精神病質的嘘つきとは
「橋下氏は『病気』である」は名誉毀損…新潮記事に賠償命令 大阪地裁

 精神科医が書いたから問題だったのかもしれないけど、ドイツのメルケル首相のように、「罵倒されることも政治家の仕事」ぐらいの度量で政治家をやってほしいものだ。

人間だれしも何がしかの精神病質じゃないか、という気もするし。

高校時代のエピソードをもとに
「うそを平気で言う。ばれても恥じない」
と演技性人格障害だと専門家は評した。
つまり精神病質的嘘つきなのだと。

普通に、嘘つきだ、と書いておけば別に名誉棄損じゃなかったんだが。

人間だれしも少々の嘘はつくが、平気では嘘をつかないし、嘘をつくことそのものに恥じるのが普通の人間。つまり、ばれなくても恥じるものだ。
しかしこの男は確かに「うそを平気で言うし、ばれても恥じない」

言われなくても、この男がただの嘘つきではない、ということを我々大阪民はよ~く知っている。
いったい何度、大阪民はこの男に振り回されてきたことか。
何度この男が嘘をついても、どんな重大な嘘をついても選挙には受かるのだから、始末に負えない。これからもそうだろう。
これから日本国民がそして世界中がこの男の平気な嘘に振り回されるのだろう。日本で通じても世界では通じないのだということをわかってても嘘をつくんだろうな。

僕は精神科医じゃないから言ってもかまわない。
この男は「うそを平気で言うし、ばれても恥じない」

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック