危険で恥ずべき時代に生きる日本人
The Huffington Post Japan:危険で恥ずべき時代に生きる私たち 国連委、人種差別に厳しい見解

世界中で右傾化が激しいが、日本以外の政治家では野党の党首がせいぜいだろう。
ところが日本は与党の党首がどうしようもない右翼なんだから。これは国民の総意ととるより他にない。
大変危険な時代に日本人は生きていると、いい加減認識しないとこれから大変なことになる。
とにかく世界基準の、というか当たり前の人権意識が今の日本人には本当に無いんだ、という信じられないことがこのところずっと以前より高じてきているという、本当に信じられないことなのだ。

日本人は本当に信じられない民族だ。
アジアで日本人が最も上等で他はすべて日本人より下等だと疑わないのだから。
戦前なら仕方ないとはいえこの人権意識が高まった21世紀ではあり得ないし、あっては絶対にいけないし、とてもとても恥ずかしいことなのだし。

ヘイトスピーチはそんな日本人のみの日本基準を反映したものにすぎないんだと、認識しないといけない。
あれをひどいと思う日本人でも、心の底では似たようなことを思っているのだと。
在特会は日本のゴミなんかではなく、日本人を適正に映している鏡なのだと。
自分たちは信じられない民族なのだと、
いい加減認識しないと。

というか、いい加減認識しろよ!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
>日本人は本当に信じられない民族だ。
アジアで日本人が最も上等で他はすべて日本人より下等だと疑わないのだから。

ほんとにどうしてでしょうねぇ。
とりわけ、韓国や中国への蔑視。
領土も文化も歴史も言語も、尊厳も、
つまりは、国ごと盗もうとしたことを忘れたというより、意識すらせず、
日本人だけが優秀な清廉な民族であるかのように自画自讃し、他国を蔑する。
本気でそう思っているから不思議。自分たちの加害、狡猾な強奪の歴史を認識していないんですね。
2014/12/01(月) 07:50:31 | URL | 祥 #-[ 編集]
祥さん、またコメント遅れてしまいました。

問題は特別なナショナリストではなくても普通のおじさんおばさんが普通に中韓を蔑視している、ということです。当たり前のこととして。これに少しでも異を唱えようものならたちまち反日扱いでしょうから。

自分の民族に誇りを持つことは良いことなのですが、その延長上で普通に無意識に排他的になってしまうのは見ていてとても気分が悪くなってきます。

特に朝鮮人に対する蔑視は神宮皇后の東征という作り話が今も根っこにあるのでしょうか。ここのところをどなたか研究されている人がいると思うんですけど。
2014/12/12(金) 21:57:45 | URL | 細見晴一 #-[ 編集]
こんにちは。
歴史に対する無知と屈折したコンプレックスによるものだと思います。
国家と一体化して自己愛をどうにかして満たしたい人の。

世界の中では兄弟のような国なのに、それを絶対に認めない。
何が何でも認めない。
言語道断のことに思っている。

とりわけ韓国に対して劣った国・民族という差別感情がひどいのは、
中国は、誰が見ても地図上でも大国だからそれでも表面で嫌っても、
軽蔑しきれないものをどこかで認めているけれど、朝鮮半島は小さいので、
軽蔑できる。(と思っている)

日本よりも2000年も古い建国の歴史を持つ、
文化的にも、当時は高度は先進国家だった朝鮮の長い歴史の方はスルーして、
植民地時代、奴隷並みに扱った、特に日本国内での、重労働に徴用されたり、
貧民街を形成するしかなかったりの「貧しい朝鮮人」に対するイメージで差別したがる。
士農工商〇〇非人、その下に置いて、国民の中の最下層の人の不満を解消しようとした、そのまんまに。

自分が上だと思いたがる人には、
それが気持ちいいのか、
「馬鹿でも〇〇でも」なんて言葉まである。広く深く洗脳され切ってしまったんでしょうね。その頃。戦後はそれは精神的遺伝子になって残っているような。

神功皇后の三韓征伐のお話も、
戦前の教科書同様、誇張された部分が多く、白村江の戦いのこともあり、南の方に攻め込んだり、早めに講和したり、双方の歴史や文献研究を続けてほしいことの一つですね。

当時は戦いも交流も共に流動的で、
かつ対等の関係が基礎にあったと思え、朝鮮半島の南部分の国とは
親交もあり、時に戦い、時に同盟軍を結び、
日本の天皇家にも后として入っている人もいたり、当時は中国も朝鮮も
日本も、戦さ=軽蔑にはつながらなかった。戦国時代同様、互いに尊厳を認めていた。

現在のような低レベルの憎悪感情が
剥き出しになった関係、(しかも普通のおじさんや普通のおばさんが平気で
ひどいことを言う)のは、やはり近代以来、そして近年のことだと思います。

秀吉の朝鮮征伐は成功しなくてよかった。徳川時代は紳士的で良好な関係だった。)つまりは政権の知性と性格が反映しているような気がする。
それだけじゃないだろうけど。
2014/12/14(日) 13:26:03 | URL | 祥 #-[ 編集]
祥さん、いろいろとありがとうございます。
そうですね、結局そうか、以前の部落差別と同じで自分より下の身分があると安心するというか、そこなのかな。部落差別がほぼなくなったというか一般的ではもうないですから、代替品のような感じで朝鮮人差別が普及しているのでしょうか。
祥さんのご意見で少し見えてきました。これは社会学者もあまり言ってないかも。

それとぼく個人が興味あるのは「任那日本府」ですが、あれは任那(加羅)の豪族が九州北部に侵略して倭国を造り、その残党が任那に残っただけなのでは、と思っています。これにはいろいろな説があって面白いです。古代史は証拠が少なくていろんな学者や素人がいろんな説を言ってもよい分野ですが、現代史は直近なので証言や証拠がいくらでもあり、そのすべてが一つの史実を目指しているわけで。慰安婦が性奴隷であったことは明白ですよね。現代史に諸説は無いと思います。史実は一つです。解釈は色々とあっていいでしょうけど。歴史修正主義はだから世界中から笑われているのでしょう。情けないですね。

朝鮮古代史は面白いのですけど、あまり勉強していません。だめですね。白村江の戦い、を今読んだのですが、う~ん、わからない。これは結構キイかもしれませんね。もっと勉強します。
2014/12/16(火) 22:28:39 | URL | 細見晴一 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック