ニースの件ははたしてテロか
前のフロリダの件もそうだったが、このニースの件もはたしてテロと呼べるのかどうか。イスラム国の声明はずいぶんと後出しだし。この犯人とイスラム国はおそらく何の関係もないだろう。

社会的に疎外され社会的に破綻しかかった若者の社会に対する憎悪が、イスラム国のテロリズムに共鳴して起こった単なる無差別殺人で、思想的な背景は全くなかったのでは、と思わせられる。イスラム原理主義に共鳴したのではなく、単にテロリズムそのものに共鳴しただけで。

これがテロならあの秋葉原の件だってテロである。
単に社会的に追い詰められて無差別殺人に至るより、これはイスラム国的テロリズムだと自分で思い込んだ方が、自分がみじめではなく、自分的に納得できるのではないだろうか。

フロリダの件と決定的に違う点は、銃規制に関係なくトラック一台で悲惨なテロ的事件を起こせたということにある。
今後もこの事件に感化された事件が世界中で起こるのではないか。もちろんこの日本でも。トラック一台あればできるのだから、大型運転免許さえあれば誰でもできるわけだし。なんだったら普通車でもできなくはない。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック