テロかヘイトクライムか
フロリダの銃乱射事件、イスラム過激派のテロということで報道されているが、これはどう考えても、性的マイノリティに対するヘイトクライムだろう。
犯人はアメリカのイスラム社会に属しているが、元来過激派ではなく、ただ同性愛に対する憎悪を強く持っていたらしい。イスラム国では同性愛者が公然と処刑されている。

ここからは想像だが、ホモフォビアの犯人が、イスラム国の教義の反同性愛の部分に反応して、殺していいんだと思い、テロとして犯行に至ったのではないかと。

つまり、テロの威を借りたヘイトクライムなわけで、犯行動機に政治的なものは一切ないと思う。パリ同時多発テロ等とは全く違う。これはテロだと自分で納得すれば殺してもよい、ということにしているにすぎない。

今までのテロよりも一層タチが悪くなったようで、世界がより気持ち悪く危険なものになっていくような気がする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック