メディアのセカンドレイプ
livedoor NEWS:坂上忍 高畑裕太容疑者の事件をめぐる江川紹子氏の意見を批判

息子の不祥事で謝罪会見をした女優高畑淳子のことが話題になってるけど、単に芸能界の話として終われない様々なことを考えさせられた。

成人した22歳の男性の性犯罪を母親が謝罪しなけらばならないこの国の不条理な義理感情をまず不思議に思ったが、もちろんこれは芸能界だからだろうとは思う。でも一般人でも片親なら母親が被害者には謝罪するんだろうな、とは思った。普通に考えたら男性の性犯罪に女性である母親が出てくること自体が極めて奇異だろう。それにあまりに母親が痛々しすぎる。親として謝罪したい気持ちはわかるんだけどね。

それはそれとして、テレビで討論をやってて、「バイキング」という番組で江川詔子が被害者の気持ちをまず考えるべきで、一連の事件にあたっては「被害者を第一に」という考えを尊重しているとのことで、世間での大々的な報道に疑問を感じていると語り、「被害者の方からしたら、こうして大きく扱われたり、イベントがあったりすること自体が実はつらいんじゃないか」とメディアによるセカンドレイプについて述べた。まさにそうだが、この番組自体を当番組の中で批判したきたのだ。この意見に対して当番組のMCである坂上忍が噛みついてきた。

ここにいる全員がですよ、江川さんが言ってることを心のどこかで持ちながら生放送が始まってる」といい、江川氏だけでなく出演者全員が複雑な思いをもって本番に望んでいると指摘。続けて「それを言うんであれば出るべきじゃない」「『矛盾してる』って一言で片付けてほしくないわ。そんなのみんな思ってるよ!」と、険しい表情で江川氏を批判していた。


これに対して江川詔子はなにも反論しなかったんだけど、僕に言わせれば、こんな事にも反論できないんなら、それこそこの番組に「出るべきじゃない」だろう。
明らかに反論できるからだ。
まず、「バイキング」という番組は生放送での激論がウリで、誰が何を言い出すかわからないスリルが面白いのであって、MCとして「それを言っちゃあおしまいよ」という気持ちはわかるのだけど、せっかくのウリを打ち消すような言い方はしない方がいいのではないかと思った。空気読めない奴、みたいな発言はやめてほしい。それがとても残念だ。
それに何より、テレビメディアの理不尽さについてはネットや雑誌じゃなくて、テレビで言ってこそ訴求力があるからで、そういった矛盾に抗いながら、勇気を持って発言した江川詔子にはやっぱり拍手したい。よくぞ言ったと。ただやっぱりちゃんと反論してほしかった。おそらく江川さんの性格からして、何か言うだろうということは事前に察しが付くわけで、スタッフの方から、もし反論されたらだまっててください、とか言われてたのかもしれない。それなら仕方ないんだけど、それならこの番組自体にがっかりだわ。

まあ結局全部シナリオがあるのかもしれないけどね。生激論だと言っときながら。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック