スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
世界の腐敗度ランキング
Huffington Post Japan:世界の腐敗度ランキング、最悪の国はアフリカとアジアのあの国 日本は?

「腐敗」を、公務員や政治家が「与えられた権限を濫用して私的利益を得ること」と定義している。

日本の腐敗指数は76点で175国中15位とかなり清廉である。この程度で清廉というのが人類という種の現実として受け止めれば、今の日本、いろいろとあるけど、いいんじゃない、という気持ちにもなってくる。もっとも、これから順位が落ちていく可能性もあるけど。

大国の中ではドイツ、イギリス、アメリカと日本は70点台でほぼ横一線。カナダとオーストラリアは80点台前半なので大国の中では最優秀。
小国の中では北欧4カ国全部ととスイス、ニュージーランドが80代後半~90代前半とかなり優秀。小さい国は統治しやすいからね、大国とは単純比較できない。

一方、ロシア、中国、ウクライナ、インド、メキシコが20~30点台とかなり腐敗が進んでいる。
イタリア、トルコ、ブラジルが40点台。フランス、スペイン、ポーランドが60点台、韓国が55点ということと比べれば日本はかなりいい線いってる。こういうことは誇っていいと思う。民度を反映しているだろうから。ただし他国と同じように腐敗が進む可能性もあるということ。

北朝鮮は8点と全175国中最下位。ソマリアと並んで。これは民主主義が全くないということでこれもまた単純比較できないが、深刻だわ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。