なんでうちばっかり言われなきゃいけないんだ、と言っている以上、反省を全くしていないことを堂々と海外メディアを通じて言っているのである。こんなに恥ずかしいことはない。

これと同じようなことが、我々の周囲でも言われ続けている。

あの時代は帝国主義時代なのだから、植民地を蹂躙するのは仕方ないことで、当時の世界趨勢なのだから、別に日本が悪いわけではない。いや、むしろ当然のことだったのだ、と本気で述べる日本人のなんと多いことか。僕の周りにもいくらでもいる。

これも同じことで、どんなに正しかろうがこれらは、第三国、あるいは歴史学者が言うべきことであって、加害国には言う権利は一切ない。これを言うことで、全く反省していないことがあからさまになるのだから。恥ずかしいことこの上ないのだ。

今回は橋下一人の妄言ではない。彼を選んだ我々日本人(いや、大阪人か)が言わしめているのである。そのことをよく噛みしめないといけない。彼はやっぱり日本人の多くの意見を代弁しているにすぎない。なぜなら我々日本人は、右傾化以降、あの戦争を何も反省しなくなった。

与党議員の靖国参拝が世界中から非難されているのも、同じ論理で、与党議員が参拝することで、この国の国民はあの戦争を全く反省していないことを、世界中に発信していることに他ならないからだ。

日本という国は、あの戦争を反省することからしか立ちいかないのだ、そこからしか出発できないのだ、ということを、今一度はっきりと認識しなければいけない。これはそんなに難しいことではない。また屈辱的なことでもない。そんなに補償金がいるわけでもないし、領土問題とは切り離された問題なのだし。

領土問題は似ているようで非なる問題だからだ。むしろはっきりとした反省を示せれば、領土問題も有利に展開できる道が自ずと開けてくるはずだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック