『わたしを離さないで』 第9話より(ネタバレ注意)
レイシズムの知られざる本質のその一端が垣間見えた気がした。

クローンとして生まれ、患者への臓器提供のみを使命としてその短い一生を終える「提供者」というシステム。そのシステムが平気で作動している理不尽な世界のその社会心理がやっと明かされた。

「提供者」を子供時代から教育していた学苑のかつての校長である恵美子先生が、成人した「提供者」である二人の主人公に打ち明ける。

恵美子先生 
「人間というのは、あるはずの物がない世界には戻れない生き物なんですよ。
クローンの存在で病魔の苦しみから解放された。
そんな役に立つものを誰が手放しますか。誰も治らない世界なんかに戻りたくないんです。
だったらどうしますか?
簡単です。認めなければいいんです。
あくまで同じ人間だと認めなければいいんです。
だから、みんなあなた達には心がないものと思い込もうとする。
違うと声高に言っても無理です。潰されるだけです。」


まるで中国と戦争をしていた時の日本人の心理と瓜二つだ。
中国人をある程度殺さないと、中国を支配できない。中国を支配しないと豊かな暮らしが保障されない。だったらどう考えればいいか。簡単である。中国人には心がないと思えばいい。心がなければ人間ではない。犬や獣と一緒だ。それなら殺したって全然構わない。だから平気で大量殺戮したし、だから731部隊まであった。まず満州から攻め、そして中国大陸全体へと手を伸ばし、後へは引けなくなった。豊かな暮らしを夢見て、もう元の世界へは絶対に戻れなかったのだ。

あとは最終回のみ。ディストピアの最後はもちろんディストピアだろうけど。なんらかの救いを期待したい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック