イルミネーションと原発
ぼくは人工的なのがどうも嫌いらしい。
桜や紅葉のライトアップとか。なぜ夜にまで鑑賞しなきゃいけないのか、テレビで見るたびにいつも思う。自然光で見ればいいでしょ。

なかでも特に電飾は大嫌い。イルミネーションなど。一般の住宅で皓々と輝いてる家あるけど近所迷惑じゃないのかな。壮大なイルミネーションやプロジェクション・マッピング等をテレビで見ていると、暗澹たる気持ちになる。いったいフクシマはなんだったのか。

御堂筋のイルミネーションは壮大でびっくりするほど美しかったです。でも是が非でも見たいとは思わないし、必要なものだとは絶対に思わない。大阪経済の発展のためとはいえ、他の方法を考えるべきだと思う。

発電するのにどれだけの苦労があるか。考えた事ない人が多すぎる。原発を止めるとなると、今のところ火力発電に頼るしかなく、つまり膨大な石油を燃やす。これは有毒ガスを発生するし、あのPM2.5は石炭だけではない石油もだ。それに火力発電は何より二酸化炭素という地球温暖化物質を大量に発生させる。一方、原発は二酸化炭素を全く発生しない。その代わり、放射能という自然物にとっては致命的な有毒物質を発生させる。地球温暖化物質と放射性物質のどちらがまだましなのか、真剣に考えなければいけないほど人類は追い詰められているというのにだれも考えようとしない。原発反対派も原発推進派も。

電気は本来もっと機能的に使うもの。暖をとったり、冷房したり、照明や料理する時やPC、テレビなど情報収集や、工場の動力など。そのために発電している。

電気は決して慰撫のために使うものではないはずだ。必要な慰撫は仕方ないとして、イルミネーションなどははっきり電力の無駄。イルミネーションやライトアップを喜ぶ人は原発に反対する権利はないと思う。
イルミネーションなどを今後もどんどんやるとなると、また原発が必要になってくるのだから。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック