日本は加害者としての歴史を真に受け入れるだろうか
「我々はナチスの犠牲者への責任がある」 メルケル首相が演説

人間は自分が加害者だと思うと非常に不安になるが、被害者だと思うと不思議と安心するという習性がある。
だが、歴史上のことは別のはず。自分たち民族がやったことだと、自分がやったことではないわけで、いずれは客観的に見れるはずだ。
おそらく日本も徐々にだが、ドイツのように受け入れるだろう。時間はかかるが。僕は楽観している。
ただ近代化を自分で成し遂げていなくて、欧米から借りてきただけのこの日本がドイツのように上手くやれるだろうか、という懸念はあるけど。借り物の近代では行き詰まった近代を修正できないのかもしれないのだから。

でも、だからこそ応援したい。
がんばれ、ニッポン!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック