罪と罰
「人が過去を忘れても、過去は決して人を忘れない。」魔王・第10話より

もし罪に対して罰があるのだとしたら、今の日本は罰を受けている真っ最中だ。
なのに、歴史修正主義者たちはその罰から逃れようとさらなる歴史修正を繰り返し、繰り返すことによって、さらなる罪を重ね、さらなる罰を受けることになる。永遠に終わらない。

僕も日本人として、所詮過去のことなのだし、もういい加減、罰から逃れたい。だからもういい加減、歴史修正主義はやめてほしい。歴史は人文科学という科学なのだから、林檎の実が自然に下から上に行くことはないのだから、絶対に。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック