スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
憲法改正より先に刑法改正を
ドイツ・オーストリア・フランスでは「ナチスの犯罪」を「否定もしくは矮小化」した者に対して刑事罰が適用される。
Wiki:ホロコースト否認を禁じる法律

ここまで来るとちょっと引くけど、従軍慰安婦問題など、様々な証言から歴史的に間違いない、と確信されていることには適用してもいいような気がする。ドイツがその反省から、ナチスを徹底的に否定するように、日本も旧帝国陸軍の行為をはっきりと否定する方向にしっかり舵を取ってほしい。でないと反省していることにならない。いくら首相や政治家が良い談話を発表しようが。形で示さないと。

またドイツなどでは特定の民族に対する憎悪を煽動するような行為を、刑法(民衆扇動罪第130条)で特に禁止している。
Wiki:ヘイトスピーチ(法的な側面)

つまりヘイトスピーチには刑事罰が処されるのだ。これは当然だろうと思う。ドイツじゃなくてもどこでもこうすべきで。民主化した先進国なら当然でしょう。誰もが不愉快なのだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
在日うざい
2013/08/21(水) 22:38:28 | URL | お前在日だろ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。