メイドカフェってなに?
最近メイドカフェが大流行だそうだ。つい先日も大阪難波にヤマダ電機が進出してきて、そのすぐ隣の日本橋電器街が大打撃だろうと思ったら、秋葉原をまねてオタク系で生き残るのだそうだ。そのテレビニュースがあり、メイドカフェに進入取材していた。

カメラが店に入ると、メイド風のファッションの女の子が出迎えてくれて

「いらっしゃいませ、ご主人さま~」

とのたまう。やりきれない。そしてこのメイドファッションに萌えるのだそうだ。つくづくやりきれない。何に萌えるかは趣味の問題だとして、こっちにその趣味がないだけで、特別問題ではない、のだろう、おそらく。とりあえず萌える萌えないの問題はおいておくことにする。もっとも僕の年代でメイドファッションに萌える奴はまさかいないと思う。僕も最近かなり不気味な奴だとだんだんばれてきたが、そこまで不気味ではない。(一応言っとかないと)

一番やりきれないのは「ご主人さま~」の挨拶である。これがわからない。なぜ「いらっしゃいませ」のあとに「ご主人さま~」と付けるのか、なぜ「いらっしゃいませ」だけではだめなのか、全くわからない。ファッションも含めてわからないことだらけなので、とりあえず検索して、ある経験者のブログを覗いてみた。(参照)
この男性(ハンドルネーム:なりぃ)はおそらく東京の社会学専攻の学生で、研究ついでにゼミの女の子二人を連れて初めてメイドカフェ(池袋)に来たらしいのだ。一部抜粋する。


お店は雑居ビルの2階にありました。扉を開けるとあの有名な言葉が。
「おかりなさいませご主人さま、お嬢さま(*´▽`*)~♪」
フリフリスカートのメイドさんが、屈託のない笑顔で迎えてくれました。
その笑顔とほわわ~んとしたテンションを見てると、
こっちまではれほれひれはれ~(*´∀`*)って気分になってきます。
なりぃは「ご主人さま」、ふたりは「お嬢さま」です。
 「 ご 主 人 さ ま ・・・。」いい響きです(笑)

このセリフによって、非日常空間へ入ったことが認識され、
メイドとご主人さまという役割を演じることが了解されるわけです。
これにより、公的空間では異質なふるまい(メイドさん、プライベートでプリプリできませんしね。)は許容され、
それに「萌える」行為も自然な態度として受け入れられます。

メイドカフェってどんなものかと思って入ってみましたけど、
メイドさんみんなかわいい~んですよ(*´∀`*)
飲み物を持ってきてくれるときは、ひざまづいて下から見上げてくれるんです。その瞳に悩殺です。


要するにここではメイドさんに萌えるという態度が一つの挨拶のようなものらしいのだ。要するに萌える側と萌えられる側の役割分担なのか。なんだか判ったような気になったがやっぱりわからん。この学生さんが社会学的分析を行っている。以下一部抜粋する。

メイドカフェに通いつめる男性について考えてみました。
おそらく女性に対して強い倫理観を求めているのかなって。
メイドカフェって、誤解を恐れずにいえば形を変えたキャバクラとも見ることができます。
お金払って女の子とおしゃべりして…。でも有って然るべきいやらしさはないですよね、メイドカフェには。
セックス的なものは隠蔽されてはいるけど、方向としては軽い風俗だと思います。
でも、キャバクラでも風俗でも、彼らには「倫理的」はNGなんです、たぶん。
そういう女の子では、逆に満足できないんじゃないかと思うんです。
彼らが求めていることは、あくまでも「清純」さなんですよね、男性が求める「清純」。
だからセックスのにおいは絶対しちゃいけません。なぁ~んにも知らない乙女のほうがいいんです。

いままで、どんどん女性が開放的になってきて、そして強くなってきました。
それに反比例して、彼らの求める「清純」な女の子がいなくなっちゃったわけです。
女性が「自立的」になっていくことは、そういった「清純」願望を抑圧する結果となってしまった…。
メイドカフェはその受け皿なのかな。ちょっといろいろと想いを廻らせました。


まず軽い風俗だという意見、これは鋭い。なるほどと思った。心理的な風俗なのだ。からだを接触させない風俗なのである。
しかしあとは僕からすればかなり異様である。まずお金を払って女の子と喋るということ、しかもそういったことを平気でやる女の子と喋るということ、こんなつまらないことがこの世にあるだろうか。こんないやらしいことがあるだろうか。どこを指して「強い倫理観」と言っているのか理解に苦しむ。お互い意気投合してしゃべるから楽しいのだし気持ちいいのだ。これは相手が男であれ女であれ関係ない。なんで知らない女性としゃべらなきゃいけないのか。僕なら金もらってでもごめんである。あと一番異様だったのは最後の「清純」の規定である。要するにこういった世界の住人にとっての女性の「清純」とは、男性に対する絶対服従なのだろうか。そしてヴァーチャルにそれを実現したのがメイドカフェなのだろうか。それとメイドコスチュームそのものが服従の象徴なのかな。メイドファッションで「ご主人さま~」と言うことで二重に服従していて、それに男共はある種の快感を覚えるのだろうか。日ごろよっぽど社会からバカにされているのか、とも思いたくなる。
僕個人は自立した目標を持った女性の方が断然萌えるけどなぁ。単に金持ちと結婚して、楽な生活をして一生面白おかしく過ごしたい、なんて女は掃き溜めにでも捨てられるなら捨ててしまいたいものだ。誰にも媚びない自立した女性の方がずっと「清純」なのではないだろうか。
今の社会、お金にあるいは社会にバカにされていると感じる男共が多くなったのだろうか。でもそれはおそらく相対的なことに過ぎないのではないか。今は兄弟が少なく、親に大切にちやほや育てられて、社会に出たら、なんだか厳しいし、バカにされる。結局以前に比べて、家庭と社会の落差が激し過ぎるのではないだろうか。つまり言い古されたことだが、やはり甘やかし過ぎだということだ。社会は前から厳しかったはずだろうし、社会は前から新米をバカにしてきたはずだ。
その厳しさを癒してくれるのがメイド服という服従の印を着け、「ご主人さま~」とさらに服従を確証してくれるメイドカフェなのだろうか。

とりあえずメイドカフェがどんなものかだいたい掴めてきたので、本論に戻したい。
「ご主人さま~」とひざまずいて下から見上げるとのことだ。「ご主人さま~」はともかくとして、この下から見上げる接待の仕方は最近よく出会う。飲み屋などがそうだ。テーブル席の場合、店員はひざまずいて注文を聞く。これは何年か前、白木屋が始めて、全国に広まったのだろう。おそらく今はどこの飲み屋もやっている。先日驚いたのは、家電量販店のヨドバシカメラでテーブルに座っている客にやはりひざまずいて話しかけている店員がいたことだ。ついにここまできたか、と暗澹たる気持ちになった。

もう15年か20年前ぐらいになるだろうか、テレビのクイズ番組で直に金額を言って競わせるクイズ番組が登場した。それまでは金額を点数に換算して視聴者に「お金」という概念をぼやけさして競わせていた。それが直に金額を言うようになった。それとおそらく同時期だったと記憶している。急にガソリンスタンドの店員のお辞儀する角度が45度から90度の直角になったのだ。僕はびっくりした。と同時に少し暗い気持ちになった。「お金」にお辞儀しているのである。しかしそのあともっと驚いたことが起こった。数年ぐらいしてからだろうか、あるガソリンスタンドで、お辞儀の角度が45度ぐらいだったのである。なんだかここは失礼な店だな、と思ったのだ。そしてそう思った自分に驚愕したのだ。と同時に相当暗い気持ちになった。要するに人間は何でも慣れてしまうのだ。今まで当たり前だった45度でも、90度に慣れてしまうと、失礼だと感じるのである。これがわかったときには相当参ったものだ。

結局90度に慣れてしまった客に対して他の店より失礼のないよう、どうすればよいかと思案した挙句、白木屋はひざまずく、ということを思いついたのだろう。お客様の目線より上になってはいけない、ということだ。しかしそれにも慣れてしまったのだろうか。僕は全く慣れていないが。今でも飲みに行ってひざまずかれると相当嫌な気持ちになる。「お金」にそこまでひざまずくなよ、と無意識に感じるのだ。それともう、こういったことに慣れるのが嫌なのである。

しかし世間は止まってくれない。このひざまずくことにも世間は慣れたのだろうか、今度はひざまずいて「ご主人さま~」と言われるといい気持ちになるのだそうだ。結局これも「お金」に対して「ご主人さま~」と言っているに過ぎない。
このとどまらない「お金」に対してへつらう態度と服従の印であるメイドファッションが見事に結びついたのだろうか。メイドカフェは今、大当たりだそうだ。

拝金主義はもちろんホリエモンが起こしたのではない。彼はその風潮にうまく乗っかっただけである。いや乗っかりすぎたとでも言おうか。彼が逮捕されようがこの世から消え去ろうが、拝金主義がとどまることはないだろう。我々は好むと好まざるとに関わらず、この「お金」にへつらう一種の〈文化〉にこれからも巻き込まれていくに違いない。

ただ祈りたい。この「ご主人さま~」と言ってひざまずく接待方法が一般化しないことを。一般の喫茶店のウェイトレスがメイド服を着ないことを。

最近行かないけれど前によく行った「にしむら珈琲」のウェイトレスはなんだかメイド風だったような、違ったっけ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
ははあ)御主人様、(でも)もう
今晩は、しばらく更新が無いから心配してましたよ。病気かな? 出張かな? って。

「萌え」(のおネーちゃん)って、僕嫌いじゃないですよ、「日本橋」の交差点で、信号待ちしている時にチラシ配っているところしか、観たことありませんが・・。
そうですか、中では「ご主人様」ですか!? エエおっさんが、それで悦にいる? その構図は確かに「気もい」気がしますね。

ロシア語の歌で、「オリエンタル・ラヴ」(今わがサイトの推奨曲で、イランでは"temptation"という題らしい)を訳して、おまけに似非哲学的注釈つけましたけど、

「僕、3人、妻がいますけど、4番目になってよ。」
「(ははあ)御主人様、(でも)もう
家には5人、夫がいます、全員愛してますのよ。で、あんた、よろしければ 6番目になってね。」
「何じゃこりゃ!(こんなん、どう?)東洋の恋愛」

萌え系って、社会学的にはどうなんでしょうね。やっぱり「お金」に服従?

 彼女たちにすれば、結構「コスプレ趣味」願望≒タカラズカ的な、或いは仮面ライダー≒変身願望、の充足、趣味と実益の一致って気もしますが・・。

オヤジの方には確かに「哀しさが漂う?かも知れませんがね・・。

2006/03/29(水) 01:28:06 | URL | 建つ三介 #-[ 編集]
お久しぶりです
三介さん、いつもありがとうございます。ご心配をおかけしていたとは、恐縮です。
いま、所属する短歌会で原稿の順番が回ってきまして、それに取り組んでおります。ネタがないので、まず本を読むことからでした。一応めどがたったので、ブログの方、久しぶりにアップした次第です。

メイドカフェに関してはもちろん個人の趣味の問題もあって、あーだこーだとは言えないのですが、社会学的に見て、なんだか重要な気がしたものですから。

>彼女たちにすれば、結構「コスプレ趣味」願望≒タカラズカ的な、或いは仮面ライダー≒変身願望、の充足、趣味と実益の一致って気もしますが・・。

そうですね、女の子の方からすれば、コスプレ趣味にかなっていて、それでお小遣い稼ぎができる、ということで、軽い気持ちでやるのでしょう。それとTVでやっていましたが、自分を受け入れてもらえる、という自己発現にもかなっているということで、非常に元気にやる気満々で眼をきらきらとさせている子もいました。
問題はそこへ群がる男共でしょうか。やっぱりなんかおかしいと思いますね。それとも僕が深刻に考えすぎなのでしょうか。それなら良いのですが。でもついていけない世界です。
2006/03/29(水) 20:56:36 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
追伸
うちのかみさんにこの「萌え」系の話したら、
「普通の『喫茶店』と『ノーパンしゃぶしゃぶ、ア、違った、喫茶』との境界が、かつては画然とあったのに、今は両方が擦り寄って、『萌え』に『オタク系』のおじさんだけでなく、広くおっさんの行くとこになるかも。その方が、かつてよりも異状」と。

普通のサテンの制服もそれっぽくなっているのはその表れでしょうか?
やはり・・。
2006/03/31(金) 01:12:21 | URL | 建つ三介 #-[ 編集]
同感
そう、そう、そうですよ。
以前は普通の喫茶店と風俗系とは、はっきり違ってました。今はその境界があいまいになってきたのでしょうか。そんな感じがしますね、確かに。気味が悪い。

それにしても奥さん鋭い。
2006/03/31(金) 22:43:28 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
奥さん鋭い
エエ、ベタな事には敏感ですね、
人が善いので、すぐ騙される人みたいですが、好き嫌いの勘所は良いので、いつも参考にしています・・。
2006/04/01(土) 00:08:48 | URL | 建つ三介 #-[ 編集]
逆説的参考
なんだか波長が合うみたいで羨ましいですね。
僕なんか女房の言うことは何の参考にもならないですよ。根っからの拝金主義者ですから。ですから逆に読めば参考になることはありますけど。つまり産経新聞を読んで参考にするのと同じノリですね。
2006/04/01(土) 12:51:36 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
TB&引用ありがとうございます。
 はじめまして。記事を引用いただきありがとうございます。

 記事のサービス業におけるひざまづき等、同感する点が多いです。私もバイトで実際にやらされており、日本の過剰サービスに違和感を感じています。それが客側になったとき、自然に受け入れられてしまうところにも恐ろしさがありますね。

 引用でご指摘されていた点、「お金を払って女性と話をする」という行為は、理解に苦しむほどではありませんが、自分も必要ないものと思います。そのほか、記事内の細見様の論旨には賛成です。

 ただ、一部私の意思と異なる引用をされており、説明させていただきたく思います。
 >要するにこの学生さんにとっての女性の「清純」とは、男性に対する絶対服従なのだろう。
 この部分に関して、私自身はそのような考えをまったく抱いておりません。きっぱりと否定させていただきたいと思います。

 ご指摘の「倫理的」や「清純」に関しては、メイドカフェに通う男性に対しての考察を行ったものです。かれらにとっての「倫理」「清純」という意味ですので、あらかじめあえて「カッコ」つきで書いております。(原文では太字も併用しております。)私の考えます、かれらにとっての「倫理」「清純」は、細見様のご指摘のものと重なると思います。
 念のためですが、記事内の書体は、メイドカフェという記事の性質を意識した遊び半分のもので、真面目な社会学的考察を狙ったものではありませんのでご了承いただければと思います。



2006/04/11(火) 01:53:09 | URL | なりぃ #-[ 編集]
少し誤解していました
なりぃさん、どうも勝手に引用しまして、すいません。なんだか誤解もあったようで申し訳ないです。でも大変いいリポートだとは思います。絶対行く気のないものにとっては大変参考になりました。

「倫理」「清純」に関しては僕の方がかなりおかしいですから。あまり気にしないでください。もちろん貴方がメイドカフェに入り浸るような人だとは、つゆ思っていません。社会学的な観察を兼ねた遊びであることは承知しております。それで誤解してしまったところ「清純」に関するところは少しだけ修正させていただきました。

最近、アキバでは、ツンデレ、なんてことが出てきたということなので、ますますわからなくなってきました。演技してもらって何が楽しいのかな、という思いは変わりませんが、でもツンツンするのはなんだか面白そうでしたね。
2006/04/12(水) 22:36:52 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
 ども。久しぶりに見たら、なんか面白そうな事が書いてあって。2ヶ月前のエントリーにいまごろコメントで申し訳ないですが。
 たぶん、世間の大多数の人が誤解してるようですが、「メイド喫茶」はあくまでも「喫茶店」であって、お客と店員さん、ほとんど会話しませんよ。よほどの常連でも無いかぎり。
 会話しても、まあ、一言二言、挨拶程度です。まかり間違っても、「ご主人様」あつかいでトークしてくれたりはしません。そんなことしたら、他の客が引きます。
 なかには、舞台をしつらえてショータイムをやるお店もありますけどね。それはごく一部ですが。
2006/05/26(金) 18:28:18 | URL | からん #-[ 編集]
くわしいんだ
からんさん、て、あのからんさん?
ご無沙汰しております。

でしょうね。初めて行ってあんなくさいトークやるのか、東京はますますわからん、と思っていましたが、少しホッとしました。
でもくわしいんですね。
2006/05/26(金) 22:19:33 | URL | hosomi #4DppGirI[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック