リアリズムの存在理由
加藤治郎さんのTwitterより

事物の描写に尽くす。それは、自分の思いが身勝手なものではなく、普遍的に世界に存在することを確かにするためである。


ああ、そうなんだ、と思い知らされた。
文学においてリアリティがなぜ大事なのかは、「自分の思いが身勝手なものではなく、普遍的に世界に存在することを確かにするためである。」だからだ。
リアリティの基盤が無ければ文学は無意味なのだ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック