スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
日本は「先進国」に成れるのか
国際社会が非難しているのは、日本が昔、強制連行を行ったことそのことではない。今現在、昔あったことを否定しようとするそのあさましい性根である。どこの国も戦争では残酷なことをやったわけで、それはもう仕方ないことで、しかし先進国ならどこもそれを認めてきたことだろう。これを認めて初めて尊敬され憧れの対象となる「先進国」に成れるのである。しかし今のように歴史修正主義者がのさばる状態が続く限り、その「先進国」には絶対に成れないだろう。そんなもん別にいいじゃないか、という人もいるだろうけど、これだけ大国になると様々な義務が生じてくる。日本のようなこれだけの大国が「先進国」に敢えて成らない、というのは国際社会の秩序に参加しないという表明以外の何ものでもない。歴史修正主義が主流である限り、いくら科学技術が世界最先端で、文化芸術も世界中から尊敬されてても、金さえ儲ければいいという中国と同じレベルに堕ちてしまう。世界は日本に「先進国」として十分期待しているのである。非難はその証だと思いたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。