綱渡りが上手くいくかは運次第
再生可能エネルギー企業の幹部は、下落する原油価格を心配していない なぜなら......

近代以降、人間は過去現在未来と通時的に世界を見据えるということができなくなった。今しか見えない共時的な世界にしか生きることができない。その頭上で世界はこれからも綱渡りをしていくしかないのだろう。

そして世界が生き延びれば、それは運がよかっただけで、人間が偉いわけでは決してないのだということ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック