短歌を通じた他者との交流
昨日の毎日新聞だったか、吉川宏志氏がいいことを言ってた。
酒井佐忠氏の文章から、以下に全文掲載する。

毎日新聞2016年2月29日
詩歌の森へ/短歌批評と「他者」=酒井佐忠(文芸ジャーナリスト)

短歌の批評について、世代間での価値観の違いや、小さな自己の思いや感覚にこだわるために、閉そく感におおわれていると指摘されて久しい。そんな中で、ていねいな作品の読みから、柔軟に他者へのまなざしを注ぐことの重要性を説く、吉川宏志の『読みと他者・短歌時評集二〇〇九−二〇一四年』(いりの舎)は、新たな短歌批評を提示する貴重な一巻だ。

 もともと批評とは、作品と「他者」の関係を問うものではないか。共同通信配信の時評「短歌はいま」を中心に、さまざまな論が展開されるのだが、著者が作品を通していかに「他者」に寄り添うか、その姿勢を強く求めているのは、一貫している。この間、短歌は、東日本大震災や原発事故、さらに戦後七十年という大きな社会問題を抱え込んだ。短歌は、あるべき言葉と批評を求めて大きな波に揺られ、もがいた。

 吉川は書く。「外側にあると思っていた他なるものを、自己の内側で体感し直すこと。違和感から共感への移り変わり。そのほんのわずかな時間の変位の中に、生命感のある読みが現れてくるのではないか。それが、自己と他者のあわいに新しいものを創り出すということなのである」。実に示唆に富んだ指摘である。新しいものを創出するためには「柔軟な自己」が必要という。これはいま、短歌批評に限ったことだけでないのはもちろんだ。



短歌を通じた他者との交流のことだ。歌会に出席しててよく思うことがあるが、他者の短歌を読んで批評することと、他者の批評をちゃんと聞くこと、この二つを通じて、他者との交流が図れる。他者と通じ合うことの難しくなったこの現代社会において、これは素晴らしいことなのだと。
だから歌会では自分の歌はさておき、他者の歌に寄り添い、他者の批評に寄り添う。寄り添って自分の中に取り込み、吟味して、また批評として出す。この繰り返しの果に、他者との交流という至難をやってのけているのだ、我々歌人は。なんとすごい。
短歌をやってて本当によかったな、と思う。句会ならこうはいかない。句会では批評よりもどちらかというと作品を披露する場だからだ。自分の作品に何点はいるか、どう評価されるかに力点が置かれる。ある程度閉じてしまう。短歌は他者に開かれているなとつくづく思った。

吉川氏の言う「外側にあると思っていた他なるものを、自己の内側で体感し直すこと。違和感から共感への移り変わり。そのほんのわずかな時間の変位の中に、生命感のある読みが現れてくるのではないか。それが、自己と他者のあわいに新しいものを創り出すということなのである」は至言である。そしてそうやって形成された「柔軟な自己」こそが今の世界に最も欠けているものなのだと。如何に他者により添えるかで、その人の真価はある程度決まる。そう思いたい。

短歌というのはたった31文字と短いので、そのままでは未完成なのだ。他者に批評されて初めて完成する。そのことを歌人はだれよりも知っているものと、僕は信じている。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック